メニュー
Amazon Simple Notification Service
開発者ガイド (API バージョン 2010-03-31)

トピックへの発行

発行者がメッセージをトピックに送信します。新しいメッセージが発行されると、Amazon SNS はそのメッセージをトピックにサブスクライブされているすべてのエンドポイントに配信しようとします。このセクションでは、前のタスクで定義した E メールアドレスにメッセージを発行します。

トピックに発行するには

  1. https://console.aws.amazon.com/sns/v2/home にある Amazon SNS コンソールを開きます。

    左のナビゲーションペインで、[Topics] をクリックし、発行先のトピックを選択します。

  2. [Publish to topic] ボタンをクリックします。

    [Publish a Message] ページが表示されます。

  3. [Subject] ボックスにメッセージの件名を入力します。

  4. [Message] ボックスに短いメッセージを入力します。

  5. [Publish Message] をクリックします。

    確認のダイアログボックスが表示されます。

これで、E メールアプリケーションを使用して、AWS 通知からのメッセージを開き、メッセージを読めるようになりました。

プロトコルごとに異なるメッセージを作成する

メッセージフォーマットサポートを使用して、送信するメッセージをプロトコルごとにカスタマイズすることができます。たとえば、E メールと SMS サブスクライバーに送る通知を、各クライアントタイプに合わせて設計できます。SMS ユーザーは短いメッセージを受信できますが、E メールユーザーは、より長い、詳細なメッセージを受信できます。

メッセージをフォーマットしてトピックに発行するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインした後、Amazon SNS コンソール (https://console.aws.amazon.com/sns/v2/home) を開きます。

  2. 左のナビゲーションペインで、[Topics] をクリックし、トピックを選択します。

  3. [Publish to topic] ボタンをクリックします。

    [Publish a message] ページが表示されます。

  4. [JSON Message Generator] ボタンをクリックします。

  5. [Message] ボックスに短いメッセージを入力します。

  6. この例では、[Target Platforms] で [email] および [sms] を選択します。

  7. [Generate JSON] ボタンをクリックします。

    各クライアントタイプに合わせて、メッセージテキストを変更できるようになりました。

    SMS メッセージには、最大で 160 個の ASCII (または 70 個の Unicode) 文字を含めることができます。 メッセージがこの長さを超える場合、Amazon SNS はそれを複数のメッセージとして送信し、それぞれが文字数の制限以内に収められます。 メッセージは単語の途中ではなく、全単語の境界で切り離されます。

    E メールメッセージのサイズは最大 256 KB まで可能です。

    以下の例では、デフォルト、E メール、SMS プロトコル用にメッセージを指定します。

    { "default": "Message body text here.", "email": "Message body text here.", "sms": "Message body text here." }
  8. [Publish message] をクリックします。

    確認のダイアログボックスが表示されます。