Amazon SES ドメイン検証の失効 - Amazon Simple Email Service Classic

Amazon SES Classic のユーザーガイドです。更新プログラムや新機能は、推奨している新しい Amazon SES デベロッパーガイドに記述されています。

Amazon SES ドメイン検証の失効

Amazon SES は定期的にドメインの検証ステータスを見直し、有効でなくなっている場合には検証を取り消します。ドメインの所有権の確認に必要な TXT レコード情報を Amazon SES が検出できない場合、Amazon SES 経由で Amazon SES ドメイン検証失効警告 (REVOCATION WARNING) の E メールが送信されます。

72 時間以内にドメインの DNS サーバーに TXT レコード情報を復元すると、Amazon SES 経由で Amazon SES ドメイン検証失効キャンセル (REVOCATION CANCELLATION) の E メールが送信されます。

注記

以下の手順に従って、Amazon SES コンソールで必要な TXT レコードを確認できます。ナビゲーションペインで、[Identity Management] の [Domains] を選択します。ドメインのリストでドメインを選択 (展開するだけではなく) して、TXT レコード名と値を含むドメインの確認設定を表示します。

72 時間以内に ドメインの DNS サーバーに TXT レコード情報を復元しないと、Amazon SES 経由で Amazon SES ドメイン検証失効 (REVOCATION) の E メールが送信されます。これにより、ドメインは [ドメイン] タブの 検証済みの送信者リストから削除され、ドメインからは送信できなくなります。

検証が失効したドメインを再検証するには、失効したドメインがまったく新しいドメインであるかのように、検証手順を最初から再開始する必要があります。