認証システムアプリケーション - AWS IAM Identity Center (successor to AWS Single Sign-On)

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

認証システムアプリケーション

認証アプリケーションは、基本的にワンタイムパスワード (OTP) ベースのサードパーティー認証機能を備えています。ユーザーは、モバイルデバイスやタブレットにインストールされた認証アプリケーションを、許可された MFA デバイスとして使用することができます。サードパーティー認証アプリケーションは、6 桁の認証コードを生成できる標準ベースの TOTP (タイムベースワンタイムパスワード) アルゴリズムである RFC 6238 に準拠している必要があります。

MFA を求めるプロンプトが表示されたら、ユーザーは認証アプリケーションから有効なコードを入力ボックスに入力する必要があります。ユーザーに割り当てられた各 MFA デバイスは一意であることが必要です。1 人の ユーザーに対して 2 つの認証アプリケーションを登録することができます。

テスト済みの認証アプリケーション

TOTP に準拠したアプリケーションであれば、IAM Identity Center MFA で動作しますが、次の表は、よく知られたサードパーティーの認証アプリケーションを選択するためのリストです。