「テープゲートウェイユーザーガイド」のドキュメント履歴 - AWS Storage Gateway

Amazon S3 File Gateway のドキュメントは、「What is Amazon S3 File Gateway?」に移動しました。

Amazon FSx File Gateway のドキュメントは、「What is Amazon FSx File Gateway?」に移動しました。

ボリュームゲートウェイのドキュメントは、「What is Volume Gateway?」に移動しました。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

テープゲートウェイユーザーガイド」のドキュメント履歴

  • API バージョン: 2013-06-30

  • ドキュメントの最新更新日: 2020 年 11 月 24 日

次の表に、2018 年 4 月以降の AWS Storage Gateway ユーザーガイドの各リリースにおける重要な変更点を示します。このドキュメントの更新に関する通知を受け取るには、RSS フィードにサブスクライブできます。

変更説明日付

Snowball Edge でのテープゲートウェイのサポートの廃止

Snowball Edge デバイスでテープゲートウェイをホストすることはできなくなりました。

2024 年 3 月 14 日

サードパーティ製アプリケーションを使用してゲートウェイの設定をテストする手順を更新

サードパーティ製アプリケーションを使用してゲートウェイの設定をテストする手順で、バックアップジョブの進行中にゲートウェイが再起動した場合に想定される動作についての説明が追記されました。詳細については、「バックアップソフトウェアを使用してゲートウェイのセットアップをテストする」を参照してください。

2023 年 10 月 24 日

推奨 CloudWatch アラームの更新

アラームが CloudWatch HealthNotificationsに適用され、すべてのゲートウェイタイプとホストプラットフォームに推奨されます。HealthNotifications および AvailabilityNotifications の推奨構成設定も更新されました。詳細については、「アラームについて CloudWatch 」を参照してください。

2023 年 10 月 2 日

テープゲートウェイの最大テープ容量が 15 TiB に増加

テープゲートウェイについては、仮想テープの最大容量が 5 TiB から 15 TiB に増加しました。詳細については、Storage Gateway ユーザーガイドの「Quotas for Tapes」を参照してください。

2022 年 10 月 4 日

テープゲートウェイとボリュームゲートウェイのユーザーガイドを分離

以前は「Storage Gateway ユーザーガイド」にテープゲートウェイとボリュームゲートウェイの両方のタイプの情報を記載していましたが、「テープゲートウェイユーザーガイド」と「ボリュームゲートウェイユーザーガイド」に分割し、それぞれに該当タイプのゲートウェイに関する情報のみを記載するようにしました。詳細については、「テープゲートウェイユーザーガイド」と「ボリュームゲートウェイユーザーガイド」を参照してください。

2022 年 3 月 23 日

ゲートウェイの作成手順を更新

Storage Gateway コンソールを使用してゲートウェイを作成する手順が、すべてのゲートウェイタイプについて更新されました。詳細については、「ゲートウェイを作成する」を参照してください。

2022 年 1 月 18 日

テープのインターフェイスが新しくなりました

AWS Storage Gateway コンソールのテープの概要ページが、新しい検索およびフィルタリング機能で更新されました。新機能について説明するため、このガイドに記載されている関連するすべての手順が更新されました。詳細については、「Managing Your Tape Gateway」を参照してください。

2021 年 9 月 23 日

テープゲートウェイの Quest NetVault Backup 13 のサポート

テープゲートウェイは、Microsoft Windows Server 2012 R2 または Microsoft Windows Server 2016 で実行されている Quest NetVault Backup 13 をサポートするようになりました。詳細については、「Quest NetVault Backup を使用したセットアップのテスト」を参照してください。

2021 年 8 月 22 日

テープゲートウェイおよびボリュームゲートウェイのガイドから S3 ファイルゲートウェイのトピックが削除されました

テープゲートウェイおよびボリュームゲートウェイのユーザーガイドでは、ゲートウェイの種類を個別に設定するお客様にとってわかりやすくなるよう、不要なトピックがいくつか削除されました。

2021 年 7 月 21 日

テープゲートウェイによる Windows および Linux での IBM Spectrum Protect 8.1.10 のサポート

テープゲートウェイが、Microsoft Windows Server および Linux で実行されている IBM Spectrum Protect バージョン 8.1.10 をサポートするようになりました。詳細については、「Testing Your Setup by Using IBM Spectrum Protect」を参照してください。

2020 年 11 月 24 日

FedRAMP コンプライアンス

Storage Gateway が FedRAMP に準拠するようになりました。詳細については、「Compliance validation for Storage Gateway」を参照してください。

2020 年 11 月 24 日

スケジュールベースの帯域幅のスロットリング

Storage Gateway のテープゲートウェイとボリュームゲートウェイで、スケジュールベースの帯域幅のスロットリングがサポートされるようになりました。詳細については、「Storage Gateway コンソールを使用した帯域幅スロットリングのスケジューリング」を参照してください。

2020 年 11 月 9 日

キャッシュ型ボリュームおよびテープゲートウェイのローカルキャッシュストレージが 4 倍増加

Storage Gateway のキャッシュ型ボリュームおよびテープゲートウェイで、最大 64 TB のローカルキャッシュがサポートされるようになりました。より大きな作業データセットへの低レイテンシーアクセスが実現するため、オンプレミスアプリケーションのパフォーマンスが向上します。詳細については、「ゲートウェイのローカルディスクの推奨サイズ」を参照してください。

2020 年 11 月 9 日

ゲートウェイの移行

Storage Gateway で、キャッシュ型のボリュームゲートウェイを新しい仮想マシンに移行できるようになりました。詳細については、「Moving Cached Volumes to a New Cached Volume Gateway Virtual Machine」を参照してください。

