Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

Amazon SES における手動での DKIM 署名

Easy DKIM を使用する代わりに、手動で DKIM 署名をメッセージに追加し、Amazon SES を使用してこのメッセージを送信することもできます。手動でメッセージを署名することを選択する場合、まず DKIM 署名を作成する必要があります。DKIM 署名を生成する詳細については、dkim.org を参照してください。メッセージと DKIM 署名を作成したら、SendRawEmail API を使用してメッセージを送信できます。

E メールを手動で署名する場合、次の要素を考慮してください。

  • Amazon SES を使用して送信するすべてのメッセージには、amazonses.com のドメインの署名 (d=amazonses.com という文字列が含まれています) を参照する DKIM ヘッダーが含まれています。メッセージを手動で署名する場合、このメッセージには 2 つの DKIM ヘッダー (ドメインのヘッダーと amazonses.com のヘッダー) が含まれている必要があります。

  • Amazon SES は、メッセージに手動で追加した DKIM 署名を検証しません。メッセージの DKIM 署名にエラーがある場合、このメッセージは E メールプロバイダーによって拒否される可能性があります。

  • メッセージに署名する場合は、少なくとも 1024 ビットのビット長を使用する必要があります。

  • 次のフィールドには署名しないでください。メッセージ ID、日付、Return-Path、Bounces-To。

    注記

    Amazon SES SMTP インタフェースでの E メールの送信に E メールクライアントを使用する場合、クライアントはメッセージで自動的に DKIM 署名を実行することがあります。一部のクライアントは上述のフィールドのいずれかに署名することがあります。E メールクライアントのドキュメントを参照して、デフォルトでどのフィールドが署名されるかを確認してください。