S3 Glacier Flexible Retrieval から S3 Glacier Deep Archive ストレージクラスへのテープの移動 - AWS Storage Gateway

Amazon S3 File Gateway のドキュメントは、「What is Amazon S3 File Gateway?」に移動しました。

Amazon FSx File Gateway のドキュメントは、「What is Amazon FSx File Gateway?」に移動しました。

ボリュームゲートウェイのドキュメントは、「What is Volume Gateway?」に移動しました。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

S3 Glacier Flexible Retrieval から S3 Glacier Deep Archive ストレージクラスへのテープの移動

長期間のデータ保管とデジタル保存を低コストで行うために、S3 Glacier Flexible Retrieval から S3 Glacier Deep Archive にテープを移動します。長期のデータ保持、あるいはデータのアクセス回数が年 1、2 回程度であるデジタル保存には、S3 Glacier Deep Archive を使用します。詳細については、「オブジェクトをアーカイブするストレージクラス」を参照してください。

S3 Glacier Flexible Retrieval から S3 Glacier Deep Archive にテープを移動するには
  1. ナビゲーションペインで [Tape Library > Tapes] (テープライブラリ > テープ)] をクリックすると、テープを確認できます。デフォルトでは、このリストで一度に表示されるテープ数は最大 1,000 個までですが、検索はすべてのテープに対し実行されます。検索バーを使用すると、特定の条件に一致するテープを検索したり、リストされるテープの数を 1,000 個未満に減らしたりできます。リストで表示すべきテープ数が 1,000 個以内に収まる場合は、さまざまなプロパティを指定することで、表示を昇順または降順に並べ替えられます。

  2. S3 Glacier Deep Archive に移動するテープのチェックボックスをオンにします。各テープが関連付けられているプールが [Pool] (プール) 列に表示されます。

  3. [Assign to pool] (プールに割り当てる) をクリックします。

  4. [Assign tape to pool] (テープのプールへの割り当て) ダイアログボックスで、移動するテープのバーコードを確認した上で、[Assign] (割り当て) をクリックします。

    注記

    バックアップアプリケーションにより取り出され S3 Glacier Deep Archive にアーカイブされたテープは、S3 Glacier Flexible Retrieval に戻すことはできません。S3 Glacier Flexible Retrieval から S3 Glacier Deep Archive へのテープの移動には料金が発生します。また、90 日経過前に S3 Glacier Flexible Retrieval から S3 Glacier Deep Archive にテープを移動する場合、S3 Glacier Flexible Retrieval の早期削除料金が発生します。

  5. テープを移動すると、更新されたステータスが [テープ] ページの [プール] 列に表示されます。