Amazon SES 開発者ガイドのドキュメント履歴 - Amazon Simple Email Service

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Amazon SES 開発者ガイドのドキュメント履歴

次の表は、「Amazon Simple Email Service (Amazon SES) 開発者ガイド」の主な変更を示しています。

変更 説明: 変更日

新機能

E メールの配信が一時的に遅れる原因となるイベントが発生したときに 通知 を受信できるようになりました。

2020 年 6 月 19 日

新機能

Amazon SES が AWS GovCloud (US) で利用可能になりました。

2020 年 4 月 30 日

新機能

Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) で Amazon SES エンドポイントが作成できるようになりました

2020 年 4 月 29 日

新機能

Amazon SES がさらに カナダ (中部)、欧州 (ロンドン)、南米 (サンパウロ) の 3 つの AWS リージョンで利用可能になりました。

2020 年 4 月 1 日

新機能

自分の IP 範囲を使用して E メールを送信できるようになりました。詳細については、Amazon SES での自分の IP アドレスを使用した E メールの送信 を参照してください。

2019 年 12 月 23 日

新機能

独自のパブリック/プライベートのキーペアを使用して、ドメインの DKIM 認証プロセスを完了できるようになりました。詳細については、独自の DKIM 認証トークンを Amazon SES で提供する を参照してください。

2019 年 12 月 13 日

新機能

アカウントレベルのサプレッションリストを使用して、以前にバウンスや苦情が発生した E メールアドレスへのメッセージの送信を自動的に防止できるようになりました。

2019 年 11 月 25 日

新機能

アカウントの状態に問題がなく、アカウントの送信クォータに近づいている場合は、Amazon SES はクォータを自動的に引き上げます。詳細については、成長する Amazon SES クォータの送信 を参照してください。

ドキュメントの更新

Amazon SES から個人データを削除する方法を追加しました。

2018 年 3 月 13 日

オープンソースドキュメント

Amazon SES のドキュメントを GitHub で入手できるようになりました。GitHub リポジトリで問題を送信したり、変更をリクエストしたり、変更を直接加えてプルリクエストを送信したりできます。

2018 年 2 月 22 日

ドキュメントの更新

Amazon SES に保存された個人データを削除する方法について説明するセクションを追加しました。

2018 年 2 月 28 日

ドキュメントの更新

Amazon SNS イベント発行フィールドの定義を改訂し、レンダリング失敗イベントの例を追加しました。

2018 年 1 月 22 日

ドキュメントの更新

配信性能ダッシュボードの付録を更新し、IAM および Lambda コンソールの変更を反映しました。

注記

使用されていたコンポーネントがサポートされなくなったため、2019 年 5 月 3 日にこの付録を削除しました。

2018 年 1 月 18 日
ドキュメントの更新 更新済み へのイベント公開に関連するコンテンツ CloudWatch ブロックされたフィールドについて説明します。 2018 年 1 月 15 日
ドキュメントの更新 OpenSSL を使用して E メールを送信する手順を更新し、わかりやすくしました。 2018 年 1 月 11 日
ドキュメントの更新 AWS SDK for Ruby を使用して raw E メールを送信するためのコード例を追加しました。 2018 年 1 月 2 日2014 年 1 月 3 日
ドキュメントの更新 AWS SDK for PHP を使用して raw E メールを送信するためのコード例を追加しました。 2017 年 29 月 12 日

新機能

カスタム確認 E メールに関連するコンテンツを追加しました。

2017 年 7 月 12 日

新機能

E メールの送信を一時停止すること、および設定セットの評価メトリクスをエクスポートすることに関連するコンテンツを追加しました。

2017 年 11 月 15 日

ドキュメントの更新 AWS SDK for Java を使用して raw E メールを送信するためのコード例を追加しました。 2017 年 10 月 23 日
ドキュメントの更新 AWS SDK for Python (Boto) を使用して raw E メールを送信するためのコード例を追加しました。 2017 年 10 月 20 日

