メニュー
Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

Amazon SES の送信制限のモニタリング

送信制限をモニタリングするには、Amazon SES コンソールまたは Amazon SES API を使用します。これを行うには、クエリ (HTTPS) インターフェイスを直接呼び出すか、AWS SDKAWS Command Line Interface、または AWS Tools for Windows PowerShell を使用して間接的に呼び出します。

重要

送信制限に達しないように、頻繁に送信統計を確認することをお勧めします。送信制限に近付いた場合は、制限を引き上げる方法について「Amazon SES の送信制限の引き上げ」を参照してください。送信制限に達する前に、制限の引き上げを検討してください。

Amazon SES コンソールを使用した送信制限のモニタリング

次の手順では、Amazon SES コンソールを使用した送信制限の表示方法を示します。

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして、Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Sending Statistics] を選択します。送信制限が [Your Amazon SES Sending Limits] に表示されます。

     AWS マネジメントコンソール
  3. 表示を更新するには、[Refresh] を選択します。

Amazon SES API を使用した送信制限のモニタリング

Amazon SES API には送信制限を返す GetSendQuota アクションがあります。GetSendQuota アクションを呼び出すと、以下の情報が返されます。

  • 過去 24 時間に送信した E メールの数

  • 現在の 24 時間の送信クォータ

  • 最大送信レート

注記

GetSendQuota の説明については、「Amazon Simple Email Service API Reference」を参照してください。