構成の検証 - AWS Service Catalog

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

構成の検証

次のことを検証できます。AWSAWS Service Management Connector for Jira サービスマネジメントインストール手順

AWS Service Catalog の統合

AWS Service Catalog 製品を注文するには

  1. Jira サービスマネジメントカスタマーポータルにエンドユーザーとしてログインします。

  2. Jira サービスマネジメントカスタマーポータルで、[Request AWS product] を選択します。

  3. 概要の詳細を入力します。

  4. [AWS product request detail] メニューを開き、プロビジョニングする製品を選択します。

  5. 製品の参照名、パラメータ、タグを含む製品リクエストの詳細を入力します。

  6. [作成] を選択して Jira サービスマネジメントリクエストを送信し、AWS Service Catalog 製品をプロビジョニングします。

  7. リクエストが処理されると、リクエストが作成されたことを示すメッセージが表示されます。製品のプロビジョニングの準備ができたら、製品が起動している旨の通知がエンドユーザーに送信されます。

プロビジョニング済み製品を表示するには

  1. Jira サービスマネジメントカスタマーポータルで、右上隅の [リクエスト] をクリックします。

  2. Jira サービスマネジメントカスタマーポータルビューの [マイリクエスト] を選択します。

  3. リクエストした AWS 製品を選択します。

  4. 製品リクエスト、製品イベント、アクティビティのステータスを含む AWS 製品の詳細が表示されます。

  5. そのコネクタ機能が利用可能な場合は、AWSConfig 情報が表示されます。[設定項目] または [関係] を展開して詳細を確認できます。関連リソースは、[関係] セクションの下に拡張し続けることでロードできます。

  6. 製品が [Available] ステータスになると、エンドユーザーは、Request updateRequest terminationRequest self-service actions などのプロビジョニング後の操作アクションをリクエストできます。これらのアクションによって、リクエスト内の追加の製品イベントとアクティビティがレンダリングされます。製品が終了すると、リクエストは解決済みの状態で終了します。

AWS Systems Manager自動化統合

オートメーションドキュメントを実行するには

  1. Jira サービスマネジメントカスタマーポータルにエンドユーザーとしてログインします。

  2. Jira サービスマネジメントカスタマーポータルで、リクエストAWSオートメーション

  3. 概要の詳細を入力します。

  4. を開くAWSオートメーションリクエストの詳細メニューを開き、実行するオートメーションドキュメントを選択します。

  5. オートメーションリクエストの詳細、パラメータ、タグを入力します。

  6. [作成] を選択して Jira サービスマネジメントリクエストを送信し、 AWS Systems Manager オートメーションドキュメントを実行します。

  7. リクエストが処理されると、リクエストの完了を示すメッセージが表示されます。オートメーションが実行されると、エンドユーザーに進行状況の通知が送信されます。

オートメーション実行を表示するには

  1. Jira サービスマネジメントカスタマーポータルで、右上隅の [リクエスト] をクリックします。

  2. Jira サービスマネジメントカスタマーポータルビューの [マイリクエスト] を選択します。

  3. [AWSリクエストしたオートメーション実行。-AWSオートメーションの実行の詳細が表示されます。これには、実行のステータス、リクエストの詳細、ステップが含まれます。

AWS Systems Manager OpsCenter 統合

を表示するには OpsItems から Jira サービスマネジメントでAWS Systems Manager

  1. [Jira エージェント] ビューにエンドユーザーとしてログインします。

  2. [Jira サービスマネジメント Jira エージェント] ビューで、OpsCenter に関連付けられている Jira プロジェクトを選択します

  3. 選択未解決の問題[] を選択し、[OpsItemからAWS表示したいということです。

を作成するにはAWS Systems Manager OpsItems Jira サービスマネジメントで

  1. [Jira エージェント] ビューにエンドユーザーとしてログインします。

  2. [Jira サービスマネジメント Jira エージェント] ビューで、[作成] を選択します。

  3. [問題の作成] フィールドには、次の詳細を入力します。

    • プロジェクト 自動入力。

    • 問題タイプ: 選択AWS OpsItem 複数の課題タイプがある場合。

    • 要約: 要約の詳細を入力します。

    • 説明: 説明を入力します。

    • 優先度: 適切な [優先度] を選択します (デフォルト値は [低])。

    • 重要度: 適切な重要度を選択します (で必須)AWSOpsItem).

    • カテゴリ: 適切なカテゴリ (に必須) を選択しますAWSOpsItem).

    • サービス対象: 適切なものを選択しますAWS地域 (に必要AWSOpsItem).

