の開始方法の前提条件 AWS Step Functions - AWS Step Functions

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

の開始方法の前提条件 AWS Step Functions

AWS Step Functions を初めて開始する前に、このページに記載されている前提条件を完了してください。

ステップ 1: AWS アカウント と IAM ユーザーにサインアップする

AWS サービスにアクセスするには、まず を作成する必要がありますAWS アカウント。を使用して AWS アカウント 、アクティビティと使用状況レポートを表示したり、認証とアクセスを管理したりできます。使用した製品やサービスに対してのみ課金され、 AWS の使用を無料で開始できます。詳細については、AWS 無料利用枠を参照してください。

Step Functions アクション AWS アカウントのルートユーザー に を使用しないようにするには、Step Functions への管理アクセスを必要とするユーザーごとに IAM ユーザーを作成することがベストプラクティスです。

AWS アカウントを既にお持ちの場合は、次の前提条件に進んでください。

にサインアップする AWS アカウント

がない場合は AWS アカウント、次の手順を実行して作成します。

にサインアップするには AWS アカウント
  1. https://portal.aws.amazon.com/billing/signup を開きます。

  2. オンラインの手順に従います。

    サインアップ手順の一環として、通話呼び出しを受け取り、電話キーパッドで検証コードを入力するように求められます。

    にサインアップすると AWS アカウント、 AWS アカウントのルートユーザーが作成されます。ルートユーザーには、アカウントのすべての AWS のサービス とリソースへのアクセス権があります。セキュリティのベストプラクティスとして、ユーザーに管理アクセスを割り当て、ルートユーザーのみを使用してルートユーザーアクセスが必要なタスクを実行してください。

AWS サインアッププロセスが完了すると、 から確認メールが送信されます。https://aws.amazon.com/[マイアカウント] を選んで、いつでもアカウントの現在のアクティビティを表示し、アカウントを管理できます。

管理アクセスを持つユーザーを作成する

にサインアップしたら AWS アカウント、 を保護し AWS アカウントのルートユーザー、 を有効にして AWS IAM Identity Center、日常的なタスクにルートユーザーを使用しないように管理ユーザーを作成します。

のセキュリティ保護 AWS アカウントのルートユーザー
  1. ルートユーザーを選択し、 AWS アカウント E メールアドレスを入力して、アカウント所有者AWS Management Consoleとして にサインインします。次のページでパスワードを入力します。

    ルートユーザーを使用してサインインする方法については、AWS サインイン ユーザーガイドの「ルートユーザーとしてサインインする」を参照してください。

  2. ルートユーザーの多要素認証 (MFA) を有効にします。

    手順については、「IAM ユーザーガイド」の AWS アカウント 「ルートユーザーの仮想 MFA デバイスを有効にする (コンソール)」を参照してください。

管理アクセスを持つユーザーを作成する
  1. IAM アイデンティティセンターを有効にします。

    手順については、「AWS IAM Identity Center ユーザーガイド」の「AWS IAM Identity Centerの有効化」を参照してください。

  2. IAM アイデンティティセンターで、ユーザーに管理アクセスを付与します。

    を ID ソース IAM アイデンティティセンターディレクトリ として使用する方法のチュートリアルについては、「 ユーザーガイド」の「デフォルト でユーザーアクセスを設定する IAM アイデンティティセンターディレクトリAWS IAM Identity Center 」を参照してください。

管理アクセス権を持つユーザーとしてサインインする
  • IAM アイデンティティセンターのユーザーとしてサインインするには、IAM アイデンティティセンターのユーザーの作成時に E メールアドレスに送信されたサインイン URL を使用します。

    IAM Identity Center ユーザーを使用してサインインする方法については、「 AWS サインイン ユーザーガイド」の AWS 「 アクセスポータルにサインインする」を参照してください。

追加のユーザーにアクセス権を割り当てる
  1. IAM アイデンティティセンターで、最小特権のアクセス許可を適用するというベストプラクティスに従ったアクセス許可セットを作成します。

    手順については、「AWS IAM Identity Center ユーザーガイド」の「権限設定を作成する」を参照してください。

  2. グループにユーザーを割り当て、そのグループにシングルサインオンアクセス権を割り当てます。

    手順については、「AWS IAM Identity Center ユーザーガイド」の「グループの参加」を参照してください。

ステップ 2: プログラム的なアクセス権を付与する

ユーザーが の AWS 外部で を操作する場合は、プログラムによるアクセスが必要です AWS Management Console。プログラムによるアクセスを許可する方法は、 にアクセスするユーザーのタイプによって異なります AWS。

ユーザーにプログラマチックアクセス権を付与するには、以下のいずれかのオプションを選択します。

プログラマチックアクセス権を必要とするユーザー 目的 方法

ワークフォースアイデンティティ

(IAM Identity Center で管理されているユーザー)

一時的な認証情報を使用して、、 AWS SDKs AWS CLI、または AWS APIs。

使用するインターフェイス用の手引きに従ってください。

IAM 一時的な認証情報を使用して、、 AWS SDKs AWS CLI、または AWS APIs。 「IAM ユーザーガイド」の「 AWS リソースでの一時的な認証情報の使用」の手順に従います。
IAM

(非推奨)

長期認証情報を使用して、、 AWS SDKs AWS CLI、または AWS APIs。

使用するインターフェイス用の手引きに従ってください。