2020 年 9 月 10 日

テープ保持ロックと write-once-read-many (WORM) テープ保護のサポート

Storage Gateway で、仮想テープでのテープ保持ロックおよび write once read many (WORM) がサポートされるようになりました。テープ保持ロックを使用すると、アーカイブされた仮想テープの保持モードと期間を指定できます。これにより、一定期間 (最大 100 年間)、削除されるのを防ぐことができます。これには、テープの削除や保存設定の変更が可能なユーザーに関するアクセス許可のコントロールが含まれます。詳細については、「Using Tape Retention Lock」を参照してください。WORM を有効にした仮想テープでは、仮想テープライブラリ内のアクティブなテープのデータに対する上書きや消去を防止できます。詳細については、「Write Once, Read Many (WORM) Tape Protection」を参照してください。

2020 年 8 月 19 日

コンソールを使用したハードウェアアプライアンスの注文

AWS Storage Gateway コンソールからハードウェアアプライアンスを注文できるようになりました。詳細については、「Storage Gateway ハードウェアアプライアンスの使用」を参照してください。

2020 年 8 月 12 日

新しい AWS リージョンでの連邦情報処理規格 (FIPS) エンドポイントのサポート

米国東部 (オハイオ)、米国西部 (バージニア北部)、米国西部 (北カリフォルニア)、米国西部 (オレゴン)、およびカナダ (中部) の各リージョンで FIPS エンドポイントを使用してゲートウェイをアクティブ化できるようになりました。詳細については、「AWS 全般のリファレンス」の「AWS Storage Gateway エンドポイントとクォータ」を参照してください。

2020 年 7 月 31 日

ゲートウェイの移行

Storage Gateway で、テープおよび保管型のボリュームゲートウェイを新しい仮想マシンに移行できるようになりました。詳細については、「新しいゲートウェイへのデータの移動」を参照してください。

2020 年 7 月 31 日

Storage Gateway コンソールで Amazon CloudWatch アラームを表示する

Storage Gateway コンソールで CloudWatch アラームを表示できるようになりました。詳細については、「アラームについて CloudWatch 」を参照してください。

2020 年 5 月 29 日

連邦情報処理規格 (FIPS) エンドポイントのサポート

AWS GovCloud (US) リージョンで FIPS エンドポイントを持つゲートウェイをアクティブ化できるようになりました。ボリュームゲートウェイの FIPS エンドポイントを選択するには、「サービスエンドポイントの選択」を参照してください。テープゲートウェイの FIPS エンドポイントを選択するには、「テープゲートウェイを AWSに接続する」を参照してください。

2020 年 5 月 22 日

新しい AWS リージョン

Storage Gateway がアフリカ (ケープタウン) および欧州 (ミラノ) リージョンで利用できるようになりました。詳細については、「AWS 全般のリファレンス」の「AWS Storage Gateway エンドポイントとクォータ」を参照してください。

2020 年 5 月 7 日

S3 Intelligent-Tiering ストレージクラスのサポート

Storage Gateway で S3 Intelligent-Tiering ストレージクラスがサポートされるようになりました。S3 Intelligent-Tiering ストレージクラスは、パフォーマンスの低下や、オペレーション上のオーバーヘッドを発生させることなく、最もコスト効率の高いストレージアクセス階層に自動的にデータを移動することで、ストレージコストを最小限に抑えます。詳細については、Amazon Simple Storage Service ユーザーガイドで「アクセスパターンが変化する、またはアクセスパターンが不明なデータを、自動的に最適化するためのストレージクラス」を参照してください。

2020 年 4 月 30 日

テープゲートウェイの書き込みおよび読み取りパフォーマンスが 2 倍に向上

Storage Gateway のテープゲートウェイの仮想テープ間で、書き込みおよび読み取りパフォーマンスが 2 倍向上しました。バックアップや復元に要する時間が短縮されます。詳細については、Storage Gateway ユーザーガイドの「Performance Guidance for Tape Gateways」を参照してください。

2020 年 4 月 23 日

自動テープ作成のサポート

Storage Gateway で、新しい仮想テープを自動的に作成できるようになりました。テープゲートウェイは、設定された最小数のテープを利用可能な状態に維持するために、自動的に新しい仮想テープを作成し、これらの新しいテープをバックアップアプリケーションでインポートできるようにします。このため、バックアップジョブを中断なく実行できるようになります。詳細については、Storage Gateway ユーザーガイドの「Creating Tapes Automatically」を参照してください。

2020 年 4 月 23 日

新しい AWS リージョン

Storage Gateway が AWS GovCloud (米国東部) リージョンで利用可能になりました。詳細については、「AWS 全般のリファレンス」の「AWS Storage Gateway エンドポイントとクォータ」を参照してください。

2020 年 3 月 12 日

Linux カーネルベース仮想マシン (KVM) ハイパーバイザーのサポート

Storage Gateway で、KVM 仮想プラットフォームにオンプレミスゲートウェイをデプロイできるようになりました。KVM にデプロイされたゲートウェイは、既存のオンプレミスのゲートウェイと同じ機能と特徴をすべて備えています。詳細については、Storage Gateway ユーザーガイドの「Supported Hypervisors and Host Requirements」を参照してください。

2020 年 2 月 4 日

VMware vSphere High Availability のサポート

Storage Gateway で、VMware 上での高可用性がサポートされるようになりました。これは、ハードウェア、ハイパーバイザー、またはネットワーク障害からストレージワークロードを保護するのに役立ちます。詳細については、Storage Gateway ユーザーガイドの「Using VMware vSphere High Availability with Storage Gateway」を参照してください。このリリースでは、パフォーマンス向上も行われています。詳細については、Storage Gateway ユーザーガイドの「Performance」を参照してください。