  4. [Create] (作成) を選択します。

    注記

    新しく作成された OpsItem Jira サービス管理からAWSのアカウントビュー OpsItem 次の同期でAWSと Jira サービスマネジメントです。

を更新するにはAWS Systems Manager OpsItems Jira サービスマネジメントで

  1. [Jira エージェント] ビューにエンドユーザーとしてログインします。

  2. [Jira サービスマネジメント Jira エージェント] ビューで、OpsCenter に関連付けられている Jira プロジェクトを選択します

  3. 選択未解決の問題[] を選択し、[OpsItemからAWS更新したいということです。

  4. [問題の編集] を選択します。

  5. 要約、説明、優先度、重要度、カテゴリなどの使用可能なフィールドを更新します。-Resolved (解決済み)[] ボタンを使用して、 OpsItem 問題は、解決時に選択することもできます。

    注記

    に対する更新 OpsItem Jira サービス管理のフィールドがAWSのアカウントビュー OpsItem 次の同期でAWSと Jira サービスマネジメントです。

を表示するにはAWSの関連リソースAWS Systems Manager OpsItems Jira サービスマネジメントを通じて

  1. [Jira エージェント] ビューにエンドユーザーとしてログインします。

  2. [Jira サービスマネジメント Jira エージェント] ビューで、OpsCenter に関連付けられている Jira プロジェクトを選択します

  3. 選択未解決の問題[] を選択し、[OpsItemからの OpsItem からAWS。

  4. [AWSの [関連リソース] セクション OpsItem select. このセクションには、関連するリソースの詳細が表示されます。

Runbooks を実行するにはAWS Systems Manager OpsItems Jira サービスマネジメントを通じて

  1. [Jira エージェント] ビューにエンドユーザーとしてログインします。

  2. [Jira サービスマネジメント Jira エージェント] ビューで、OpsCenter に関連付けられている Jira プロジェクトを選択します

  3. [Open Issues] を選択し、[OpsItem] を選択します。

  4. [ OpsItem のセクションAWSRunbooks. - OpsItem 関連付けられた Runbook を含むには、使用可能なオートメーションドキュメントのリストが表示されます。(星形の記号の横にあります。)

    • 目的のランブックで [実行] を選択します。[OpsItem からランブックを実行する] 画面が表示されます。

    • ランブックに関連付けられているワークフローパラメータの詳細を入力します。ランブックは、正しいパラメータ入力がないと正常に実行されません。

    • 必要に応じて、メタデータタグの詳細を入力します。

    • [作成] を選択します。AnExecuteAWS Systems Manager自動化リクエストIssue は、実行ステータスを生成して提供します。

    関連するランブックがない OpsItems でも、自動化ドキュメントを実行できます。

ランブックに関連付けられていない自動化ドキュメントを実行するには

  1. OpsItem で、[すべてのランブックを表示] を選択します。のリストAWSRunbooks が表示されます。

  2. 利用可能なランブックのリストを絞り込むには、最初にリストされたランブックの上の検索バーに詳細を入力します。

  3. 目的のランブックで [実行] を選択します。[OpsItem からランブックを実行する] 画面が表示されます。

  4. ランブックに関連付けられているワークフローパラメータの詳細を入力します。ランブックは、正しいパラメータ入力がないと正常に実行されません。

  5. 必要に応じて、メタデータタグの詳細を入力します。

  6. [Create] (作成) を選択します。AnExecuteAWS Systems Manager自動化リクエストIssue は、実行ステータスを表示して提供します。

AWS Support の統合

このセクションでは、の統合機能を作成、表示、および管理する方法について説明しますAWS Support。

を表示するにはAWS SupportからのケースAWS SupportJira インシデントとして

  1. [Jira エージェント] ビューにエンドユーザーとしてログインします。

  2. Jira サービスマネジメントJira エージェント表示して、に関連付けられている Jira プロジェクトを選択しますAWS Support

  3. 選択インシデントをクリックし、関連するインシデントを選択します。AWS SupportケースインAWS

General を作成するにはAWS SupportJira インシデントとしてのケース

  1. [Jira エージェント] ビューにエンドユーザーとしてログインします。

  2. [Jira サービスマネジメント Jira エージェント] ビューで、関連付けられている Jira プロジェクトを選択しますAWS Support。

  3. リストヘッダーから作成] を選択し、[インシデント] として [課題タイプ] を選択します。

  4. フォームの必須フィールドに入力します。

    Jira 課題フィールドセクションの下

    • 概要-質問または問題の簡単な要約

    • [説明] — 質問または問題の詳細な説明

    • 優先度— AWS Support ケースの重要度

    []AWS Supportフィールドセクション

    • 作成AWS Support場合— サポートケースを作成するには、このボックスをオンにします。

    • AWS Supportサービスとカテゴリ— AWS サービスとサポートケースのカテゴリ

    • AWSCc 電子メールアドレス— CC メールアドレスを追加してAWS Supportケース (必須ではない)

