IAM IDセンター - AWS サインイン

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

IAM IDセンター

IAM アイデンティティセンター ユーザーは AWS Organizations のメンバーであり、AWS アクセスポータルを通じて複数の AWS アカウント とアプリケーションへのアクセスを許可できます。会社が アクティブディレクトリ または別の ID プロバイダーを IAM アイデンティティセンター と統合している場合、IAM アイデンティティセンター のユーザーは会社の認証情報を使用してサインインできます。IAM アイデンティティセンター は、管理者がユーザーを作成できる ID プロバイダーにもなります。ID プロバイダーに関係なく、IAM アイデンティティセンター のユーザーは、組織の特定のサインイン URL である AWS アクセスポータルを使用してサインインします。IAM Identity CenterのユーザーのURLからサインインできないAWS Management Console。

IAM アイデンティティセンター の人間のユーザーは、以下のいずれかから AWS アクセスポータル URL を取得できます。

  • 管理者またはヘルプデスクの従業員からのメッセージ

  • IAM Identity Centerへの参加を促す AWS からのメール

ヒント

IAM アイデンティティセンター サービスによって送信されるすべての E メールは、 または のアドレスから送信されます。これらの送信者メールアドレスからのメールを受け入れ、迷惑メールやスパムとして処理しないように、メールシステムを設定することをお勧めします。

サインインの手順については、「‭AWS アクセスポータルにサインインする‬」を参照してください。‬‬‬‬

注記

AWS アクセスポータルには組織の特定のサインイン URL をブックマークして、後でアクセスできるようにすることをお勧めします。

IAM Identity Centerの詳細については、 IAM Identity Centerとはを参照してください。