2019 年 11 月 20 日

テープゲートウェイの新しい AWS リージョン

テープゲートウェイが南米 (サンパウロ) リージョンで利用可能になりました。詳細については、「AWS 全般のリファレンス」の「AWS Storage Gateway エンドポイントとクォータ」を参照してください。

2019 年 9 月 24 日

Linux が IBM Spectrum Protect バージョン 7.1.9 をサポート、テープゲートウェイの最大テープ容量が 5 TiB に増加

テープゲートウェイが Microsoft Windows 用だけでなく Linux 用の IBM Spectrum Protect (Tivoli Storage Manager) バージョン 7.1.9 もサポートするようになりました。詳細については、Storage Gateway ユーザーガイドの「Testing Your Setup by Using IBM Spectrum Protect」を参照してください。また、テープゲートウェイで仮想テープの最大容量が 2.5 TiB から 5 TiB に増加しました。詳細については、Storage Gateway ユーザーガイドの「Quotas for Tapes」を参照してください。

2019 年 9 月 10 日

Amazon CloudWatch Logs のサポート

Amazon CloudWatch Log Groups でファイルゲートウェイを設定して、ゲートウェイとそのリソースのエラーと正常性に関する通知を受け取ることができるようになりました。詳細については、Storage Gateway ユーザーガイドの「Amazon CloudWatch ロググループによるゲートウェイのヘルスとエラーに関する通知の取得」を参照してください。 Storage Gateway

2019 年 9 月 4 日

新しい AWS リージョン

Storage Gateway が、アジアパシフィック (香港) リージョンで利用できるようになりました。詳細については、「AWS 全般のリファレンス」の「AWS Storage Gateway エンドポイントとクォータ」を参照してください。

2019 年 8 月 14 日

新しい AWS リージョン

Storage Gateway が、中東 (バーレーン) リージョンで利用できるようになりました。詳細については、「AWS 全般のリファレンス」の「AWS Storage Gateway エンドポイントとクォータ」を参照してください。

2019 年 7 月 29 日

仮想プライベートクラウド (VPC) でゲートウェイをアクティブ化するためのサポート

VPC でゲートウェイをアクティベートできるようになりました。オンプレミスのソフトウェアアプライアンスとクラウドベースのストレージインフラストラクチャの間にプライベート接続を作成することができます。詳細については、「仮想プライベートクラウドでゲートウェイをアクティブ化する」を参照してください。

2019年6月20日

S3 Glacier Flexible Retrieval から S3 Glacier Deep Archive への仮想テープの移行に対応

コストの効率化と長期間のデータ保管用に、S3 Glacier Flexible Retrieval ストレージクラスにアーカイブされている仮想テープを S3 Glacier Deep Archive ストレージクラスに移動できるようになりました。詳細については、「S3 Glacier Flexible Retrieval から S3 Glacier Deep Archive へのテープの移動」を参照してください。

2019 年 5 月 28 日

SMB ファイル共有の Microsoft Windows ACL SMB サポート

ファイルゲートウェイの場合、Microsoft Windows アクセスコントロールリスト (ACL) を使用して、サーバーメッセージブロック (SMB) ファイル共有へのアクセスを制御できるようになりました。詳細については、「Microsoft Windows ACL を使用して、SMB ファイル共有へのアクセスを制御する」を参照してください。

2019 年 5 月 8 日

S3 Glacier Deep Archive との統合

テープゲートウェイは S3 Glacier Deep Archive と統合できます。S3 Glacier Deep Archive で仮想テープを長期データ保持用にアーカイブできるようになりました。詳細については、「仮想テープのアーカイブ」を参照してください。

2019 年 3 月 27 日

欧州での Storage Gateway ハードウェアアプライアンスの可用性

Storage Gateway ハードウェアアプライアンスが、欧州で利用できるようになりました。詳細については、「AWS 全般のリファレンス」の「AWS Storage Gateway ハードウェアアプライアンスリージョン」を参照してください。さらに、Storage Gateway ハードウェアアプライアンスで利用可能なストレージを 5 TB から 12 TB に増やし、取り付けられている銅線ネットワークカードを 10 ギガビットの光ファイバーネットワークカードに交換できます。詳細については、「ハードウェアアプライアンスの設定」を参照してください。

2019 年 2 月 25 日

との統合 AWS Backup

Storage Gateway は と統合されます AWS Backup。 AWS Backup を使用して、クラウドベースのストレージに Storage Gateway ボリュームを使用するオンプレミスのビジネスアプリケーションをバックアップできるようになりました。詳細については、「ボリュームのバックアップ」を参照してください。

2019 年 1 月 16 日

Bacula Enterprise および IBM Spectrum Protect のサポート

テープゲートウェイで、Bacula Enterprise および IBM Spectrum Protect がサポートされるようになりました。Storage Gateway では、Veritas 、Veritas Backup Exec NetBackup、Quest NetVault バックアップの新しいバージョンもサポートされるようになりました。これらのバックアップアプリケーションを使用してデータを Amazon S3 にバックアップし、オフラインストレージ (S3 Glacier Flexible Retrieval または S3 Glacier Deep Archive) に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、「バックアップソフトウェアを使用してゲートウェイのセットアップをテストする」を参照してください。

