受信ルールのコンソールウォークスルーの作成 - Amazon Simple Email Service

受信ルールのコンソールウォークスルーの作成

ここでは、Amazon SES コンソールを使用して受信ルールを作成し、定義する方法について説明します。受信ルールがどのように機能するのか理解するための重要なポイントは、次のとおりです。

  • ルールセット には、受信ルールの順序セットが含まれており、受信ルール には、順序付けられた一連のアクションが含まれます。

  • 受信ルールは、指定したアクションの順序付きリストを実行して、受信メールの処理方法を Amazon SES に指示します。

  • この順序付けされたアクションのリストは、受信者の条件に最初に一致した場合に任意で作成できます。指定しない場合、アクションは検証済みドメインに属するすべての ID に適用されます。

  • 受信ルールは、ルールセットと呼ばれるコンテナで作成および定義されます。複数のルールセットを作成できますが、一度にアクティブにできるのは 1 つだけです。

  • アクティブなルールセット内の受信ルールは、指定した順序で実行されます。

  • 受信ルールを作成する前に、まず含めるべきルールセット を作成する必要があります。

オプションで、Amazon Simple Email Service API リファレンス に記載のとおり、 CreateReceiptRuleSet API を使用して、空の受信ルールセットを作成することもできます。その後で、Amazon SES コンソールまたは CreateReceiptRule API を使用して、そのセットに受信ルールを追加します。

ウォークスルーに進む前に、受信者ベースのEメール受信を使用するために必要なすべての前提条件を満たしていることを確認してください。また、

前提条件

受信ルールを使用して受信者ベースのEメール制御を設定するには、次の前提条件を満たす必要があります。

  1. エンドポイントが Amazon SES が E メールの受信をサポートしている AWS リージョン にあることを確認してください。「サポートされている E メール受信エンドポイント」を参照してください。

  2. まず、Amazon SES のドメインIDの作成と検証 を行う必要があります。

  3. 次に、ドメインのメールを受け付けることができるメールサーバーをMX レコードの発行 でドメインの DNS 設定に追加します。(MX レコードは、Amazon SES を使用するAWS リージョンについてメールを受信する Amazon SES エンドポイントを参照する必要があります。)

  4. 最後に、受信ルールのアクションを実行するため、他の AWS リソースにAmazon SES のアクセス許可を与える 必要があります。

ルールセットと受信ルールの作成

このウォークスルーは、まずルールを含むルールセットを作成することから始まり、その後、ルールの作成 ウィザードを使用して、受信ルールを作成、定義、順序付けします。このウィザードには、ルール設定の定義、受信者条件の追加、アクションの追加、およびすべての設定の確認を行うための 4 つの画面があります。

コンソールを使用してルールセットと受信ルールを作成するには

  1. AWS Management Console にサインインして Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの[Configuration ]で[Eメール受信 ]を選択します。

  3. 受信ルールセット で、ルールセットの作成 を選択します。

  4. ルールセットの一意の名前を入力し、ルールセットの作成 を選択します。

  5. ルールの作成 を選択すると、ルールの作成 ウィザードが開きます。

  6. 受信ルール詳細ルール設定の定義 ページで、ルール名 を入力します。

  7. ステータス について、Amazon SESで作成後にこのルールを実行したくない場合は、[Enabled (有効)] チェックボックスをオフにします。それ以外の場合は、このオプションを選択したままにします。

  8. (オプション) 安全な接続を介して送信されない受信メッセージを Amazon SES で拒否する場合、Transport Layer Security (TLS)セキュリティと保護のオプション必須 を選択します。

  9. (オプション)Amazon SES で受信メールのスパムおよびウイルスのスキャンを実行するには、[Spam and Virus Scanning ] で[Enabled(有効) ]を選択します。

  10. [次へ ] を選択して次のステップに進みます。

  11. (オプション)受信者条件の追加 ページで、次の手順を使用して 1 つ以上の受信者の条件を指定します。受信ルールごとに 最大100 人の受信者条件を指定できます。

    1. 受信者条件 で、新しい受信者条件を追加 をクリックして、受信ルールを適用する対象の受信メールアドレスまたはドメインを指定します。次の表では、アドレス user@example.com を使用して受信者条件を指定する方法を示しています。

