AWS Service Management Connector for Jira サービス管理 - AWS Service Catalog

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS Service Management Connector for Jira サービス管理

お客様が Jira Service Management ポータルに安全で準拠している AWS リソースをプロビジョニングおよび管理しやすくするために、AWS では AWS Service Management Connector for Jira Service Management (旧 AWS Service Catalog Connector) を作成しました。

AWS Service Management Connector for Jira Service Management を使用すると、Jira Service Management エンドユーザーは Atlassian の Jira Service Management を通じて AWS リソースをネイティブにプロビジョニング、管理、運用できます。Jira Service Management 管理者は、 AWS Service Catalog を使用して、承認済みの、セキュリティで保護された、管理された AWS リソースをエンドユーザーに提供できます。また、 AWS Systems Manager を使用して運用項目を作成および管理し、OpsCenterAWS Systems Manager AWS Systems Manager AWS Service Management Connector を使用した AWS Config AWS Config

これにより、Jira サービス管理ユーザーの AWS 製品リクエストアクションが簡素化され、AWS 製品に対する Jira サービス管理のガバナンスと監視が提供されます。

AWS 提供のコネクタは、Atlassian Marketplace から無料でご利用いただけます。この新機能は、 AWS Service Catalog 、 AWS Config 、および AWS Systems Manager サービスが利用できるすべての AWS リージョンで利用可能です。

Background

AWS Service Catalog では、一般的にデプロイされた AWS のサービスとプロビジョニングされたソフトウェア製品を集中管理できます。これにより組織は一貫性のあるガバナンスとコンプライアンスの要件を満たすことができ、ユーザーは承認済みの必要な AWS のサービスのみをすばやくデプロイできるようになります。

AWS Config では、AWS リソースの設定の評価、監査、評価を行うことができます。AWS Config は、AWS リソース設定を継続的に監視および記録し、必要な設定に対して記録された設定の評価を自動化することができます。

AWS Systems Manager は、AWS でご利用のインフラストラクチャを可視化し、制御するためのサービスです。Systems Manager は統合ユーザーインターフェイスを提供し、OpsCenter を通じて複数の AWS のサービスの運用データを表示したり、運用上の問題を調査して解決したり、AWS リソース全体に関わる運用タスクを自動化したりできます。

Atlassian Jira Service Management は、最新の IT チーム向けのデスクソフトウェアです。Jira Service Management リクエストタイプを使用すると、開発者とエンドユーザーは、リクエストの受理の承認とワークフローに基づいて IT サービスを注文できます。

Jira サービス管理でサポートされているバージョンとリリース

AWS Service Management Connector for Jira Service Management は、Jira Service Management Server および Data Center のバージョンをサポートします。Jira ソフトウェア (Jira サービス管理) リリースは、メジャーリリース、マイナーリリース、およびポイントリリースの各ストリームで、現在のバージョンおよび 1 つ前のバージョンでサポートされています。

  • Jira Server 7.13.17 から 8.15.0

  • Jira Data Center 7.13.17 から 8.15.0

Jira Service Management Cloud Connector は、Atlassian Marketplace でも入手できます。詳細については、「AWS Service Catalog for Jira Service Management Cloud」を参照してください。

開始方法

AWS Service Management Connector for Jira Service Management をインストールする前に、AWS アカウントと、Jira Service Management がプリインストールされた Atlassian インスタンスが必要です。アカウントと Jira Service Management ソフトウェアで必要なアクセス許可があることを確認します。AWS

Connector アドオンコードと AWS Config uration ファイルを含む zip ファイルの場合は、AWS Service Management Connector for JSM-Configuration Files をダウンロードして展開します。

注記

Jira サービス管理データセンターのバージョンをインストールするために必要なインフラストラクチャ用に リソースを使用するには、AWS リファレンスデプロイクイックスタートでの Jira 製品を使用できます。AWS

AWS の前提条件

開始するには、以下の手順を実行します。

  • Connector で AWS Service Catalog を使用するには、AWS ポートフォリオと製品を設定するための AWS アカウントが必要です。詳細については、「」を参照してください。AWS Service Catalog のセットアップ.

  • AWS Config の詳細を表示するには、対象のリソースタイプのデータを記録するようにサービス設定を構成する必要があります。チームが使用する主要なリソースタイプに加えて、プロビジョニングされた製品と AWS CloudFormation スタックを含めることをお勧めします。詳細については、「コンソールによる AWS Config の設定.」を参照してください。

  • コネクタで AWS Systems Manager Automation を使用するための AWS 側のセットアップは必要ありません。AWS では、多数のオートメーションドキュメントが標準で提供されています。使用するオートメーションドキュメントが他にもある場合は、Connector で利用できるようになります。詳細については、「オートメーションドキュメント (プレイブック) の操作.」を参照してください。