2018 年 11 月 13 日

Storage Gateway ハードウェアアプライアンスのサポート

Storage Gateway ハードウェアアプライアンスには、サードパーティーのサーバーにプリインストールされた Storage Gateway ソフトウェアが含まれています。 AWS Management Consoleからアプライアンスを管理できます。アプライアンスは、ファイルゲートウェイ、テープゲートウェイ、およびボリュームゲートウェイをホストできます。詳細については、「Using the Storage Gateway Hardware Appliance」を参照してください。

2018 年 9 月 18 日

Microsoft System Center 2016 Data Protection Manager (DPM) との互換性

テープゲートウェイが Microsoft System Center 2016 Data Protection Manager (DPM) に対応しました。Microsoft DPM を使用してデータを Amazon S3 にバックアップし、オフラインストレージ (S3 Glacier Flexible Retrieval または S3 Glacier Deep Archive) に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、「Microsoft System Center Data Protection Manager を使用したセットアップのテスト」を参照してください。

2018 年 7 月 18 日

サーバーメッセージブロック (SMB) プロトコルのサポート

ファイルゲートウェイで、ファイル共有にサーバーメッセージブロック (SMB) プロトコルを使用できるようになりました。詳細については、「ファイル共有の作成」を参照してください。

2018 年 6 月 20 日

ファイル共有、キャッシュ型ボリューム、および仮想テープの暗号化のサポート

AWS Key Management Service (AWS KMS) を使用して、ファイル共有、キャッシュ型ボリューム、または仮想テープに書き込まれたデータを暗号化できるようになりました。現在、この暗号化には AWS Storage Gateway API を使用できます。詳細については、「Data encryption using AWS KMS」を参照してください。

2018 年 12 月 6 日

NovaStor DataCenter/Network のサポート

テープゲートウェイが NovaStor DataCenter/Network をサポートするようになりました。NovaStor DataCenter/Network バージョン 6.4 または 7.1 を使用してデータを Amazon S3 にバックアップし、オフラインストレージ (S3 Glacier Flexible Retrieval または S3 Glacier Deep Archive) に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、NovaStor DataCenter「/Network を使用したセットアップのテスト」を参照してください。

2018 年 5 月 24 日

以前の更新

以下の表に、2018 年 5 月より前の 『AWS Storage Gateway ユーザーガイド』の各リリースにおける重要な変更点を示します。

変更 説明 変更日

S3 1 ゾーン_IA ストレージクラスのサポート

ファイルゲートウェイで、S3 1 ゾーン_IA をファイル共有のデフォルトのストレージクラスとして選択できるようになりました。このストレージクラスを使用すると、Amazon S3 の単一のアベイラビリティーゾーンにオブジェクトデータを保存できます。詳細については、「Create a file share」を参照してください。

2018 年 4 月 4 日

新しいリージョン

テープゲートウェイがアジアパシフィック (シンガポール) リージョンで利用できるようになりました。詳細については、「AWS リージョン」を参照してください。

2018 年 4 月 3 日

キャッシュの更新通知、リクエスタ支払いおよび Amazon S3 バケットの固定 ACL のサポート。

ファイルゲートウェイで、ゲートウェイによる Amazon S3 バケットのキャッシュの更新が完了したときに、通知を受けることができるようになりました。詳細については、Storage Gateway API リファレンスの「RefreshCache.html」を参照してください。

ファイルゲートウェイを使用して、バケット所有者ではなくリクエスタまたはリーダーがアクセス料金を支払うことができるようになりました。

ファイルゲートウェイを使用して、NFS ファイル共有にマッピングする S3 バケットの所有者に完全なコントロールを付与できるようになりました。

詳細については、「Create a file share」を参照してください。

2018 年 3 月 1 日

Dell EMC NetWorker V9.x のサポート

テープゲートウェイが Dell EMC NetWorker V9.x をサポートするようになりました。Dell EMC NetWorker V9.x を使用してデータを Amazon S3 にバックアップし、オフラインストレージ (S3 Glacier Flexible Retrieval または S3 Glacier Deep Archive) に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、「Dell EMC を使用したセットアップのテスト NetWorker」を参照してください。

2018 年 2 月 27 日

新しいリージョン

Storage Gateway が欧州 (パリ) リージョンで利用可能になりました。詳細については、「AWS リージョン」を参照してください。

2017 年 12 月 18 日

ファイルのアップロード通知および MIME タイプの推測のサポート

ファイルゲートウェイで、NFS ファイル共有に書き込まれたすべてのファイルが Amazon S3 にアップロードされたときに通知を受信できるようになりました。詳細については、Storage Gateway API リファレンスNotifyWhenUploadedの「」を参照してください。 Storage Gateway

ファイルゲートウェイを使用して、アップロードされたオブジェクトの MIME タイプをファイルの拡張子に基づいて推測できるようになりました。詳細については、「Create a file share」を参照してください。

2017 年 11 月 21 日

VMware ESXi Hypervisor バージョン 6.5 のサポート

AWS Storage Gateway で VMware ESXi Hypervisor バージョン 6.5 がサポートされるようになりました。これは、バージョン 4.1、5.0、5.1、5.5、および 6.0 に加えてサポートされます。詳細については、「サポートされているハイパーバイザーとホストの要件」を参照してください。

2017 年 9 月 13 日

Commvault 11 との互換性

テープゲートウェイが Commvault 11 に対応しました。Commvault を使用してデータを Amazon S3 にバックアップし、オフラインストレージ (S3 Glacier Flexible Retrieval または S3 Glacier Deep Archive) に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、「Commvault を使用したセットアップのテスト」を参照してください。

2017 年 9 月 12 日

Microsoft Hyper-V ハイパーバイザーのファイルゲートウェイサポート

Microsoft Hyper-V ハイパーバイザーにファイルゲートウェイをデプロイできるようになりました。詳細については、サポートされているハイパーバイザーとホストの要件 を参照してください。

2017 年 6 月 22 日

3 ~ 5 時間のテープをアーカイブから取得するサポート

テープゲートウェイでは、3~5 時間でテープをアーカイブから取得できるようになりました。バックアップアプリケーションまたは仮想テープライブラリ (VTL) によってテープに書き込まれるデータ量を判断することもできます。詳細については、「テープの使用状況の表示」を参照してください。

2017 年 5 月 23 日

新しいリージョン

Storage Gateway がアジアパシフィック (ムンバイ) リージョンで利用可能になりました。詳細については、「AWS リージョン」を参照してください。

2017 年 5 月 02 日

ファイル共有の設定に更新します

ファイル共有のためのキャッシュ更新のサポート

ファイルゲートウェイで、ファイル共有の設定にマウントオプションが追加されました。ファイル共有に squash と読み取り専用オプションを設定できるようになりました。詳細については、「Create a file share」を参照してください。

ファイルゲートウェイで、最後にバケットのコンテンツのリストが取得され、その結果がキャッシュに保存された時点以降に Amazon S3 バケットに追加または削除されたオブジェクトを、検出できるようになりました。詳細については、 API リファレンスのRefreshCache「」を参照してください。

2017 年 3 月 28 日

ボリュームのクローンをサポート

キャッシュ型ボリュームゲートウェイの場合、 は既存のボリュームからボリュームをクローンする機能をサポートする AWS Storage Gateway ようになりました。詳細については、「ボリュームをクローンする」を参照してください。

2017 年 3 月 16 日

Amazon EC2 のファイルゲートウェイのサポート

AWS Storage Gateway で、Amazon EC2 にファイルゲートウェイをデプロイできるようになりました。Storage Gateway Amazon マシンイメージ (AMI) をコミュニティ AMI として利用できるようになりました。この AMI を使用して、Amazon EC2 でファイルゲートウェイを起動できます。ファイルゲートウェイを作成して EC2 インスタンスにデプロイする方法については、「Create and activate an Amazon S3 File Gateway」または「Create and activate an Amazon FSx File Gateway」を参照してください。ファイルゲートウェイ AMI を起動する方法については、「Deploying an S3 File Gateway on an Amazon EC2 host」または「Deploying FSx File Gateway on an Amazon EC2 host」を参照してください。

2017 年 2 月 08 日

Arcserve 17 との互換性

テープゲートウェイが Arcserve 17 に対応しました。Arcserve を使用してデータを Amazon S3 にバックアップし、S3 Glacier Flexible Retrieval に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、「Arcserve Backup r17.0 を使用したセットアップのテスト」を参照してください。

2017 年 1 月 17 日

新しいリージョン

Storage Gateway は、欧州 (ロンドン) リージョンで利用可能になりました。詳細については、「AWS リージョン」を参照してください。

2016 年 12 月 13 日

新しいリージョン

Storage Gateway は、カナダ (中部) リージョンで利用可能になりました。詳細については、「AWS リージョン」を参照してください。

2016 年 12 月 08 日

ファイルゲートウェイのサポート

Storage Gateway で、ボリュームゲートウェイとテープゲートウェイに加えてファイルゲートウェイも利用できるようになりました。ファイルゲートウェイでは、サービスおよび仮想ソフトウェアアプライアンスを組み合わせ、ネットワークファイルシステム (NFS) のような業界標準のファイルプロトコルを使用することで、Amazon S3 でオブジェクトを保存し、取得することができます。ゲートウェイでは、NFS マウントポイントのファイルとして、Amazon S3 のオブジェクトへのアクセスが提供されます。

2016 年 11 月 29 日

Backup Exec 16

テープゲートウェイが Backup Exec 16 に対応しました。Backup Exec 16 を使用してデータを Amazon S3 にバックアップし、オフラインストレージ (S3 Glacier Flexible Retrieval または S3 Glacier Deep Archive) に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、「Veritas Backup Exec を使用したセットアップのテスト」を参照してください。

2016 年 11 月 7 日

Micro Focus (HPE) Data Protector 9.x との互換性

テープゲートウェイが Micro Focus (HPE) Data Protector 9.x に対応しました。HPE Data Protector を使用してデータを Amazon S3 にバックアップし、S3 Glacier Flexible Retrieval に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、「Micro Focus (HPE) Data Protector を使用したセットアップのテスト」を参照してください。

2016 年 11 月 2 日

新しいリージョン

Storage Gateway が米国東部 (オハイオ) リージョンで利用可能になりました。詳細については、「AWS リージョン」を参照してください。

2016 年 10 月 17 日

Storage Gateway コンソールの再設計

ゲートウェイ、ボリューム、仮想テープを簡単に設定、管理、モニタリングできるよう、Storage Gateway マネジメントコンソールが再設計されました。ユーザーインターフェイスには、フィルタリングできるビューが用意され、 CloudWatch や Amazon EBS などの統合 AWS サービスへの直接リンクが提供されるようになりました。詳細については、「にサインアップする AWS Storage Gateway」を参照してください。

2016 年 8 月 30 日

Veeam Backup & Replication V9 アップデート 2 以降のバージョンとの互換性

テープゲートウェイが Veeam Backup & Replication V9 アップデート 2 以降のバージョン (バージョン 9.0.0.1715 以降) に対応しました。Veeam Backup Replication V9 Update 2 以降を使用して、データを Amazon S3 にバックアップし、オフラインストレージ (S3 Glacier Flexible Retrieval または S3 Glacier Deep Archive) に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、「Veeam Backup & Replication を使用したセットアップのテスト」を参照してください。

