Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

ステップ 4: メールを送信する

Amazon SES でメールに関連付けられたイベントを発行するには、メールの送信時に設定セットを指定する必要があります。メールを分類するためのメッセージタグも含める必要があります。このセクションでは、Amazon SES コンソールを使用して設定セットとメッセージタグを指定するシンプルなメールを送信する方法を示します。バウンスや苦情などのメール送信結果をテストできるように、メールを Amazon SES メールボックスシミュレーターに送信します。

Amazon SES コンソールを使用して E メールを送信するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして、Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

  2. Amazon SES コンソールのナビゲーションペインで、[Identity Management] の [Email Addresses] を選択します。

  3. アイデンティティのリストで、Amazon SES で検証したメールアドレスのチェックボックスをオンにします。

  4. [Send a Test Email] を選択します。

  5. [Send Test Email] ダイアログボックスの [Email Format] で、[Raw] を選択します。

  6. To」アドレスに、Amazon SES メールボックスシミュレーターからのアドレス (complaint@simulator.amazonses.combounce@simulator.amazonses.com など) を入力します。

  7. 次のメッセージ全体をコピーし、[Message] テキストボックスに貼り付けます。CONFIGURATION-SET-NAME は、「ステップ 3: 設定セットをセットアップする」で作成した設定セットの名前で置き換え、FROM-ADDRESS はこのメールの送信元の確認済みアドレスで置き換えます。

    X-SES-MESSAGE-TAGS: campaign=book X-SES-CONFIGURATION-SET: CONFIGURATION-SET-NAME Subject: Amazon SES Event Publishing Test From: Amazon SES User <FROM-ADDRESS> MIME-Version: 1.0 Content-Type: text/plain This is a test message.
  8. [Send Test Email] を選択します。

  9. この手順を数回繰り返し、複数のメール送信イベントを生成します。いくつかのメールについては、campaign メッセージタグの値を clothing に変更し、異なるメールキャンペーンの送信をシミュレートします。

次のステップ

ステップ 5: Kibana でデータを視覚化する

このページの内容: