メニュー
Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

Amazon SES での E メールのセットアップ

Amazon Simple Email Service (Amazon SES) で E メールをセットアップするには、以下のタスクを実行する必要があります。

  • Amazon SES または AWS の他のサービスにアクセスする前に、AWS アカウントをセットアップする必要があります。詳細については、「AWS にサインアップする」を参照してください。

  • Amazon SES を通じて E メールを送信する前に、「From」アドレスを所有していることを検証する必要があります。アカウントがまだ Amazon SES サンドボックス内にある場合は、「To」アドレスも検証する必要があります。E メールアドレスまたはドメイン全体を検証できます。詳細については、「Amazon SES の ID の検証」を参照してください。

以下のタスクは、行う操作によってはオプションです。

  • Amazon SES API を通じて Amazon SES にアクセスする場合は、クエリ (HTTPS) インターフェイスからアクセスするか、AWS SDKAWS Command Line Interface、または AWS Tools for Windows PowerShell を通じて間接的にアクセスするかにかかわらず、AWS アクセスキーを取得する必要があります。詳細については、「AWS アクセスキーの取得」を参照してください。

  • クエリインターフェイスの低レベルの詳細を処理せずに Amazon SES API を呼び出す場合は、AWS SDK を使用できます。詳細については、「AWS SDK のダウンロード」を参照してください。

  • SMTP インターフェイスを通じて Amazon SES にアクセスする場合は、SMTP ユーザー名とパスワードを取得する必要があります。SMTP 認証情報は、AWS の認証情報とは異なります。詳細については、「Amazon SES の SMTP 認証情報の取得」を参照してください。

  • 初めて Amazon SES にサインアップすると、アカウントは Amazon SES サンドボックス内に配置されます。サンドボックスでは、他の Amazon SES ユーザーと同じ E メール送信手段を使用して E メールを送信できますが、最大で 1 秒間に 1 通の E メール、24 時間に 200 通までの E メール送信に制限され、送信先の E メールアドレスは検証済みのものに限られます。送信制限を引き上げ、検証されていない E メールアドレスに E メールを送信するには、「Amazon SES サンドボックス外への移動」を参照してください。

  • E メールが Sender Policy Framework (SPF) に基づいて DMARC (Domain-based Message Authentication, Reporting and Conformance) 認証に合格するには、「カスタム MAIL FROM ドメインの使用」の説明に従って、カスタムの MAIL FROM ドメインから送信できるようにアイデンティティを設定します。

Amazon SES に関するさまざまなトピックについての情報やディスカッションについては、AWS メッセージングおよびターゲティングブログ を参照してください。お問い合わせを参照あるいは発信するには「Amazon SES フォーラム」をご覧ください。