2016 年 8 月 15 日

より長いボリューム ID とスナップショット ID

Storage Gateway で、ボリュームとスナップショットにより長い ID を使用できるようになりました。ボリューム、スナップショット、その他のサポートされている AWS リソースに対して、長い ID 形式をアクティブ化できます。詳細については、「Storage Gateway のリソースとリソース ID の説明」を参照してください。

2016 年 4 月 25 日

新しいリージョン

ストレージ容量が最大 512 TiB の保存型ボリュームのサポート

Storage Gateway ローカルコンソールに対して行われたゲートウェイのその他の更新と機能の強化

テープゲートウェイが、アジアパシフィック (ソウル) リージョンで使用できるようになりました。詳細については、「AWS リージョン」を参照してください。

保存型ボリュームの場合、ストレージ容量が最大 512 TiB のストレージボリュームを最大 32 個 (各ボリュームのサイズは最大 16 TiB) 作成できるようになりました。詳細については、「保管型ボリュームのアーキテクチャ」および「AWS Storage Gateway クォータ」を参照してください。

仮想テープライブラリ内のすべてのテープの合計サイズは 1 PiB に増加します。詳細については、「AWS Storage Gateway クォータ」を参照してください。

Storage Gateway コンソールで VM ローカルコンソールのパスワードを設定できるようになりました。詳細については、Storage Gateway コンソールからのローカルコンソールパスワードの設定 を参照してください。

2016 年 3 月 21 日

for Dell EMC NetWorker 8.x との互換性

テープゲートウェイが Dell EMC NetWorker 8.x と互換性があるようになりました。Dell EMC を使用してデータを Amazon S3 に NetWorker バックアップし、オフラインストレージ (S3 Glacier Flexible Retrieval または S3 Glacier Deep Archive) に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、「Dell EMC を使用したセットアップのテスト NetWorker」を参照してください。

2016 年 2 月 29 日

VMware ESXi Hypervisor バージョン 6.0 および Red Hat Enterprise Linux 7 iSCSI イニシエータのサポート

コンテンツの再編成

AWS Storage Gateway は、VMware ESXi Hypervisor バージョン 6.0 と Red Hat Enterprise Linux 7 iSCSI イニシエータをサポートするようになりました。詳細については、サポートされているハイパーバイザーとホストの要件およびサポートされている iSCSI イニシエータを参照してください。

このリリースでは、ドキュメントが改善されており、新たに含められた「アクティブ化したゲートウェイの管理」セクションに、すべてのゲートウェイソリューションに共通の管理タスクがまとめられています。次に、デプロイしてアクティベートした後のゲートウェイを管理する方法が記載されています。詳細については、「ゲートウェイを管理する」を参照してください。

2015 年 10 月 20 日

ストレージ容量が最大 1,024 TiB のキャッシュ型ボリュームのサポート

VMware ESXi ハイパーバイザーでの VMXNET3 (10 GbE) ネットワークアダプタタイプのサポート

パフォーマンスの拡張

Storage Gateway のローカルコンソールの拡張と更新

キャッシュ型ボリュームの場合、ストレージ容量が最大 1,024 TiB のストレージボリュームを最大 32 個作成できるようになりました。詳細については、「キャッシュ型ボリュームのアーキテクチャ」および「AWS Storage Gateway クォータ」を参照してください。

ゲートウェイが VMware ESXi ハイパーバイザーでホストされている場合は、VMXNET3 アダプタタイプを使用するようにゲートウェイを再設定できます。詳細については、「ゲートウェイのネットワークアダプタの設定」を参照してください。

Storage Gateway の最大アップロード速度が 120 MB/秒に向上し、最大ダウンロード速度が 20 MB/秒に向上しました。

Storage Gateway ローカルコンソールが更新および強化され、メンテナンスタスクを実行するための機能が追加されました。詳細については、「ゲートウェイのネットワークの設定」を参照してください。

2015 年 9 月 16 日

タグ指定のサポート

Storage Gateway でリソースのタグ付けがサポートされるようになりました。ゲートウェイ、ボリューム、および仮想テープにタグを追加して、簡単に管理できるようになりました。詳細については、「Storage Gateway リソースのタグ付け」を参照してください。

2015 年 9 月 2 日

Quest (以前の Dell) NetVault Backup 10.0 との互換性

テープゲートウェイが Quest NetVault Backup 10.0 と互換性があるようになりました。Quest NetVault Backup 10.0 を使用してデータを Amazon S3 にバックアップし、オフラインストレージ (S3 Glacier Flexible Retrieval または S3 Glacier Deep Archive) に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、「Quest NetVault Backup を使用したセットアップのテスト」を参照してください。

2015 年 6 月 22 日

保管型ボリュームゲートウェイのセットアップ用 16 TiB ストレージボリュームのサポート

Storage Gateway ローカルコンソールでのシステムリソースチェックのサポート

Red Hat Enterprise Linux 6 iSCSI イニシエータのサポート

Storage Gateway で、保管型ボリュームのゲートウェイの設定用に 16 TiB ストレージボリュームがサポートされるようになりました。16 TiB ストレージボリュームを 12 個作成できるようになりました (ストレージは最大 192 TiB)。詳細については、「保管型ボリュームのアーキテクチャ」を参照してください。

ゲートウェイが適切に機能するには、システムリソース (仮想 CPU コア、ルートボリュームサイズ、および RAM) が十分であるかどうかを確認できるようになりました。詳細については、ゲートウェイシステムリソースのステータスの表示またはゲートウェイシステムリソースのステータスの表示を参照してください。

