ステップ 3: E メールを送信するときに設定セットを指定する - Amazon Simple Email Service Classic

Amazon SES Classic のユーザーガイドです。更新プログラムや新機能は、推奨している新しい Amazon SES デベロッパーガイドに記述されています。

ステップ 3: E メールを送信するときに設定セットを指定する

設定セットを作成し、イベント発行先を追加したら、イベント発行の最後のステップとして E メールを送信します。

メールに関連付けられているイベントを発行するには、メールに関連付ける設定セットの名前を指定する必要があります。必要に応じて、メールを分類するためのメッセージタグを指定することもできます。

この情報を Amazon SES に提供する方法として、E メール送信 API へのパラメータ、Amazon SES 固有の E メールヘッダー、または MIME メッセージのカスタムヘッダーがあります。選択する方法は、次の表に示すように、使用するメール送信インターフェイスによって決まります。

メール送信インターフェイス イベント発行方法

SendEmail

API パラメータ

SendRawEmail

API パラメータ、Amazon SES 固有のメールヘッダー、またはカスタム MIME ヘッダー

重要

ヘッダーと API パラメータの両方を使用してメッセージタグを指定すると、Amazon SES では API パラメータで指定されたメッセージタグのみが使用されます。Amazon SES は、API パラメータとヘッダーで指定されたメッセージタグを結合しません。

SMTP インターフェイス

Amazon SES 固有の E メールヘッダー

以下のセクションでは、ヘッダーおよび API パラメータを使用して設定セットとメッセージタグを指定する方法について説明します。

このガイドには、Amazon SES を使用してプログラムでメールを送信する方法を示す複数のコード例も含まれています。各コード例では、メールの送信時に設定セットを渡す方法が示されています。詳細については、「Amazon SES コード例」を参照してください。

注記

必要に応じて、E メールのヘッダーにメッセージタグを含めることができます。メッセージタグには、0〜9 の数字、A〜Z の文字 (大文字と小文字)、ハイフン (-)、およびアンダースコア (_) を使用できます。

Amazon SES API パラメータの使用

イベント発行で SendEmail または SendRawEmail を使用するには、ConfigurationSet および MessageTag というデータ構造を API コールに渡すことで設定セットとメッセージタグを指定します。

Amazon SES API の使用については、Amazon Simple Email Service API リファレンス を参照してください。

Amazon SES 固有の E メールヘッダーの使用

SendRawEmail または SMTP インターフェイスを使用する場合、Amazon SES 固有のヘッダーをメールに追加することで設定セットとメッセージタグを指定できます。Amazon SES は、E メールを送信する前にヘッダーを削除します。次の表に、使用するヘッダー名を示します。

イベント発行情報 ヘッダー

設定セット

X-SES-CONFIGURATION-SET

メッセージタグ

X-SES-MESSAGE-TAGS

次の例で、Amazon SES に送信した raw E メールにヘッダーがどのように表示されるかを示します。

X-SES-MESSAGE-TAGS: tagName1=tagValue1, tagName2=tagValue2 X-SES-CONFIGURATION-SET: myConfigurationSet From: sender@example.com To: recipient@example.com Subject: Subject Content-Type: multipart/alternative; boundary="----=_boundary" ------=_boundary Content-Type: text/plain; charset=UTF-8 Content-Transfer-Encoding: 7bit body ------=_boundary Content-Type: text/html; charset=UTF-8 Content-Transfer-Encoding: 7bit body ------=_boundary--

カスタムメールヘッダーの使用

設定セット名は Amazon SES 固有のヘッダー X-SES-CONFIGURATION-SET を使用して指定する必要がありますが、メッセージタグは独自の MIME ヘッダーを使用して指定できます。

注記

Amazon SES イベント発行に使用するヘッダー名と値は、ASCII にする必要があります。Amazon SES イベント発行のために ASCII 以外のヘッダー名または値を指定した場合でも、E メール送信コールに成功しますが、イベントメトリクスは Amazon CloudWatch に出力されません。