Amazon SES 送信クォータの引き上げ - Amazon Simple Email Service

Amazon SES 送信クォータの引き上げ

お客様のアカウントには、現在のリージョンごとに引き上げることができる以下のクォータがあります。

リソース デフォルトのクォータ 説明
送信クォータ 200 現在のAWS リージョンで、このアカウントで24 時間に送信できるEメールの最大数。
送信レート 1 Amazon SES が 1 秒あたりに現在のAWS リージョンのこのアカウントに対して受け付ける E メールの最大数。

送信クォータの自動引き上げ

アカウントがサンドボックスの外にあり、質の高い E メールを送信しようとする場合、本稼働アカウント用に送信クォータが自動的に引き上げられる可能性があります。多くの場合、これらのクォータを実際に引き上げる必要が生じる前に、クォータは自動的に引き上げられます。

レートが自動的に引き上げられる対象になるには、次のすべての条件が満たされている必要があります。

  • 受取人が受信を希望する高品質のコンテンツを送信する – 受取人の希望や期待に沿ったコンテンツを送信します。E メールを希望しないお客様へのメール送信を停止します。

  • 実際の本稼働コンテンツを送信する フェイクの E メールアドレスにテストメッセージを送信する – バウンス率や苦情率に悪い影響が出る可能性があります。また、内部の受取人にのみメッセージを送信すると、お客様が受信を希望するコンテンツを送信しているかどうかの判断が難しくなります。ただし、内部以外の受信者に本稼働メッセージを送信する場合は、E メール送信プラクティスを正確に評価できます。

  • 現在のクォータに近いボリュームを送信する - 自動クォータ引き上げの対象となるには、1 日あたりの E メール量がアカウントの 1 日あたりの最大メール量を超えることはないが定期的にそれに近くなっている必要があります。

  • バウンス率と苦情率が低い – 受信するバウンスと苦情の件数は最小限に抑えます。バウンスと苦情の件数の多さが、送信クォータに悪影響を及ぼすことがあります。

ユーザーが要求した送信クォータの増加

現在の送信クォータがニーズに見合っていないが、自動的に引き上げられていない場合は、引き上げをリクエストできます。

  • 送信クォータまたは送信レート — これらのいずれかに対する引き上げリクエストは、AWS Service Quotas コンソールを通じて送信できます。

Service Quotasコンソールを使用して Amazon SES 送信クォータの増加をリクエストするには

  1. Service Quotas コンソールを開きます。

  2. コンソールの右上隅 (アカウント番号の横) にあるドロップダウンを使用して、増やしたいリージョンを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、AWS サービス を選択します。

  4. Amazon Simple Email Service(SES)を選択します。

  5. クォータを選択して、指示に従ってクォータの引き上げをリクエストします。

増加リクエストタイプについての AWS Support チーム SLA

迷惑なコンテンツや悪意のあるコンテンツを送信するためにシステムが悪用されないように、各リクエストを慎重に検討する必要があります。可能な場合は、次のリストにある指定された時間内に、増加のタイプについてのリクエストを承認します。ただし、お客様から追加情報を取得する必要がある場合は、お客様のリクエストの解決に時間がかかる場合があります。お客様のユースケースが AWS のポリシーと一致しない場合に、リクエストを承認しない権利を有します。

  • 送信クォータまたは送信レート: 最長 24 時間。

注記

Service Quotas コンソールは多くの言語で利用できますが、実際のサポートは英語でのみ提供されます。