メニュー
Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

Amazon SES の送信制限に達するとどうなるか

1 日あたりの送信クォータ (24 時間以内に送信できる E メールの最大数) や最大送信レート (1 秒間あたりに送信できるメッセージの最大数) に達した後で E メールを送信しようとすると、Amazon SES はメッセージを削除し、再配信を試行しません。また、Amazon SES は問題を説明するエラーメッセージを提供します。このエラーメッセージを Amazon SES で生成する方法は、E メールの送信を試行した方法によって異なります。このトピックでは、Amazon SES API と SMTP インターフェイスを介して受信したメッセージに関する情報を示します。

最大送信レートに達したときに使用できる手法については、AWS メッセージングおよびターゲティングブログ の「"Throttling – Maximum sending rate exceeded (スロットリング – 最大送信レートの超過)" エラーの対処法」を参照してください。

Amazon SES API で送信制限に達した場合

Amazon SES API (または AWS SDK) を使用して E メールを送信しようとしたときに、アカウントの送信制限をすでに超えている場合は、API によって ThrottlingException エラーが生成されます。このエラーメッセージには、以下のいずれかのメッセージが含まれます。

  • Daily message quota exceeded

  • Maximum sending rate exceeded

スロットリングエラーが発生した場合は、最大 10 分間待機した後で送信リクエストを再試行するようにアプリケーションをプログラムする必要があります。

SMTP で送信制限に達した場合

Amazon SES SMTP を使用して E メールを送信しようとしたときに、アカウントの送信制限をすでに超えている場合、SMTP クライアントは以下のいずれかのエラーを表示する場合があります。

  • 454 Throttling failure: Maximum sending rate exceeded

  • 454 Throttling failure: Daily message quota exceeded

これらのエラーの処理方法は、SMTP クライアントごとに異なります。たとえば、Microsoft Outlook では、送受信エラーメッセージがウィンドウの下部のステータスペインに表示されます。メッセージは、次の例のように表示されます。

Task 'recipient@example.com - Sending' reported error (0x800CCC7F): 'Establishing an encrypted connection to your outgoing (SMTP) server failed. If this problem continues, contact your server administrator or Internet service provider (ISP). The server responded: 454 Throttling failure: Daily message quota exceeded.'