Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

ソフトウェアパッケージから Amazon SES を介して E メールを送信する

SMTP を介した E メール送信をサポートしている市販/オープンソースのソフトウェアパッケージは多数あります。次に例を示します。

  • ブログプラットフォーム

  • RSS アグリゲータ

  • リスト管理ソフトウェア

  • ワークフローシステム

上記の SMTP 対応ソフトウェアは、Amazon SES SMTP インターフェイスを介して E メールを送信するように設定できます。個々のソフトウェアパッケージの SMTP 設定手順については、各ソフトウェアのドキュメントを参照してください。

次の手順は、一般的な問題追跡ソリューションである JIRA で Amazon SES 送信を設定する方法を示しています。この設定により、ソフトウェアの問題のステータスが変化したときに JIRA からユーザーに E メールで通知できるようになります。

Amazon SES を介して E メールを送信するために、JIRA を設定するには

  1. ウェブブラウザーを使用し、管理者認証情報で JIRA にログインします。

  2. ブラウザのウィンドウで、[Administration] を選択します。

  3. [System] メニューで、[Mail] を選択します。

  4. [Mail administration] ページで、[Mail Servers] を選択します。

  5. [Configure new SMTP mail server] を選択します。

  6. [Add SMTP Mail Server] フォームで、次のフィールドに入力します。

    1. Name — このサーバーの名前 (わかりやすいもの)。

    2. From address — E メールの送信元アドレス。この E メールアドレスから送信する前に、Amazon SES でこの E メールアドレスを検証する必要があります。検証の詳細については、「Amazon SES の ID の検証」を参照してください。

    3. Email prefix — 送信前に、件名行の前に JIRA が付加する文字列。

    4. Protocol — [SMTP] を選択します。

      注記

      この設定を使用して Amazon SES に接続できない場合は、SECURE_SMTP を試してください。

    5. Host Name — Amazon SES SMTP エンドポイントのリストについては、「Amazon SES SMTP エンドポイントに接続する」を参照してください。たとえば、米国西部 (オレゴン) リージョンの Amazon SES エンドポイントを使用する場合、ホスト名は email-smtp.us-west-2.amazonaws.com となります。

    6. SMTP Port — 25、587、2587 のいずれか (STARTTLS を使用して接続する場合)、または 465、2465 のいずれか (TLS ラッパーを使用して接続する場合)。

    7. TLS — このチェックボックスをオンにします。

    8. Username — SMTP ユーザー名。

    9. Password — SMTP パスワード。

    TLS ラッパーの設定を次に示します。

    
                    JIRA の SMTP E メール設定
  7. [Test Connection] を選択します。Amazon SES を介して JIRA が送信したテスト E メールが正しく到着すれば、設定は完了です。