ユーザーの追加 - AWS IAM Identity Center

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ユーザーの追加

Identity Center ディレクトリで作成するユーザーとグループは、IAM Identity Center でのみ使用することができます。IAM Identity Center コンソールを使用して Identity Center ディレクトリにユーザーを追加するには、以下の手順に従います。または、 AWS API オペレーションを呼び出しCreateUserてユーザーを追加することもできます。

ユーザーを追加するには
  1. IAM Identity Center コンソール を開きます。

  2. [ユーザー] を選択します。

  3. [Add user] (ユーザーを追加) をクリックして、以下の必要な情報を入力します。

    1. Username – このユーザー名は AWS アクセスポータルにサインインするために必要であり、後で変更することはできません。1~100 文字である必要があります。

    2. パスワード — パスワードの設定手順を記載した E メールを送信するか (デフォルトのオプション)、ワンタイムパスワードを生成できます。管理ユーザーを作成していて E メールを送信する場合は、アクセスできるメールアドレスを必ず指定してください。

      1. このユーザーに、パスワードの設定手順を記載したE メールを送信します。– このオプションは、件名に「Invitation to join AWS IAM Identity Center (successor to AWS Single Sign-On)」と、Amazon Web Services から宛ての E メールをユーザーに自動的に送信します。この E メールは、会社に代わって IAM Identity Center AWS アクセスポータルにアクセスするようユーザーを招待します。

        注記

        特定の地域では、IAM ID Center が別の AWS リージョンから Amazon Simple Email Service を使用するユーザーに E メールを送信します。E メールの送信方法については、リージョン間の呼び出し を参照してください。

        IAM Identity Center サービスで送信されるすべてのメールは、アドレス no-reply@signin.aws.com または no-reply@login.awsapps.com のいずれかから送信されます。これらの送信者メールアドレスからの E メールを受け入れ、迷惑メールやスパムとして処理しないように、メールシステムを設定することをお勧めします。

      2. このユーザーと共有できるワンタイムパスワードを生成します。– このオプションでは、E メールアドレスからユーザーに手動で送信できる AWS アクセスポータル URL とパスワードの詳細が提供されます。

    3. E メールアドレス — E メールアドレスは一意である必要があります。

    4. E メールアドレスを確認

    5. — 自動プロビジョニングを行うためには、ここに名前を入力する必要があります。詳細については、「自動プロビジョニング」を参照してください。

    6. — 自動プロビジョニングを行うためには、ここに名前を入力する必要があります。

    7. 表示名

      注記

      (オプション) 該当する場合は、ユーザーの Microsoft 365 不変 ID などの追加属性の値を指定して、ユーザーに特定のビジネスアプリケーションへのシングルサインオンアクセスを提供できます。

  4. [次へ] を選択します。

  5. 該当する場合は、ユーザーを追加するグループを 1 つ以上選択し、[次へ] を選択します。

  6. ステップ 1: ユーザーの詳細を指定する」と「ステップ 2: ユーザーをグループに追加 (オプション)」で指定した情報を確認します。いずれかのステップで [編集] を選択し、変更を加えます。両方のステップで正しい情報が指定されていることを確認したら、[ユーザーを追加] を選択します。