以下を作成してください。 AWS ビルダー ID - AWS サインイン

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

以下を作成してください。 AWS ビルダー ID

AWS ビルダー ID AWS これを使用するツールやサービスのいずれかにサインアップしたときに作成します。 AWS ツールまたはサービスのサインアッププロセスの一環として、E メールアドレス、名前、パスワードを使用してサインアップします。

パスワードは以下の条件を満たす必要があります。

  • パスワードでは、大文字と小文字が区別されます。

  • パスワードの長さは8文字から64文字の間でなければなりません。

  • パスワードには、次の 4 つカテゴリから少なくとも 1 文字を含める必要があります。

    • 小文字 a〜z

    • 大文字 A〜Z

    • 数字 (0〜9)

    • 英数字以外の文字 (~!@#$%^&*_-+=`|\(){}]:;"'<>,.?/)

  • 最後の3つのパスワードは再使用できません。

  • 第三者から漏洩したデータセットを通じて公に知られているパスワードは使用できません。

注記

を使用するツールやサービスは、 AWS ビルダー ID AWS ビルダー ID 必要に応じて作成して使用するように指示します。

作成するには AWS ビルダー ID
  1. AWS アクセスしたいツールやサービスの登録ページ、AWS ビルダー ID またはプロフィールに移動します

  2. 作成 AWS ビルダー IDページで、メールアドレスに入力します。個人用の E メールを使用することをお勧めします。

  3. 次へをクリックします。

  4. お名前を入力し、次へを選択します。

  5. E メール確認ページで、E メールアドレスに送信された確認コードを入力します。確認を選択します。E メールプロバイダーによっては、E メールの受信まで数分かかる場合があります。スパムフォルダと迷惑メールフォルダにコードがないか確認してください。5 AWS 分経ってもメールが表示されない場合は、[コードを再送信] を選択します。

  6. お客様のEメールを確認した後、パスワードの選択ページで、パスワードパスワードの確認を入力してください。

  7. セキュリティ強化として キャプチャが表示される場合は、表示されている文字を入力してください。

  8. 作成 AWS ビルダー IDを選択します。

信頼されたデバイス

サインインページで This is a trusted device(これは信頼できるデバイスです) というオプションを選択すると、そのデバイスのそのウェブブラウザからの今後のすべてのサインインを承認されたものとみなします。つまり、信頼できるデバイスには MFA コードを入力する必要がないということです。ただし、ブラウザ、クッキー、または IP アドレスが変更された場合は、MFA コードを使用して追加の認証を行う必要がある場合があります。