ステップ 1: IAM Identity Center を有効にする - AWS IAM Identity Center (successor to AWS Single Sign-On)

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 1: IAM Identity Center を有効にする

次の手順を実行するには、AWS アカウント rootAWS Management Console ユーザーとしてにログインします。ルートユーザーの認証情報を引き続き使用する場合、続行する前に、ルートユーザーの多要素認証 (MFA) が有効になっていることを確認してください。詳細については、『AWSアカウント管理リファレンスガイド』の「AWS アカウントroot ユーザーで MFA を有効にする」を参照してください

IAM Identity Center を有効にするには
  1. AWS アカウントroot ユーザーの認証情報を使用してにログインします。AWS Management Console詳細については、ルートユーザーとして登録を参照してください

  2. IAM ID センターコンソールを開きます

  3. [IAM ID センターを有効にする] で、[有効にする] を選択します。

  4. IAM Identity Center にはが必要ですAWS Organizations。まだ組織を設定していない場合は、AWS自分で組織を作成してもらうかどうかを選択する必要があります。このプロセスを完了するには、[Create organization] (AWS組織の作成) を選択します。

    AWS Organizations管理アカウントに関連付けられたアドレスに検証メールが自動的に送信されます。検証 E メールの受信には時間がかかる場合があります。24 時間以内に E メールアドレスを検証します。

注記

マルチアカウント環境を使用している場合は、委任管理を設定することをお勧めします。委任管理では、の管理アカウントへのアクセスを必要とするユーザー数を制限できますAWS Organizations。詳細については、「委任された管理」を参照してください。