Step Functions Local (ダウンロード可能バージョン) のセットアップ-Java バージョン - AWS Step Functions

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Step Functions Local (ダウンロード可能バージョン) のセットアップ-Java バージョン

のダウンロード可能なバージョンAWS Step Functionsは、実行可能なファイルとして提供されます。瓶ファイルとDocker イメージとして。Java アプリケーションは、Windows、Linux、macOS、および Java をサポートする他のプラットフォームで動作します。Java に加えて、AWS Command Line Interface (AWS CLI) のインストールも必要です。AWS CLIのインストールおよび設定情報については、AWS Command Line Interface ユーザーガイドを参照してください。

コンピュータで Step Functions をセットアップして実行するには

  1. 次のリンクを使用して Step Functions をダウンロードします。

    ダウンロードリンク チェックサム
    .tar.gz .tar.gz.md5
    .zip .zip.md5
  2. .zip ファイルを抽出します。

  3. ダウンロードをテストし、バージョン情報を表示します。

    $ java -jar StepFunctionsLocal.jar -v Step Function Local Version: 1.0.0 Build: 2019-01-21
  4. (オプション) 使用可能なコマンドのリストを表示します。

    $ java -jar StepFunctionsLocal.jar -h
  5. コンピューターで Step Functions を起動するには、コマンドプロンプトを開きます。で、展開したディレクトリに移動します。StepFunctionsLocal.jarをクリックし、以下のコマンドを入力します。

    java -jar StepFunctionsLocal.jar
  6. ローカルで実行中の Step Functions にアクセスするには、--endpoint-url パラメータを使用します。たとえば、で以下のように指定します。AWS CLIで Step Functions コマンドを次のように指定します。:

    aws stepfunctions --endpoint-url http://localhost:8083 command
注記

デフォルトでは、Step Functions ローカルでは、ローカルテストアカウントと認証情報、およびAWSリージョンは、米国東部 (バージニア北部) に設定されています。AWS Lambda と共に Step Functions Local を使用またはその他のサポートされているサービスで使用するには、認証情報とリージョンを設定する必要があります。

Express ワークフローを Step Functions Local で使用すると、実行履歴はログファイルに保存されます。。それはそうだログに記録されていないCloudWatchログ。ログファイルのパスは、CloudWatchローカルステートマシンの作成時に指定されたロググループ ARN。ログファイルは、Step Functions Local を実行しているロケーションに相対的な /aws/states/log-group-name/${execution_arn}.log に保存されます。例えば、実行 ARN が以下であるとします。

arn:aws:states:us-east-1:123456789012:express:test:example-ExpressLogGroup-wJalrXUtnFEMI

ログファイルは以下のようになります。

aws/states/log-group-name/arn:aws:states:us-east-1:123456789012:express:test:example-ExpressLogGroup-wJalrXUtnFEMI.log