Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

付録: ヘッダーフィールド

Amazon SES は、RFC 822 で規定された形式に準拠するあらゆる E メールヘッダーに対応しています。

以下のフィールドは、ヘッダーに 1 回しか出現できません。

  • Accept-Language

  • acceptLanguage (注意: このフィールドは標準外です。可能であれば、Accept-Language を使用してください)

  • Archived-At

  • Auto-Submitted

  • Bounces-to

  • コメント

  • Content-Alternative

  • Content-Base

  • Content-Class

  • Content-Description

  • Content-Disposition

  • Content-Duration

  • Content-ID

  • Content-Language

  • Content-Length

  • Content-Location

  • Content-MD5

  • Content-Transfer-Encoding

  • Content-Type

  • Date (注意: Amazon SES では、指定した Date ヘッダーはすべて Amazon SES によるメッセージの許可時間で上書きされます。日付ヘッダーのタイムゾーンは UTC です)

  • Delivered-To

  • Disposition-Notification-Options

  • Disposition-Notification-To

  • DKIM-Signature

  • DomainKey-Signature

  • Errors-To

  • From

  • Importance

  • In-Reply-To

  • Keywords

  • List-Archive

  • List-Help

  • List-Id

  • List-Owner

  • List-Post

  • List-Subscribe

  • List-Unsubscribe

  • Message-Context

  • Message-ID (注意: Amazon SES では、指定した Message-ID ヘッダーはすべて上書きされます)

  • MIME-Version

  • 組織

  • Original-From

  • Original-Message-ID

  • Original-Recipient

  • Original-Subject

  • 優先順位

  • 優先度

  • 参照

  • Reply-To

  • Return-Path (注: Amazon SES は、指定された Return-Path を使用した後で、E メールを送信する前に当該ヘッダーを削除します)

  • Return-Receipt-To

  • 送信者

  • Solicitation

  • Sensitivity

  • 件名

  • Thread-Index

  • Thread-Topic

  • User-Agent

  • VBR-Info