Amazon SES ヘッダーフィールド - Amazon Simple Email Service

Amazon SES ヘッダーフィールド

Amazon SES は、RFC 822で規定された形式に準拠するあらゆる E メールヘッダーに対応できます。

以下のフィールドをメッセージのヘッダーセクションに複数回含めることはできません。

  • Accept-Language

  • acceptLanguage

  • Archived-At

  • Auto-Submitted

  • Bounces-to

  • Comments

  • Content-Alternative

  • Content-Base

  • Content-Class

  • Content-Description

  • Content-Disposition

  • Content-Duration

  • Content-ID

  • Content-Language

  • Content-Length

  • Content-Location

  • Content-MD5

  • Content-Transfer-Encoding

  • Content-Type

  • Date

  • Delivered-To

  • Disposition-Notification-Options

  • Disposition-Notification-To

  • DKIM-Signature

  • DomainKey-Signature

  • Errors-To

  • From

  • Importance

  • In-Reply-To

  • Keywords

  • List-Archive

  • List-Help

  • List-Id

  • List-Owner

  • List-Post

  • List-Subscribe

  • List-Unsubscribe

  • Message-Context

  • Message-ID

  • MIME-Version

  • Organization

  • Original-From

  • Original-Message-ID

  • Original-Recipient

  • Original-Subject

  • Precedence

  • Priority

  • References

  • Reply-To

  • Return-Path

  • Return-Receipt-To

  • Sender

  • Solicitation

  • Sensitivity

  • Subject

  • Thread-Index

  • Thread-Topic

  • User-Agent

  • VBR-Info

考慮事項

  • acceptLanguageフィールドは標準ではありません。可能であれば、代わりに Accept-Languageヘッダーを使用してください。

  • Dateヘッダーを指定した場合、Amazon SES は、Amazon SES がメッセージを受け取ったときに、UTC タイムゾーンの日付と時刻に対応するタイムスタンプでヘッダーを上書きします。

  • Message-IDヘッダーを指定すると、Amazon SES はヘッダーを独自の値で上書きします。

  • Return-Pathヘッダーを指定した場合、Amazon SES は指定されたアドレスにバウンスと苦情の通知を送信します。ただし、受取人が受け取るメッセージのReturn-Pathヘッダーには別の値が含まれています。