Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

WorkMail アクション

[WorkMail] アクションは、Amazon WorkMail と連携します。Amazon WorkMail ですべての E メール処理を実行する場合は、Amazon WorkMail がこの設定を担当するため、通常このアクションを直接使用することはありません。このアクションには以下のオプションがあります。

  • Organization ARN — Amazon WorkMail 組織の ARN。Amazon WorkMail 組織の ARN は次のとおりです。arn:aws:workmail:region:account_ID:organization/organization_ID

    • region は、Amazon SES と Amazon WorkMail を使用しているリージョンです。(これらは同じリージョンから使用する必要があります)。 例: 「us-west-2」。

    • account_ID は、AWS アカウント ID です。AWS アカウント ID は、AWS マネジメントコンソールの [Account (アカウント)] ページで確認できます。

    • organization_ID は、組織を作成したときに Amazon WorkMail によって生成される一意の識別子です。組織 ID は、Amazon WorkMail コンソールで、組織の [Organization Settings] ページから確認できます。

    Amazon WorkMail 組織の完全な ARN の例は、arn:aws:workmail:us-west-2:123456789012:organization/m-68755160c4cb4e29a2b2f8fb58f359d7 となります。Amazon WorkMail 組織については、Amazon WorkMail Administrator Guideを参照してください。

  • SNS Topic — Amazon WorkMail アクションが実行されたときに通知するための Amazon SNS トピックの名前または ARN。Amazon SNS トピックの ARN の例は、arn:aws:sns:us-west-2:123456789012:MyTopic となります。アクションを設定するときに [Create SNS Topic] を選択することで、Amazon SNS トピックを作成することもできます。Amazon SNS トピックの詳細については、Amazon Simple Notification Service 開発者ガイドを参照してください。

    注記

    選択する Amazon SNS トピックは、E メールを受け取る Amazon SES エンドポイントと同じ AWS リージョン内に存在する必要があります。