新機能

E メールテンプレートとパーソナライズされた E メール機能に関連するコンテンツを追加しました。

2017 年 10 月 11 日

新機能

オープンとクリックに関するカスタムドメイン機能に関連するコンテンツを追加しました。

2017 年 9 月 18 日

新機能

評価ダッシュボードに関連する追加コンテンツ。

2017 年 8 月 24 日

新機能

専用 IP プール機能に関するコンテンツを追加しました。

2017 年 8 月 17 日

新機能

追跡機能のオープンとクリックに関するコンテンツを追加しました。

2017 年 8 月 1 日

ドキュメントの更新

コード例のインデックスを追加しました。

2017 年 6 月 26 日

ドキュメントの更新

Amazon SES の配信性能ダッシュボードの作成プロセスを示す付録を追加 しました。

注記

使用されていたコンポーネントがサポートされなくなったため、2019 年 5 月 3 日にこの付録を削除しました。

2017 年 6 月 22 日

ドキュメントの更新

E メール送信のコード例を更新しました。

2017 年 6 月 6 日

新機能

専用 IP について更新しました。

2016 年 11 月 21 日

新機能

メール送信イベントの発行について更新しました。

2016 年 11 月 2 日

サービスの更新

DKIM レコードの生成後にユーザーが Easy DKIM 署名を明示的に有効化する必要がなくなったことを反映するように更新しました。

2016 年 9 月 15 日

ドキュメントの更新

メール受信の開始チュートリアルを追加しました。

2016 年 7 月 12 日

新機能

拡張通知を更新しました。

2016 年 6 月 14 日

新機能

カスタムの MAIL FROM ドメインについて更新しました。

2016 年 3 月 14 日

新機能

インバウンド E メールについて更新しました。

2015 年 9 月 28 日

新機能

送信承認が更新されました。

2015 年 7 月 8 日

新機能

AWS CloudTrail ログを更新しました。

2015 年 5 月 7 日

サービスの更新

Amazon SES の送信クォータ引き上げフォームの統合を反映するように更新。「本稼働アクセス」という用語を削除。

2015 年 4 月 8 日

サービスの更新

ドメイン検証 TXT レコードに関する新しい要件で更新しました。

2015 年 2 月 25 日

ドキュメントの更新

エンフォースメントに関するよくある質問を追加しました。

2014 年 12 月 15 日

新機能

配信通知を更新しました。

2014 年 6 月 23 日

新機能

サブドメインサポートを更新しました。

2014 年 3 月 19 日

新機能

米国西部 (オレゴン) リージョンへの Amazon SES 拡張を更新しました。

2014 年 1 月 29 日2014 年 1 月 3 日

新機能

欧州 (アイルランド) リージョンへの Amazon SES 拡張を更新しました。

2014 年 1 月 15 日2014 年 1 月 3 日

新機能

ヘッダーフィールドおよび MIME タイプの検証における変更を反映するように更新しました。

2013 年 11 月 6 日2013 年 6 月 11 日

ドキュメントの更新

送信者 ID のコンテンツを削除しました。

2013 年 8 月 22 日

新機能

Amazon SES コンソールの再設計を反映するように更新しました。

2013 年 6 月 19 日

新機能

ブラックリスト機能をグローバルサプレッションリストに変更。

2013 年 5 月 8 日

新機能

グローバルサプレッションリストの削除機能を更新しました。

2013 年 3 月 4 日

ドキュメントの更新

MIME タイプを追加しました。

2013 年 2 月 4 日

ドキュメントの更新

使用開始セクションを追加し、スタンドアロンの使用開始ガイドを置き換えました。目次を再構成し、Sendmail の統合手順を更新しました。

2013 年 1 月 21 日

ドキュメントの更新

スループットの増加や SMTP 問題に関するトラブルシューティングセクションを追加しました。

2012 年 12 月 12 日

ドキュメントの更新

送信クォータに関する情報を再構成しました。

2012 年 11 月 9 日

新機能

Amazon SES メールボックスシミュレーターを更新しました。

2012 年 10 月 3 日

新機能

DKIM 署名を使用して確認済みのアイデンティティから E メールに署名するように更新しました。

2012 年 7 月 17 日

新機能

Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) からバウンスや苦情のフィードバック通知を受け取るように更新しました。

2012 年 6 月 26 日

新機能

ドメインの確認を更新しました。

2012 年 5 月 15 日

新機能

追加ヘッダーおよび添付ファイルのタイプを反映するように更新しました。

2012 年 4 月 25 日

新機能

STARTTLS 拡張子を SMTP に変更しました。

2012 年 3 月 7 日

新機能

可変エンベロープリターンパス (VERP) を更新しました。

2012 年 2 月 22 日

新機能

SMTP サポートを更新しました。

2011 年 12 月 13 日

新機能

AWS マネジメントコンソールのサポートを更新しました。

2011 年 11 月 17 日

新機能

添付ファイルサポートを更新しました。

2011 年 7 月 18 日

初回リリース。

これは Amazon Simple Email Service 開発者ガイド の最初のリリースです。

2011 年 1 月 25 日

Amazon SES に関するさまざまなトピックについての情報やディスカッションについては、AWS メッセージングおよびターゲティングブログ を参照してください。お問い合わせを参照あるいは発信するには「Amazon SES フォーラム」をご覧ください。