Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

Amazon SES でのイベント送信先の管理

イベント送信先を使用すると、E メール送信のメトリクス (送信、配信、オープン、クリック、バウンス、苦情の数など) を他の AWS 製品に発行できます。イベント発行の詳しい設定方法については、「Amazon SES イベント発行を使用したモニタリング」を参照してください。

イベント送信先の更新

Amazon SES コンソールまたは UpdateConfigurationSetEventDestination API を使用して、イベント送信先を更新できます。

イベント送信先を更新するには (コンソール)

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして、Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

  2. 左のナビゲーションペインで [Configuration Sets] を選択します。

  3. 設定セットリストで、更新するイベント送信先が含まれている設定セットを選択します。

  4. [Destination] リストで、編集する送信先の右にある編集アイコン ( ) を選択します。

  5. イベント送信先の詳細を編集し、[Save] を選択します。

  6. [Edit Configuration Set] ページを終了するには、ブラウザの戻るボタンを使用します。

UpdateConfigurationSetEventDestination API を使用してイベント送信先を更新する方法については、「Amazon Simple Email Service API Reference」を参照してください。

イベント送信先の削除

Amazon SES コンソールまたは DeleteConfigurationSetEventDestination API を使用して、イベント送信先を削除できます。

イベント送信先を削除するには (コンソール)

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして、Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

  2. 左のナビゲーションペインで [Configuration Sets] を選択します。

  3. 設定セットリストで、削除するイベント送信先が含まれている設定セットを選択します。

  4. [Destination] リストで、削除アイコン ( ) を選択します。

  5. 設定セットの削除を確認します。

  6. [Edit Configuration Set] ページを終了するには、ブラウザの戻るボタンを使用します。

DeleteConfigurationSetEventDestination API を使用してイベント送信先を削除する方法については、「Amazon Simple Email Service API Reference」を参照してください。

イベント送信先の有効化または無効化

Amazon SES コンソールまたは UpdateConfigurationSetEventDestination API を使用してイベント送信先を有効化/無効化できます。

イベント送信先を有効化または無効化するには (コンソール)

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして、Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

  2. 左のナビゲーションペインで [Configuration Sets] を選択します。

  3. 設定セットリストで、有効化または無効化するイベント送信先が含まれている設定セットを選択します。

  4. [Destination] リストで、編集する発行先の右側の編集アイコン (鉛筆) を選択します。

  5. [Enabled] をオンまたはオフにし、[Save] を選択します。

  6. [Edit Configuration Set] ページを終了するには、ブラウザの戻るボタンを使用します。

UpdateConfigurationSetEventDestination API を使用してイベント送信先を有効化または無効化する方法については、「Amazon Simple Email Service API Reference」を参照してください。