Storage Gateway で Red Hat Enterprise Linux 6 iSCSI イニシエータがサポートされるようになりました。詳細については、「要件」を参照してください。

このリリースでは、次のように Storage Gateway が改良および更新されています。

  • Storage Gateway コンソールから、最後にソフトウェア更新が正常にゲートウェイに適用された日時を確認できるようになりました。詳細については、「AWS Storage Gateway コンソールでのゲートウェイアップデートの管理」を参照してください。

  • Storage Gateway で、API を使用して、ストレージボリュームに接続されている iSCSI イニシエータをリストできるようになりました。詳細については、API リファレンスのListVolumeInitiatorsを参照してください。

2015 年 6 月 3 日

Microsoft Hyper-V hypervisor バージョン 2012 および 2012 R2 のサポート

Storage Gateway で、Microsoft Hyper-V hypervisor バージョン 2012 および 2012 R2 がサポートされるようになりました。これは、Microsoft Hyper-V hypervisor バージョン 2008 R2 に加えてサポートされます。詳細については、「サポートされているハイパーバイザーとホストの要件」を参照してください。

2015 年 4 月 30 日

Symantec Backup Exec 15 との互換性

テープゲートウェイが Symantec Backup Exec 15 に対応しました。Symantec Backup Exec 15 を使用してデータを Amazon S3 にバックアップし、オフラインストレージ (S3 Glacier Flexible Retrieval または S3 Glacier Deep Archive) に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、「Veritas Backup Exec を使用したセットアップのテスト」を参照してください。

2015 年 4 月 6 日

ストレージボリュームに対する CHAP 認証サポート

Storage Gateway で、ストレージボリュームに対する CHAP 認証の設定がサポートされるようになりました。詳細については、「ボリューム用の CHAP 認証の設定」を参照してください。

2015 年 4 月 2 日

VMware ESXi Hypervisor バージョン 5.1 および 5.5 のサポート

Storage Gateway で、VMware ESXi Hypervisor バージョン 5.1 および 5.5 がサポートされるようになりました。これは、VMware ESXi Hypervisor バージョン 4.1 および 5.0 に加えてサポートされます。詳細については、「サポートされているハイパーバイザーとホストの要件」を参照してください。

2015 年 30 月 3 日

Windows CHKDSK ユーティリティのサポート

Storage Gateway で、Windows CHKDSK ユーティリティがサポートされるようになりました。このユーティリティを使用すると、ボリュームの整合性を確認し、ボリューム上のエラーを修正することができます。詳細については、「ボリュームの問題のトラブルシューティング」を参照してください。

2015 年 3 月 04 日

との統合による API コール AWS CloudTrail のキャプチャ

Storage Gateway は、Amazon Web Services アカウントで Storage Gateway によって、または Storage Gateway に代わって行われた AWS CloudTrail. AWS CloudTrail captures API コールと統合され、指定した Amazon S3 バケットにログファイルが配信されるようになりました。詳細については、「でのログ記録とモニタリング AWS Storage Gateway」を参照してください。

このリリースで、Storage Gateway は次の点で改良および更新されました。

  • キャッシュストレージにダーティデータがある仮想テープ ( AWSにアップロードされていないコンテンツを含むテープ) は、ゲートウェイのキャッシュ型ドライブの変更時に復旧されるようになりました。詳細については、「回復不可能なゲートウェイからの仮想テープの復旧」を参照してください。

2014 年 12 月 16 日

追加のバックアップソフトウェアやメディアチェンジャーとの互換性

テープゲートウェイが、次のバックアップソフトウェアに対応しました。

  • Symantec Backup Exec 2014

  • Microsoft System Center 2012 R2 Data Protection Manager

  • Veeam Backup & Replication V7

  • Veeam Backup & Replication V8

これらの 4 つのバックアップソフトウェア製品と Storage Gateway 仮想テープライブラリ (VTL) を使用して、データを Amazon S3 にバックアップし、オフラインストレージ (S3 Glacier Flexible Retrieval または S3 Glacier Deep Archive) に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、「バックアップソフトウェアを使用してゲートウェイのセットアップをテストする」を参照してください。

Storage Gateway で、新しいバックアップソフトウェアと連携する追加のメディアチェンジャーが提供されるようになりました。

このリリースには、その他の AWS Storage Gateway 改善や更新が含まれています。

2014 年 11 月 3 日

欧州 (フランクフルト) リージョン

Storage Gateway は、欧州 (フランクフルト) リージョンで利用可能になりました。詳細については、「AWS リージョン」を参照してください。

2014 年 10 月 23 日

コンテンツの再編成

すべてのゲートウェイソリューションに共通の「はじめに」セクションを作成しました。次に、ゲートウェイをダウンロード、デプロイ、およびアクティブ化するための手順を説明します。ゲートウェイをデプロイおよびアクティブ化した後は、保管型ボリューム、キャッシュ型ボリューム、テープゲートウェイを設定する個別の手順に進むことができます。詳細については、「テープゲートウェイの作成」を参照してください。

2014 年 5 月 19 日

Symantec Backup Exec 2012 との互換性

テープゲートウェイが Symantec Backup Exec 2012 に対応しました。Symantec Backup Exec 2012 を使用してデータを Amazon S3 にバックアップし、オフラインストレージ (S3 Glacier Flexible Retrieval または S3 Glacier Deep Archive) に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、「Veritas Backup Exec を使用したセットアップのテスト」を参照してください。

