Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

ステップ 5: 受信した E メールの参照

ドメインのアドレスにテストメッセージを送信した後、Amazon S3 バケットから取得してその内容を表示することができます。

Amazon SES 経由で受信したメッセージを表示するには

  1. https://console.aws.amazon.com/s3/ にある Amazon S3 コンソールを開きます。

  2. Amazon S3 コンソールで、「ステップ 3: 受信ルールの設定」で作成したバケットを選択します。

  3. Amazon S3 バケット内で、受信したメールを見つけます。E メールの名前は、文字と数字の一意の文字列です。

    注記

    バケットには、AMAZON_SES_SETUP_NOTIFICATION というファイルも含まれていることがあります。このファイルは無視または削除できます。

  4. ファイルの名前の横にあるチェックボックスを選択します。[Actions] メニューで、[Download] を選択します。

  5. コンピュータで、前述のステップでダウンロードしたファイルが保存されているフォルダを開きます。ダウンロードしたメッセージを表示するには、次のようないくつかの方法があります。

    • テキストエディタでファイルを開き、その内容を直接読みます。E メールの送信に使用した方法によっては、メッセージの一部がエンコードされる可能性があります。メッセージの一部がエンコードされている場合、手動でデコードする必要があります (たとえば、base64 デコーダを使用)。

    • ファイル名の末尾に .eml 拡張子を追加し、Microsoft Outlook や Mozilla Thunderbird などの E メールクライアントを使用してファイルを開きます。ほとんどの E メールクライアントでは、メッセージのエンコードされた部分が自動的にデコードされ、HTML 形式や添付ファイルなどが表示されます。

次のステップ: ステップ 6: クリーンアップ