IP アドレスフィルタのコンソールウォークスルーの作成 - Amazon Simple Email Service

IP アドレスフィルタのコンソールウォークスルーの作成

ここでは、Amazon SES コンソールを使用して IP アドレスフィルタを設定する手順について説明します。IP アドレスフィルタリングにより、広範な制御が可能になります。これらの IP フィルタを使用すると、特定の IP アドレスまたは IP アドレス範囲からのすべてのメッセージを明示的にブロックまたは許可できます。

オプションで、Amazon Simple Email Service APIリファレンスで説明されているように、CreateReceiptFilterAPIを使用してIPアドレスフィルターを作成できます。

注記

既知の IP アドレスで構成される有限のリストからのメールのみを受信する場合は、0.0.0.0/0 を含むブロックリストをセットアップし、信頼する IP アドレスを含む許可リストをセットアップします。この設定では、デフォルトではすべての IP アドレスがブロックされ、明示的に指定する IP アドレスからのメールのみが許可されます。

前提条件

IP アドレスフィルタを使用した受信者ベースのEメール制御の設定に進む前に、次の前提条件を満たす必要があります。

  1. まず、Amazon SESでドメインIDの作成と検証 を行う必要があります。

  2. 次に、ドメインのメールを受け付けることができるメールサーバーをMX レコードの発行 でドメインの DNS 設定に追加します。(MX レコードは、Amazon SES を使用する AWS リージョンに関し、メールを受信する Amazon SES エンドポイントを参照する必要があります。)

IP アドレスフィルタの作成

コンソールを使用してIPアドレスフィルターを作成するには

  1. AWS Management Console にサインインして Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

  2. 左側のナビゲーションペインで、[Eメール受信 ]を選択します。

  3. [IP アドレスフィルタ ]タブを選択します。

  4. [フィルタの作成 ]を選択します。

  5. フィルタの一意の名前を入力します。フィールドの凡例に構文要件が示されます。(名前は 64 文字未満で、英数字、ハイフン (-)、アンダースコア (_)、ピリオド (.) を使用する必要があります。名前は文字または数字で始まり、完結していなければなりません。)

  6. IPアドレスまたは IP アドレス範囲を入力します。フィールドの凡例には、Classless Inter-Domain Routing(CIDR) 構文で指定されている例が示されます。1 つの IP アドレスの例は 10.0.1 です。 IP アドレス範囲の例は 10.0.0.1/24 となります。 CIDR 表記の詳細については、RFC 2317 を参照してください。)

  7. ブロックまたは許可 ラジオボタンを選択して、ポリシータイプ を選択します。

  8. [Create filter] (フィルターの作成) を選択

  9. 別の IP フィルタを追加する場合は、フィルターの作成 を選択し、追加するフィルタごとに、上記のステップを繰り返します。

  10. IP アドレスフィルターを削除する場合は、フィルターを選択して、削除 ボタンを使用します。