Amazon SNS による SMS メッセージングの専用ショートコードをリクエストする - Amazon Simple Notification Service

Amazon SNS による SMS メッセージングの専用ショートコードをリクエストする

ショートコードは、大量の SMS メッセージの送信に使用できる数字です。ショートコードは、application-to-person (A2P) メッセージング、2 要素認証 (2FA)、マーケティング用に頻繁に使用されます。通常、ショートコードには、拠点とする国またはリージョンに応じて 3~7 桁の数字が含まれます。

ショートコードは、ショートコードが拠点とする同じ国での受信者へのメッセージの送信にのみ使用できます。ユースケースで複数の国のショートコードを使用する必要がある場合、受信者が居住する国ごとに個別のショートコードをリクエストする必要があります。

ショートコードの料金については、「Amazon SNS 料金表」を参照してください。

重要

Amazon SNS で SMS メッセージングを初めて使用する場合、予想される SMS ユースケース需要を満たす毎月の SMS 利用額しきい値をリクエストしてください。デフォルトでは、毎月の利用額しきい値は 1.00 USD です。ショートコードのリクエストが含まれているのと同じサポートケースで、利用額しきい値の増額をリクエストできます。または、別のケースを使用することもできます。詳細については、「Amazon SNS の毎月の SMS 使用クォータの引き上げをリクエストする」を参照してください。

さらに、保護された健康情報 (PHI) が含まれるメッセージを送信するための専用のショートコードをリクエストする場合は、以下に説明するように、サポートケースを開くときに [ケースの説明] でこの目的を明示する必要があります。

ステップ 1: サポートケースを開く

以下のステップを実行して、AWS Support でケースを開きます。

専用のショートコードをリクエストするには

  1. AWS サポートセンターに移動します。

  2. [ケースの作成] を選択します。

  3. [内容] で、[サービスの上限の引き上げ] を選択します。

  4. [制限タイプ] で、[SNS テキストメッセージング] を選択します。

  5. [リソースタイプ] で、[専用 SMS ショートコード] を選択します。

  6. [制限] で、お客様のユースケースに最も近いオプションを選択します。

  7. [新しい制限値] で、いくつショートコードを予約するか指定します (通常この値は 1 です)。

  8. [ユースケースの説明] で、ユースケースの概要を記入し、受信者がショートコードで送信されるメッセージにどのように登録するか説明します。

    会社情報:

    • 会社名。

    • 会社の郵送先住所。

    • リクエストの主な連絡先の名前と電話番号。

    • 会社におけるサポートの E メールアドレスとフリーダイヤルの番号。

    • 会社の税 ID。

    • 製品またはサービスの名称。

    ユーザーのサインアッププロセス:

    • 会社のウェブサイト、または顧客がショートコードからメッセージを受信するためにサインアップするウェブサイト。

    • ユーザーがショートコードからメッセージを受信するためにサインアップする方法。以下のうち 1 つ以上を指定します。

      • Text messages.

      • Website.

      • Mobile app.

      • Other。その他の場合は、ご説明ください。

    • ウェブサイト、アプリ、または他の場所でメッセージにサインアップするためのオプションのテキスト。

    • 二重オプトインに使用する予定の一連のメッセージ。次のすべての情報を入力します。

      1. ユーザーがサインアップしたときに送信する予定の SMS メッセージ このメッセージは、定期的なメッセージに対するユーザーの同意を求めます。次に例を示します。ExampleCorp: アカウントトランザクションアラートを受け取るには、YES と返信してください。メッセージ&データレートが適用される場合があります。

      2. ユーザーに求めるオプトインレスポンス。これは、通常 YES などのキーワードです。

      3. 顧客がこのキーワードをショートコードに送信したときに送信する確認メッセージ。次に例を示します。ExampleCorp からのアカウントアラートに登録されました。メッセージ&データレートが適用される場合があります。キャンセルするには STOP、詳細を参照するには HELP と送信してください。

    メッセージの目的:

    • ショートコードを使用して送信する予定のメッセージの目的。以下のいずれかのオプションを指定します。

      • Promotions and marketing.

      • Location-based services.

      • Notifications.

