Amazon EC2 インスタンスメタデータオプションの変更 - AWS Storage Gateway

Amazon S3 File Gateway のドキュメントは、「What is Amazon S3 File Gateway?」に移動しました。

Amazon FSx File Gateway のドキュメントは、「What is Amazon FSx File Gateway?」に移動しました。

ボリュームゲートウェイのドキュメントは、「What is Volume Gateway?」に移動しました。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon EC2 インスタンスメタデータオプションの変更

インスタンスメタデータサービス (IMDS) は、Amazon EC2 インスタンスメタデータへの安全なアクセスを提供するインスタンス上のコンポーネントです。インスタンスは、IMDS バージョン 1 (IMDSv1) を使用する受信メタデータリクエストを受け入れるか、すべてのメタデータリクエストで IMDS バージョン 2 (IMDSv2) を使用するように要求するように設定できます。IMDSv2 はセッション指向のリクエストを使用し、IMDS へのアクセス試行に利用される可能性があるいくつかのタイプの脆弱性を軽減します。IMDSv2 の詳細については、「Amazon Elastic Compute Cloud ユーザーガイド」の「インスタンスメタデータサービスバージョン 2 の仕組み」を参照してください。

Storage Gateway をホストするすべての Amazon EC2 インスタンスに IMDSv2 を要求することをお勧めします。 Amazon EC2 IMDSv2 は、新しく起動されたすべてのゲートウェイインスタンスでデフォルトで必要です。IMDSv1 メタデータリクエストを受け入れるようにまだ設定されている既存のインスタンスがある場合は、「Amazon Elastic Compute Cloud ユーザーガイド」の「IMDSv2 の使用を要求する」を参照してくださいIMDSv2。この変更を適用しても、インスタンスを再起動する必要はありません。