  5. [Create] (作成) を選択します。

  6. 作成したインシデントを、リストから選択します。-AWSケース IDそしてAWSケースのステータスディスプレイを表示します。

を使用する場合AWSManaged Services Jira で AMS Accelerate サービスリクエストを作成するには

  1. [Jira エージェント] ビューにエンドユーザーとしてログインします。

  2. Jira サービスマネジメントJira エージェント表示して、に関連付けられている Jira プロジェクトを選択しますAWS Support。

  3. 選択作成リストヘッダーから、課題タイプを次のように選択します。インシデント

  4. フォームの必須フィールドに入力します。

    []Jira 課題フィールドセクション

    • 概要-質問または問題の簡単な要約

    • [説明] — 質問または問題の詳細な説明

    • 優先度— 重要度AWS Support場合

    []AWS Support畑セクション

    • 作成AWSSupport ケース— サポートケースを作成するには、このボックスをオンにします。

    • AWSSupport サービスとカテゴリ— AMS オペレーション — サービスリクエストを選択し、カテゴリを選択

    • AWSCc 電子メールアドレス— CC メールアドレスを追加してAWS Supportケース (必須ではない)

  5. [Create] (作成) を選択します。

  6. 作成したインシデントを、リストから選択します。-AWSケース IDそしてAWSケースのステータスディスプレイを表示します。

を使用する場合AWSマネージドサービス Jira で AMS Accelerate のインシデントをお客様が

  1. [Jira エージェント] ビューにエンドユーザーとしてログインします。

  2. Jira サービスマネジメントJira エージェント表示して、に関連付けられている Jira プロジェクトを選択しますAWS Support。

  3. 選択作成リストヘッダーから、課題タイプを次のように選択します。インシデント

  4. フォームの必須フィールドに入力します。

    []Jira 課題フィールドセクション

    • 概要-質問または問題の簡単な要約

    • [説明] — 質問または問題の詳細な説明

    • 優先度— 重要度AWS Support場合

    []AWS Support畑セクション

    • 作成AWS Support場合— サポートケースを作成するには、このボックスをオンにします。

    • AWSSupport サービスとカテゴリ— AMS オペレーション — サービスリクエストを選択し、カテゴリを選択

    • AWSCc 電子メールアドレス— CC メールアドレスを追加してAWS Supportケース (必須ではない)

  5. [Create] (作成) を選択します。

  6. 作成したインシデントを、リストから選択します。-AWSケース IDそしてAWSケースのステータスディスプレイを表示します。

。 コレスポンデンスと添付ファイルを既存のに追加するにはAWS SupportJira インシデントのケース

  1. [] にログインします。Jira エージェントエンドユーザーとして表示する

  2. Jira サービスマネジメントJira エージェント表示して、に関連付けられている Jira プロジェクトを選択しますAWS Support。

  3. 選択インシデントをクリックし、関連するインシデントを選択します。AWS SupportケースインAWS。

  4. を使用するコメントを追加アクションまたはスクロールして、フォームの下部までスクロールしてクリックしてコメントを追加添付ファイルの有無にかかわらず通信を追加するには

  5. 選択お客様と共有する

を解決するにはAWS SupportJira のケース

  1. XにログインするJira エージェントをエンドユーザーとして表示します。

  2. Jira サービスマネジメントJira エージェント表示して、に関連付けられている Jira プロジェクトを選択しますAWS Support。

  3. 選択インシデントをクリックし、関連するインシデントを選択します。AWS SupportケースインAWS。

  4. Jira インシデントフォームで、次のアクションを選択します。ワークフロー,解決策

  5. 必須フィールドに入力します。

  6. [Resolve] を選択します。

からマッピングされたフィールドAWS SupportJira サービス管理インシデントレコードへのケースレコード

ステータス: マップするAWS Supportケースステータス値を JSM 状態にします。

JSM インシデントステータス AWS Supportケースのステータス
OPEN 未割り当て
OPEN [オープン済み]
作業中 作業中
作業中 再オープン済み
保留中 保留中のカスタマーアクション
COMPLETED Resolved (解決済み)

優先度: マップするAWS SupportJSM インシデント優先度のケースの重要度

AWS厳しさ JSM インシデントプライオリティ
一般的なガイダンス マイナー
障害/開発中の急ぎの問い合わせ [Low] (低)
発生中の障害 [Medium] (中)
発生中の障害(ビジネスへの影響大) [High] (高)
ビジネスクリティカルなシステムの停止 Blocker