ID ソースを管理する - AWS IAM Identity Center (successor to AWS Single Sign-On)

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ID ソースを管理する

IAM の ID ソースは、ユーザーやグループがどこで管理されているかを定義します。設定が完了すると、ストアでユーザーまたはグループを検索して、AWS アカウント、クラウドアプリケーション、またはその両方への Single Sign-On アクセスを付与することができます。

ID ソースは AWS 組織あたり 1 つのみ持つことができます。ID ソースとして以下のいずれかを選択できます。

  • IAM アイデンティティセンター ID ストア —IAM センターを初めて有効にすると、デフォルトの ID ソースとして IAM の ID センターの ID センターの ID センターの ID センターの ID センターの ID センターの ID センターの ID センターが自動的に設定されます。ここでは、ユーザーとグループを作成し、アクセスレベルをAWS アカウントとアプリケーション。

  • Active ディレクトリ —セルフマネージドアクティブディレクトリ (AD) または Active Directory (AD) またはAWS Managed Microsoft ADディレクトリ使用AWS Directory Service。

  • 外部 ID プロバイダー Okta や Azure アクティブディレクトリなどの外部 ID プロバイダー (IdP) でユーザーを管理したい場合は、このオプションを選択します。

注記

IAM の ID センターは、SAMBA4 ベースの Simple AD をとしてサポートしていませんアイデンティティソース。