Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

Amazon SES によるメール受信の IPアドレスフィルタの作成

IP アドレスフィルタを使用すると、オプションで、特定の IP アドレスまたは IP アドレス範囲から送信されるメールを受け入れるか拒否するかを指定できます。

IP アドレスフィルタを作成するには、Amazon SES コンソールまたは CreateReceiptFilter API を使用できます。

注記

既知の IP アドレスで構成される有限のリストからのメールのみを受信する場合は、0.0.0.0/0 を含むブロックリストをセットアップし、信頼する IP アドレスを含む許可リストをセットアップします。この設定では、デフォルトではすべての IP アドレスがブロックされ、明示的に指定する IP アドレスからのメールのみが許可されます。

IP アドレスフィルタを作成するには (コンソール)

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして、Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

  2. 左側のナビゲーションペインで、[Email Receiving]、[IP Address Filters] の順に選択します。

  3. コンテンツペインで、[Create Filter] を選択します。

  4. [Filter Name] に、IP アドレスフィルタの名前を入力します。名前は 64 文字未満で、英数字、ハイフン (-)、アンダースコア (_)、ピリオド (.) を使用できます。名前の最初と最後は、文字または数字でなければなりません。

  5. [IP Address Range] には、ブロックまたは許可する 1 つの IP アドレスまたは IP アドレス範囲を、クラスレスドメイン間ルーティング (CIDR) 表記で入力します。1 つの IP アドレスの例は 10.0.0.1 です。IP アドレス範囲の例は 10.0.0.1/24 となります。CIDR 表記の詳細については、RFC 2317 を参照してください。

  6. [Policy Type] では、[Allow] または [Block] を選択します。

  7. [Create Filter] を選択します。

CreateReceiptFilter API を使用して IP アドレスフィルタを作成する方法については、Amazon Simple Email Service API Referenceを参照してください。