メニュー
Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

ステップ 1: Kinesis Firehose 配信ストリームを作成する

Amazon Kinesis Data Analytics で Amazon SES E メール送信イベントを分析するには、まずイベントを Amazon Kinesis Firehose 配信ストリームに発行するように Amazon SES を設定し、次に Kinesis Firehose からイベントデータを取得するように Amazon Kinesis Data Analytics を設定する必要があります。

Kinesis Firehose 配信ストリームをセットアップしたら、データの最終的な送信先を選択します。送信先オプションは、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)、Amazon Elasticsearch Service、Amazon Redshift です。Amazon Kinesis Data Analytics を使用して E メール送信イベントを分析するだけの場合、どの送信先を選択しても問題ありません。このチュートリアルでは、データを Amazon S3 に発行するように Kinesis Firehose を設定しますが、Amazon SES 送信および Kinesis Firehose 配信ストリームと同じリージョン内であれば、他の送信先オプションを使用できます。

このセクションでは、Kinesis Firehose コンソールを使用して Kinesis Firehose 配信ストリームを作成する方法を示します。このチュートリアルでは基本オプションを選択します。利用できるすべてのオプションについては、Amazon Kinesis Data Firehose 開発者ガイドの「Creating an Amazon Kinesis Firehose Delivery Stream」を参照してください。

Kinesis Firehose から Amazon S3 への配信ストリームを作成するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして、Kinesis Firehose コンソール (https://console.aws.amazon.com/firehose/) を開きます。

  2. [Create Delivery Stream] を選択します。

  3. [Destination] ページで、次のオプションを選択します。

    • 送信先 – [Amazon S3] を選択します。

    • Delivery stream name - 配信ストリームの名前を入力します。

    • S3 バケット – 既存のバケットを選択するか、[New S3 Bucket] を選択します。新しいバケットを作成する場合、バケットの名前を入力し、コンソールが現在使用しているリージョンを選択します。

    • S3 prefix - このフィールドは空のままにします。

  4. [Next] を選択します。

  5. [Configuration] ページでは、フィールドをデフォルト設定のままにします。必要なステップは、次のように Kinesis Firehose がリソースにアクセスできるようにする IAM ロールを選択することだけです。

    1. [IAM Role] で、[Select an IAM role] を選択します。

    2. ドロップダウンメニューの [Create/Update existing IAM role] で、[Firehose delivery IAM role] を選択します。

      IAM コンソールに自動的に移動します。

    3. IAM コンソールで、フィールドをデフォルト値のままにして、[Allow] を選択します。

      Kinesis Firehose コンソールで Kinesis Firehose 配信ストリームのセットアップステップに戻ります。

  6. [Next] を選択します。

  7. [Review] ページで設定を確認した後、[Create Delivery Stream] を選択します。

次のステップ

ステップ 2: 設定セットをセットアップする

このページの内容: