ステップ 2: ドメインの検証 - Amazon Simple Email Service Classic

Amazon SES Classic のユーザーガイドです。更新プログラムや新機能は、推奨している新しい Amazon SES デベロッパーガイドに記述されています。

ステップ 2: ドメインの検証

ドメインの E メールを受信できるよう Amazon SES を設定する前に、そのドメインを所有していることを証明する必要があります。所有しているどのドメインでも検証できますが、Route 53 を使って登録したドメインを検証する方が簡単です。

注記

アカウントがまだ Amazon SES サンドボックスにある場合は、このセクションの手順を完了する前に、「Amazon SES サンドボックス外への移動」を参照してください。

Amazon SES でドメインを検証するには

  1. Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

    注記

    このセクションの手順を完了するには、Route 53 にドメインを登録したときに使用したのと同じ AWS アカウントを使用して AWS マネジメントコンソールにサインインします。

  2. ナビゲーションペインで、[Identity Management] の [Domains] を選択します。

  3. [Verify a New Domain] を選択します。

  4. [Verify a New Domain (新しいドメインの検証)] ダイアログボックスの [Domain (ドメイン)] に、Route 53 を使用して登録したドメインの名前を入力し、[Verify This Domain (このドメインを検証)] を選択します。

  5. [Verify a New Domain] ダイアログボックスで、[Use Route 53] を選択します。

    注記

    [Use Route 53 (Route 53 を使用)] ボタンが表示されない場合、ドメインが Route 53 に登録されていない可能性があります。別のサービスを使用してドメインを登録した場合、「Amazon SES でのドメインの検証」の手順を完了することで、ドメインを検証できます。

  6. [Use Route 53] ダイアログボックスで、[Domain Verification Record] と [Email Receiving Record] を選択します。次に、[Hosted Zones] で、使用するホストゾーンの名前を選択します。Route 53 を使用して登録したドメインに変更を加えていない場合、[Hosted Zones (ホストゾーン)] セクションにあるオプションは 1 つだけです。

    重要

    既にドメインの E メールエクスチェンジャ (MX) レコードを設定している場合は、次のステップでそれらのレコードが新しいレコードに置き換えられます。

  7. [Create Record Sets] を選択します。ドメインのリストに戻ります。

  8. 5 分待ってから、[refresh (更新)] ( ) ボタンを選択します。[Status] 列の値が [verified] であることを確認します。ステータスが [pending verification] の場合、数分待ってからリストをもう一度更新します。ドメインのステータスが [verified] になるまでこのプロセスを繰り返します。

次のステップ : ステップ 3: 受信ルールの設定