SPEKE API 仕様 - Secure Packager および Encoder Key Exchange API の仕様

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

SPEKE API 仕様

これは、Secure Packager and Encoder Key Exchange (SPEKE) の REST API 仕様です。この仕様を使用して、暗号化を使用するお客様に DRM 著作権保護を提供します。

動画ストリーミングワークフローでは、暗号化エンジンは DRM プラットフォームキープロバイダーと通信してコンテンツキーをリクエストします。これらのキーは非常に機密性が高いため、キープロバイダーと暗号化エンジンが安全性と信頼性の高い通信チャネルを確立することが重要です。ドキュメント内のコンテンツキーを暗号化して、 end-to-end より安全に暗号化することもできます。

この仕様では、次の目標に対応しています。

  • コンテンツの暗号化が必要な場合に、DRM ベンダーとお客様がエンクリプタと統合するために使用できる、シンプルで信頼性が高く、安全性の高いインターフェイスを定義します。

  • VOD やライブワークフローを扱い、エンクリプタと DRM キープロバイダーのエンドポイント間において堅牢で安全性の高い通信に必要なエラー条件と認証メカニズムについて説明します。

  • HLS、MSS、および DASH パッケージと、それらによく使われる DRM システム ( FairPlay、 PlayReady、および WideVine/CENC) のサポートを含みます。

  • 今後の DRM システムをサポートするために、仕様はシンプルかつ拡張可能なものにします。

  • シンプルな REST API を使用します。

注記

Copyright 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.

ドキュメントは、クリエイティブコモンズ表示-ShareAlike 4.0 国際ライセンスで入手できます。

ここに記載される資料は「現状有姿」で提供され、明示または黙示を問わず、商品性、特定目的への適合性、非侵害性の保証を含むいかなる種類の保証も伴いません。本資料の使用またはその他の取り扱いによって、あるいはこれに関連して生じたいかなる要求、損害、またはその他の法的責任については、契約や不法行為などのいかなる場合においても、本資料の著者または著作権所有者はその責任を負いません。