Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

Amazon SES の配信に関する問題

Amazon SES へのリクエストが成功すると、メッセージは多くの場合、すぐに送信されます。ただし場合によっては、短い遅延が生じることがあります。いずれにせよ、E メールが送信されることは保証されます。

ただし、Amazon SES からメッセージが送信されるときにいくつかの要因で正常な配信が妨げられることがあります。場合によっては、送信したメッセージが到着しないことを知って初めて配信が失敗したことに気付く結果になります。この状況を解決するには、次のプロセスを使用します。

E メールが到着しない場合は、次の操作を試してください。

  • 対象の E メールに SendEmail または SendRawEmail リクエストを行っていて、成功を示す応答を受け取っていることを確認します (例については、「正常なレスポンスの構造」を参照してください)。これらのリクエストをプログラムで行っている場合は、ソフトウェアのログを調べて、プログラムがリクエストを実行し、成功を示す応答を受け取っていることを確認します。

  • ブログ記事「SES を使用してメールを送信したときに遅延が発生する可能性がある 3 つの場所」を参照してください。実際は、E メールが配信されていないのではなく、遅延が生じている可能性があります。

  • 送信者の E メールアドレス (「From」アドレス) が有効であることを確認します。バウンスメッセージが送信される「Return-Path」アドレスも確認します。メールがバウンスされた場合は、説明のエラーメッセージが返されます。

  • AWS サービス状態ダッシュボード で、Amazon SES に既知の問題がないことを確認してください。

  • E メールの受取人または受取人の ISP に問い合わせます。受取人が正しい E メールアドレスを使用していることを確認し、受取人の ISP において配信に関する既知の問題があるかどうかを問い合わせます。また、実際は到着した E メールがスパムとしてフィルタリングされていないかどうかを確認します。

  • 有償の AWS サポートプランを契約している場合は、新しい技術サポートケースを開くことができます。お問い合わせの際は、SendEmail または SendRawEmail 応答から返されたリクエスト ID またはメッセージ ID に加えて、該当する受取人のアドレスをお知らせください。

  • 原因が実際は配信時の遅延であり永続的なエラーでないか、しばらく観察します。スパム発信者への対策として、一部の ISP は不明な送信メールサーバーからの受信メッセージを一時的に拒否します。このプロセス (グレーリストと呼ばれる) により配信時に遅延が生じることがあります。Amazon SES は、これらのメッセージを再試行します。グレーリストが原因となっている場合は、再試行される E メールを ISP が許可することができます。