  • Connector で AWS Systems Manager を使用するには、OpsCenterAWS Systems ManagerOpsCenter コンソールで AWS Systems Manager 詳細については、「 の開始方法」を参照してください。OpsCenter また、コネクタにより、OpsItem に関連付けられたリソースおよびオートメーションドキュメント (ランブック) を表示することもできます。 AWS OpsItems でリソースを OpsCenter に関連付ける方法の詳細については、「関連リソースの使用」を参照してください。AWS OpsItems でオートメーションドキュメントを OpsCenter に関連付ける方法の詳細については、「Systems Manager Automation を使用した OpsItem の問題の修正」を参照してください。

アカウントごとに、Connector for Jira Service Management には以下に説明するように AWS を使用した API アクセスも必要です。ベースラインアクセス許可

Jira サービス管理の前提条件

AWS Service Management Connector のアドオンをインストールするには、AWS アカウントに加えて、Atlassian インスタンスに Jira Service Management ソフトウェアがインストールされている必要があります。AWS Service Management Connector のアドオンをインストールするには、Jira Service Management 管理者に管理者ロールが必要です。

コネクタを設定する前に、Jira サービス管理インスタンスを保護するための Atlassian の推奨事項に従っていることを確認してください。AWS詳細については、Preventing Security Attacks. を参照してください。

Connector for Jira Service Management アドオンは、Atlassian Marketplace でダウンロードできます。

リリースノート

AWS Service Management Connector for Jira Service Management (旧 AWS Service Catalog Connector) のバージョン 1.7.1 は、エンドユーザーのワークフローのバグを修正するパッチリリースです。バージョン 1.7.1 には、最近起動されたバージョン 1.7.0 の機能も含まれています。

AWS Service Catalog 統合機能

  • Jira サービス管理管理者が、Jira ワークフローエンジンで使用されるデフォルトの Jira ユーザーを割り当てる機能。

  • Jira サービス管理管理者が、エンドユーザーが表示できる AWS 製品リクエストフォームコンポーネントを設定できるようにします。

  • Jira サービス管理管理者を有効にして、プロビジョニング済み製品全体にわたって AWS タグを作成します。

  • エンドユーザーがアベイラビリティーゾーン、イメージ ID、インスタンス ID、KeyPair、セキュリティグループ、VPC などの EC2 リソースの AWS 固有のパラメータを表示する機能。

AWS Systems Manager OpsCenter 統合機能

  • AWS Systems ManagerOpsItem で操作項目 (AWS Systems Manager) が作成または更新されるときに、Jira 問題を作成および更新します。OpsCenter

  • Jira の問題が Jira サービス管理で更新されたときに、OpsItemsAWS Systems Manager AWS Systems Manager で OpsCenter を更新できる機能。

  • オートメーションランブックを表示および実行し、OpsItems を解決して Jira 問題からの実行結果を表示する機能。

    このバージョンには、次のような以前の AWS Service Management Connector for Jira サービス管理機能も含まれています。

AWS Service Catalog

  • Jira Service Management カスタマーポータルビューと Jira Agent ビューでの [AWS Service Catalog] ポートフォリオと製品のレンダリング。

  • Jira Service Management 管理者が Jira Service Management 承認グループを [AWS Service Catalog] ポートフォリオに関連付けて Jira Service Management ユーザーの製品リクエストの承認をリクエストする機能。

  • Jira サービス管理ユーザーが Jira サービス管理を通じて AWS Service Catalog 製品をリクエストする機能。

  • 管理者が、ポートフォリオと製品の予算と実際のコストを表示する機能 (AWS Service Catalog 内で予算を関連付ける必要があります。)

  • Jira Service Management ユーザーが製品を更新および終了するための AWS Service Catalog セルフサービスアクションのサポート。

  • AWS CloudFormation のサポートにより、複数のリージョンとアカウント間で StackSetsAWS Service Catalog AWS Service Catalog

  • AWS CloudFormation Change Sets のサポート。これにより、起動または更新の前にリソース変更をプレビューできます。

AWS Config

  • Jira サービス管理リクエストによる、プロビジョニングされた AWS 製品の AWS Config 設定項目の詳細のレンダリング。

  • 設定項目の関係をツリー構造で表示する機能。

  • AWS Config AWS Config

AWS Systems Manager オートメーション

  • Jira Service Management カスタマーポータルビューおよび Jira Agent ビューでの AWS Systems Manager オートメーションドキュメントのレンダリング。

  • Jira サービス管理管理者が AWS Systems Manager のオートメーションを Jira プロジェクトに関連付ける機能。

  • Jira サービス管理ユーザーが Jira サービス管理を通じて AWS Systems Manager のオートメーションドキュメントをリクエストして実行する機能。

  • Connector 固有の AWS Systems Manager オートメーションドキュメントを通じて、実用的な修復提案を提供する Jira 問題 (インシデント) を作成する機能。

  • 複数の AWS アカウントのサポート。

  • AWS GovCloud 東部および GovCloud 西部リージョンでの FIPS エンドポイントと使用のサポート。

  • Jira Service Management Server と Data Center バージョンの最新リリースのサポート。