      目的 指定する受取人 コメント
      特定の E メールアドレスとマッチさせます。 user@example.com また、ラベルが含まれるアドレスのバリエーション (user+123@example.comuser+xyz@example.com など) ともマッチさせます。ただし、ラベルが含まれるアドレスを指定すると、その特定のアドレスのみがマッチされます。
      ドメイン内のすべてのアドレスとマッチさせるが、そのサブドメイン内のアドレスとはマッチさせません。 example.com
      特定のサブドメイン内のすべてのアドレスとマッチさせるが、親ドメイン内のアドレスとはマッチさせません。 subdomain.example.com
      すべてのサブドメイン内のすべてのアドレスとマッチさせるが、親ドメイン内のアドレスとはマッチさせません。 — example.com ドメイン名の前のピリオド (.) に注意してください。
      ドメイン内のすべてのアドレスとマッチさせて、さらにそのすべてのサブドメイン内のすべてのアドレスとマッチさせます。 example.com

      .example.com

      2 つの受取人を別個に作成して、1 つにはドメイン名を使用し、別の 1 つにはピリオド (.) に続けてドメイン名を使用します。
      すべての検証済みドメイン内のすべての受信者とマッチさせます。 [なし] 受信者フィールドを空にします。
      重要

      複数の Amazon SES アカウントが共通のドメインで E メールを受信する場合 (同じ会社の複数のチームが個別の Amazon SES アカウントを使用する場合など)、Amazon SES では、これらのアカウント間で一致するすべての受信ルールが同時に処理されます。この動作により、あるアカウントではバウンスが生成され、別のアカウントでは E メールが承認されるという状況が発生する場合があります。

      組織内で Amazon SES を使用するチーム間で調整し、各アカウントで固有の受信ルールを使用すること、それらのルールは重複していないことを確認することをお勧めします。このような場合、グループやチームに固有のメールアドレスやサブドメインのみを使用するように受信ルールを設定するのが最適です。

    2. 追加する受信者条件ごとに、このステップを繰り返します。受信者条件の追加が完了したら、[Next ] を選択します。

  12. アクションの追加 ページで、次の手順を使用して、受信ルールに 1 つ以上のアクションを追加します。

    1. 新しいアクションの追加 メニューを開き、以下のタイプのアクションの 1 つを選択します。

      これらのすべてのアクションの詳細については、アクションのオプション を参照してください。

    2. 定義するアクションごとに、このステップを繰り返します。複数のアクションが定義されている場合は、アクションコンテナ内の上/下矢印を使用して、アクションを並べ替えることができます。[ ]を選択して [Review (確認) ] ページを開きます。

  13. 確認 ページで、ルールの設定とアクションを確認します。変更する必要がある場合は、編集 オプションを選択するか、ウィンドウの左側にあるナビゲーションセクションを使用して、編集するコンテンツが含まれているページに直接移動します。オプションで、[Reorder(順序の並び替え)] 列で、上下矢印を使用して、確認 ページのアクション テーブルにリストアップされた順序を変更します。

  14. 続行する準備ができたら、[Create rule (ルールの作成)] を選択します。

作成後のルールの変更

ルールセットを作成したら、ルールセットとそれに含まれる受信ルールの両方を編集できます。編集できるだけでなく、新しいルールをすばやく作成できるように、ルールセットまたはそのルールを複製するオプションもあります。次のリストは、ルールセットおよび受信ルールに対して使用可能な変更を示しています。

  • ルールセット は、名前、ステータス、作成日とともにリストされます。ルール・セットの変更オプションは次のとおりです。

    • アクティブ/非アクティブとして設定 トグルボタンは、ステータスを設定するかどうかを切り替えます。

    • 複製 ボタンはルールセットをコピーします。一意の名前を指定するよう求められます。

    • 削除 ボタンはルールセットを削除します。この不可逆的な操作を確認するよう求められます。

  • 受信ルール では、名前、ステータス、セキュリティ、および順序とともに一覧表示されます。受信ルールの変更オプションは次のとおりです。

    • 上/下矢印 をクリックして、ルールセット内のルールの実行順序を変更します。

    • 複製 ボタンは選択したルールのコピーを作成します。一意の名前を指定するよう求められます。

    • 編集 ボタンをクリックすると、選択したルールが開き、ルール設定、受信者の条件、アクションなどのパラメータを編集できます。

    • 削除 ボタンは選択したルールを削除します。この不可逆的な操作を確認するよう求められます。

    • ルールの作成 ボタンを使用して、現在のルールセットに新しいルールを作成し、追加できます。