Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

複数の E メールアドレスの検証

別の E メール送信ソリューションから Amazon SES に移行する場合は、すでに E メールを送信するために使用する E メールアドレスのリストが長い場合があります。この例の Python スクリプトは、JSON 形式の E メールアドレスのリストを入力として受け取ります。次の例は、入力ファイルの構造を示しています。

[ { "email":"carlos.salazar@example.com" }, { "email":"mary.major@example.co.uk" }, { "email":"wei.zhang@example.cn" } ]

次のスクリプトは入力ファイルを読み込み、ファイルに含まれるすべての E メールアドレスの検証を試みます。このコード例では、AWS SDK for Python (Boto) をインストールしていること、および共有認証情報ファイルを作成しているものとします。共有認証情報ファイルの作成の詳細については、「認証情報の共有ファイルの作成」を参照してください。

import json #Python standard library import boto3 #sudo pip install boto3 from botocore.exceptions import ClientError # The full path to the file that contains the identities to be verified. # The input file must be JSON-formatted. See # https://docs.aws.amazon.com/ses/latest/DeveloperGuide/sample-code-bulk-verify.html # for a sample input file. FILE_INPUT = '/path/to/identities.json' # If necessary, replace us-west-2 with the AWS Region you're using for Amazon SES. AWS_REGION = "us-west-2" # Create a new SES resource specify a region. client = boto3.client('ses',region_name=AWS_REGION) # Read the file that contains the identities to be verified. with open(FILE_INPUT) as data_file: data = json.load(data_file) # Iterate through the array from the input file. Each time an object named # 'email' is found, run the verify_email_identity operation against the value # of that object. for i in data: try: response = client.verify_email_identity( EmailAddress=i['email'] ) # Display an error if something goes wrong. except ClientError as e: print(e.response['Error']['Message']) # Otherwise, show the request ID of the verification message. else: print('Verification email sent to ' + i['email'] + '. Request ID: ' + response['ResponseMetadata']['RequestId'])