Amazon SES での送信承認の使用 - Amazon Simple Email Service Classic

Amazon SES Classic のユーザーガイドです。更新プログラムや新機能は、推奨している新しい Amazon SES デベロッパーガイドに記述されています。

Amazon SES での送信承認の使用

Amazon SES を設定することで、別のユーザーが、そのユーザーの Amazon SES アカウントを使用して、自分が所有するアドレスまたはドメイン (アイデンティティ) から E メールを送信することを許可できます。この機能は送信承認と呼ばれ、アイデンティティのコントロールは維持されるため、いつでもアクセス許可を変更または取り消すことができます。たとえば、ビジネスの所有者は、送信承認を使用することで、サードパーティー (E メールマーケティング会社など) の E メールを、自分が所有するドメインから送信できるようにすることができます。

他のユーザーがお客様の代わりに E メールを送信することを承認した場合、お客様がアイデンティティ所有者です。アイデンティティ所有者の場合、次のセクションを読むことをお勧めします。

他のユーザーの代わりに E メールの送信を承認された場合、お客様は代理送信者です。代理送信者である場合は、次のセクションを読むことをお勧めします。

注記

IAM ポリシーを使用して Amazon SES へのアクセスを制御することもできます。IAM ポリシーは、個々の IAM ユーザーが実行できる操作を制限し、送信承認ポリシーは個々の検証済みアイデンティティの使用方法を制限します。さらに、クロスアカウントアクセスを許可できるのは送信承認ポリシーのみです。Amazon SES での IAM ポリシーの使用の詳細については、「Amazon SES へのアクセスのコントロール」を参照してください。

Amazon SES に関連するさまざまなトピックに関する情報と議論については、AWS メッセージングとターゲティングのブログを参照してください。質問を参照して投稿するには、Amazon SES フォーラムに移動します。