Amazon SES 送信クォータの管理 - Amazon Simple Email Service Classic

Amazon SES Classic のユーザーガイドです。更新プログラムや新機能は、推奨している新しい Amazon SES デベロッパーガイドに記述されています。

Amazon SES 送信クォータの管理

Amazon SES アカウントには、送信できる E メールメッセージの数と送信レートを規制するための送信クォータのセットがあります。送信クォータは、Amazon SES と E メールプロバイダーとの間の信頼関係を保つという意味で、Amazon SES を利用するすべてのお客様に利益をもたらします。E メール送信のボリュームやレートが不意に急増すると、E メールプロバイダーによって E メールがブロックされますが、送信クォータがあることで、送信アクティビティを徐々に増やすことができ、その可能性を低く抑えることができます。

以下のクォータは、Amazon SES 経由の E メール送信に適用されます。

  • 最大日次送信数 - 24 時間に送信できるメールの最大数 このクォータは、ローリング期間で計算されます。メールを送信しようとするたびに、Amazon SES は過去 24 時間以内に送信したメールの数を決定します。過去 24 時間以内に送信した E メールの総数が 1 日の最大数より少ない限り、送信リクエストは受け入れられ、E メールが送信されます。

    メッセージの送信がアカウントの 1 日の最大数を超える場合、Amazon SES への呼び出しは拒否されます。

  • 最大送信レート - Amazon SES が 1 秒あたりにアカウントから受け付ける E メールの最大数。このクォータを瞬間的に超えることはできますが、制限を超えた状態が長時間続くことは許可されません。

    注記

    ご使用のアカウントで、Amazon SES のメッセージ受信レートが、この最大送信レートよりも少なくなる場合があります。

  • 最大メッセージサイズ (MB) — 送信できる E メールの最大サイズ。これには、MIME エンコード後の E メールの一部であるイメージと添付ファイルが含まれます。例えば、5 MB のファイルを添付すると、MIME エンコード後の E メールの添付ファイルのサイズは、約 6.85 MB (元のファイルサイズの約 137%) になります。

    注記

    E メールのサイズを小さくして配信性能を向上させるために、添付ファイルをクラウドドライブにアップロードし、クラウドドライブの添付ファイルの URL を含めることをお勧めします。メールサーバーのポリシーに応じてサイズが異なるため、SES ではサイズの大きい E メールが受信者のメールボックスに配信されることを保証できません。

Amazon SES 送信クォータは、AWS リージョンごとに独立しています。複数の AWS リージョンでの Amazon SES の使用については、「リージョンと Amazon SES」を参照してください。

アカウントが Amazon SES サンドボックス内にある場合、 24 時間あたり 200 メッセージのみ送信でき、最大送信レートは毎秒 1 メッセージです。サンドボックスからアカウントを削除するリクエストを送信するとき、同時にクォータの引き上げをリクエストすることもできます。アカウントをサンドボックスから削除する方法については、「Amazon SES サンドボックス外への移動」を参照してください。

アカウントがサンドボックスから削除されたら、AWS Support Center で新しいケースを作成することで、いつでもさらにクォータの引き上げをリクエストできます。詳細については、「Amazon SES 送信クォータの引き上げ」を参照してください。

注記

メッセージ数ではなく、受取人数に基づいた送信クォータがあります。たとえば、受取人数が 10 人である E メールは、クォータに対しては 10 通とカウントされます。ただし、SendEmail API オペレーションの 1 回の呼び出しで複数の受信者にメールを送信することはお勧めしません。呼び出しが失敗すると、メール全体が拒否されるためです。SendEmail は、受取人ごとに 1 回呼び出すようお勧めします。

Amazon SES に関連するさまざまなトピックに関する情報と議論については、AWS メッセージングとターゲティングのブログを参照してください。質問を参照して投稿するには、Amazon SES フォーラムに移動します。