      • Information on demand.

      • Group chat.

      • Two-factor authentication (2FA).

      • Polling and surveys.

      • Sweepstakes or contests.

      • Other。その他の場合は、ご説明ください。

    • 自身のビジネス以外のビジネスのプロモーションまたはマーケティングメッセージの送信にショートコードを使用する予定があるかどうか。

    • 医療保険の携行性と責任に関する法律 (HIPAA) および関連する法規で定義されているように、保護された健康情報 (PHI) を含むメッセージの送信にショートコードを使用するかどうか。

    メッセージの内容:

    • 顧客が特定のキーワードを送信してメッセージにオプトインする際に送信する予定のメッセージです。このキーワードやメッセージを指定する場合はご注意ください。このメッセージを変更するのに数週間かかることがあります。ショートコードを作成する場合、キーワードやメッセージは、ショートコードを使用している国の携帯電話キャリアで登録されます。メッセージは、次の例のように表示されます。ProductName アラートにようこそ。メッセージ & データレートが適用されます。2 メッセージ/月。ヘルプが必要な場合は HELP、キャンセルの場合は STOP と返信してください。

    • 顧客がキーワード HELP でメッセージに応答したときに送信する応答。このメッセージには、カスタマーサポートのお問い合わせ先情報を含める必要があります。次に例を示します。ProductName アラート: ヘルプについては example.com/help を参照するか、(800) 555-0199 までお問い合わせください。メッセージ & データレートが適用されます。2 メッセージ/月。キャンセルするには STOP と返信してください。

    • 顧客がキーワード STOP でメッセージに応答したときに送信する応答。このメッセージは、ユーザーが今後メッセージを受信しないことを確認する必要があります。次に例を示します。ProductName アラートよりサブスクリプション解除されます。今後メッセージは送信されません。ヘルプが必要な場合は HELP と返信するか、(800) 555-0199 までお問い合わせください。

    • ユーザーがメッセージにサブスクライブしていることの定期的なアラームとして送信する予定のテキスト。次に例を示します。リマインダー: ExampleCorp からのアカウントアラートにサブスクライブしています。メッセージ&データレートが適用される場合があります。キャンセルするには STOP、詳細を参照するには HELP と送信してください。

    • ショートコードを使用して送信する予定のメッセージの各タイプの例。少なくとも 3 つ以上の例を入力します。3 つ以上のタイプのメッセージを送信する場合は、すべての例を入力します。

    重要

    モバイルキャリアでは、ショートコードをプロビジョニングするために上記のすべての情報を入力する必要があります。これらのすべての情報を入力するまで AWS はリクエストを処理できません。

  9. [連絡先オプション] の [優先される問い合わせ言語] で、このケースに関する連絡を [英語] で受け取るか [日本語] で受け取るを選択します。

  10. 完了したら、[送信] を選択します。

リクエストの受信後、24 時間以内に最初の応答を提供します。追加の情報をご依頼することがあります。ショートコードを提供できる場合は、リクエストで指定した国またはリージョンのショートコードの取得に関連付けられている利用料金に関する情報が送信されます。また、国またはリージョンのショートコードのプロビジョニングに必要な時間の見積もりも提供されます。ショートコードのプロビジョニングは、通常数週間かかりますが、ショートコードが拠点とする国またはリージョンに応じてこの所要時間がかなり短縮されたり、さらに時間がかかったりする可能性があります。

注記

ショートコードの使用に関連する料金は、AWS がお客様のショートコードのリクエストを通信事業者に対して開始した直後から発生します。ショートコードのプロビジョニングがまだ完了していない場合でも、これらの料金を支払う責任はお客様にあります。

迷惑なコンテンツや悪意のあるコンテンツを送信するためにシステムが悪用されないように、各リクエストを慎重に検討する必要があります。お客様のユースケースが AWS のポリシーと一致しない場合は、リクエストを承認できない場合があります。

次のステップ

携帯電話キャリアにショートコードを登録し、Amazon SNS コンソールで設定を確認しました。これで、Amazon SNS を使用し、発信元番号としてショートコードを使用して SMS メッセージを送信できるようになりました。