イベント発行の Amazon SNS イベント送信先のセットアップ - Amazon Simple Email Service

イベント発行の Amazon SNS イベント送信先のセットアップ

イベント送信先では、Amazon SNS を使用して特定のメール送信イベントに関して通知します。Amazon SNS イベント送信先は設定セット内にのみ存在するため、まず設定セットを作成してからその設定セットにイベント送信先を追加する必要があります。

このセクションの手順では、Amazon SNS イベント送信先の詳細を設定セットに追加する方法を示します。ただし、その前に、「イベント送信先の作成」のステップ 1~6 を完了する必要があります。

また、Amazon SES API V2 で、UpdateConfigurationSetEventDestination オペレーションを使用して、イベントの送信先を作成および変更します。

注記

通知は、アカウントレベルで Amazon SNS を通じて受け取ることもできます。つまり、Amazon SES アカウント全体で送信イベントが発生するたびに、Amazon SNS 通知を受け取ることができます。アカウントレベルの通知ではなくイベント発行を使用することで、特定のイベントタイプに関する通知のみ、または特定の設定セットを使用して送信されたメールに関する通知のみを、Amazon SES で送信するように設定できます。アカウントレベルの Amazon SNS 通知をセットアップする詳しい方法については、「Amazon SES のイベント通知の設定」を参照してください。

Amazon SNS トピックにサブスクライブしているエンドポイントにメッセージを送信するには、追加料金が発生します。詳細については、「Amazon SNS の料金」を参照してください。

コンソールを使用してAmazon SNSイベント送信先を設定セットに追加するには

  1. ステップ 7でイベント送信先タイプとして Amazon SNS を選択する際の詳細な手順は次のとおりです。「イベント送信先の作成」の前の手順がすべて完了していることを前提としています。Amazon SNS の [Destination type] (送信先タイプ) を選択し、[Event publishing] (イベントの発行) を有効にすると、[Amazon Simple Notification Service (SNS) topic] (Amazon Simple Notification Service (SNS) トピック) パネルが表示されます。このフィールドについては、以下のステップで説明します。

  2. [SNSトピック] で、既存の Amazon SNS トピックを選択するか、[SNSピックの作成] を選択して新しいトピックを作成します。

    トピックの作成の詳細については、Amazon Simple Notification Service デベロッパーガイドの「トピックの作成」を参照してください。

    重要

    Amazon SNS を使用してトピックを作成する場合、タイプスタンダードを選択します。(SES は FIFO タイプのトピックをサポートしていません。)

  3. [Next] を選択します。

  4. レビュー画面で、イベント送信先の定義に問題がなければ、送信先を追加するを選択します。これによりイベント送信先のサマリーページが開き、イベント送信先が正常に作成または変更されたかどうかを、成功バナーで確認できます。

  5. 新しい SNS トピックを作成した場合も、既存のトピックを選択した場合も、トピックに通知を発行するために SES へのアクセスを許可する必要があります。前のステップで表示された、イベント送信先のサマリーページで、[Destination type] (送信先タイプ) カラムから Amazon SNS を選択します。これにより Amazon Simple Notification Service コンソールの [Topics] (トピック) リストが 表示されます。Amazon SNS コンソールで、次のステップを実行してください。

    1. 前のステップで作成または変更した、SNS トピックの名前を選択します。

    2. トピックの詳細画面で、[Edit] (編集) を選択します。

    3. トピックに通知を発行するためのアクセス許可を SES に付与するには、SNS コンソールの [Edit topic] (トピックの編集) 画面で [Access policy] (アクセスポリシー) を展開し、[JSON editor] (JSON エディタ) に次の許可ポリシーを追加します。

      { "Version": "2012-10-17", "Id": "notification-policy", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Principal": { "Service": "ses.amazonaws.com" }, "Action": "sns:Publish", "Resource": "arn:aws:sns:topic_region:111122223333:topic_name", "Condition": { "StringEquals": { "AWS:SourceAccount": "111122223333", "AWS:SourceArn": "arn:aws:ses:topic_region:111122223333:configuration-set/configuration-set-name" } } } ] }

      上のポリシー例に、以下の変更を加えます。

      • topic_region を、SNS トピックを作成した AWS リージョンに置き換えます。

      • 111122223333 を自分の AWS アカウント ID に置き換えます。

      • topic_nameは、SNS トピックの名前に置き換えます。

      • configuration-set-name は、SNS イベントに関連付けられた設定セットの名前に置き換えます。

    4. [Save changes] (変更の保存) をクリックします。