2014 年 4 月 28 日

Windows Server Failover Clustering のサポート

VMware ESX イニシエータのサポート

Storage Gateway ローカルコンソールでの設定タスクの実行のサポート

  • Storage Gateway では、ホストが Windows Server Failover Clustering (WSFC) を使用してアクセスを調整する場合に、同じボリュームで複数のホストに接続できるようになりました。ただし、ESFC を使用せずに同じボリュームで複数のホストに接続することはできません。

  • Storage Gateway では、ESX ホストを通じてストレージ接続を直接管理できるようになりました。これによって、VM のゲスト OS にあるイニシエータを使用する方法の代替手段が提供されます。

  • Storage Gateway では、Storage Gateway ローカルコンソールでの設定タスクの実行を行えるようになりました。オンプレミスにデプロイされたゲートウェイでの設定タスクの実行については、「 VM ローカルコンソールでのタスクの実行」または「 VM ローカルコンソールでのタスクの実行」を参照してください。EC2 インスタンスにデプロイされたゲートウェイでの設定タスクの実行については、「Amazon EC2 ローカルコンソールでのタスクの実行または「Amazon EC2 ローカルコンソールでのタスクの実行」を参照してください。

2014 年 1 月 31 日

仮想テープライブラリ(VTL)のサポートと、API バージョン(2013 年 6 月 30 日)の導入

Storage Gateway は、オンプレミスのソフトウェアアプライアンスをクラウドベースのストレージに接続して、オンプレミスの IT 環境を AWS ストレージインフラストラクチャと統合します。Storage Gateway で、ボリュームゲートウェイ (キャッシュ型ボリュームと保管型ボリューム) に加え、ゲートウェイ — 仮想テープライブラリ (VTL) がサポートされるようになりました。ゲートウェイごとに最大 10 個の仮想テープドライブを使用して、テープゲートウェイを構成できます。各仮想テープドライブは SCSI コマンドセットに応答するため、既存のオンプレミスバックアップアプリケーションを修正する必要はありません。詳細については、AWS Storage Gateway ユーザーガイドの次のトピックを参照してください。

2013 年 11 月 5 日

Microsoft Hyper-V のサポート

Storage Gateway で、Microsoft Hyper-V 仮想プラットフォームにオンプレミスゲートウェイをデプロイできるようになりました。Microsoft Hyper-V にデプロイされたゲートウェイには、既存のオンプレミスストレージゲートウェイと同じ機能と特徴がすべてあります。Microsoft Hyper-V を使ってゲートウェイのデプロイを開始するには、サポートされているハイパーバイザーとホストの要件 を参照してください。

2013 年 4 月 10 日

Amazon EC2 でのゲートウェイのデプロイのサポート

Storage Gateway で、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) にゲートウェイをデプロイする機能を利用できるようになりました。AWS Marketplace で利用可能な Storage Gateway AMI を使用して、Amazon EC2 でゲートウェイのインスタンスを起動できます。Storage Gateway AMI を使用してゲートウェイのデプロイを開始するには、「Amazon EC2 インスタンスをデプロイしてテープゲートウェイをホストする」を参照してください。

2013 年 1 月 15 日

キャッシュ型ボリュームのサポートと、API バージョン (2012 年 6 月 30 日) の導入

このリリースでは、Storage Gateway でキャッシュ型ボリュームのサポートが導入されました。キャッシュ型ボリュームは、オンプレミスストレージを拡張する必要性を最小限に抑えます。同時に、アプリケーションからは引き続き、アクティブデータへの低レイテンシーなアクセスが可能になります。最大容量 32 TiB のストレージボリュームを作成し、オンプレミスのアプリケーションサーバーから iSCSI デバイスとしてマウントすることが可能です。キャッシュ型ボリュームに書き込まれたデータは Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) に保管され、オンプレミスのストレージハードウェアには、最近読み書きされたキャッシュのみがローカルに保存されます。キャッシュ型ボリュームでは、古くてあまり頻繁にアクセスされないデータなど、取得時に高レイテンシーが許容されるデータには Amazon S3 を使用し、低レイテンシーアクセスが必要なデータにはオンプレミスストレージを使用できます。

このリリースでは、Storage Gateway での現在のオペレーションに加え、新しい API バージョンも導入されました。これにより、キャッシュ型ボリュームをサポートする新しいオペレーションが利用可能になります。

これら 2 つの Storage Gateway ソリューションの詳細については、テープゲートウェイの仕組み (アーキテクチャ) を参照してください。

また、テストのセットアップもお試しください。手順については、「テープゲートウェイの作成」を参照してください。

2012 年 10 月 29 日

API と IAM のサポート

このリリースでは、Storage Gateway で API サポートと AWS Identity and Access Management(IAM) のサポートが導入されました。

  • API のサポート — Storage Gateway リソースを、プログラムで設定および管理できるようになりました。API の詳細については、AWS Storage Gateway ユーザーガイドの「Storage Gateway の API リファレンス」を参照してください。

  • IAM のサポート — AWS Identity and Access Management (IAM) を使用すると、ユーザーを作成し、Storage Gateway リソースへのユーザーアクセスを IAM ポリシーで管理できます。IAM ポリシーの例については、「AWS Storage Gateway の Identity and Access Management」を参照してください。IAM の詳細については、AWS Identity and Access Management (IAM) の詳細ページを参照してください。

2012 年 5 月 9 日

静的 IP のサポート

ローカルゲートウェイに対して、静的 IP を指定できるようになりました。詳細については、「ゲートウェイのネットワークの設定」を参照してください。

2012 年 3 月 5 日

新規ガイド

これは『AWS Storage Gateway ユーザーガイド』の最初のリリースです。

2012 年 1 月 24 日