VTL デバイスの使用 - AWS Storage Gateway

Amazon S3 File Gateway のドキュメントは、「What is Amazon S3 File Gateway?」に移動しました。

Amazon FSx File Gateway のドキュメントは、「What is Amazon FSx File Gateway?」に移動しました。

ボリュームゲートウェイのドキュメントは、「What is Volume Gateway?」に移動しました。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

VTL デバイスの使用

テープゲートウェイのセットアップによって、次の SCSI デバイスが用意されます。これらのデバイスは、ゲートウェイをアクティブ化する際に選択します。

メディアチェンジャーの場合、 は次のように AWS Storage Gateway 動作します。

  • AWS-Gateway-VTL – このデバイスは、ゲートウェイに付属しています。

  • STK-L700 – このデバイスエミュレーションは、ゲートウェイに付属しています。

    テープゲートウェイをアクティブ化する場合は、リストからバックアップアプリケーションを選択すると、Storage Gateway が適切なメディアチェンジャーを使用します。バックアップアプリケーションがリストにない場合には、[その他] を選択し、バックアップアプリケーションに対応するメディアチャージャーを選択します。

    選択するメディアチェンジャーのタイプが、使用するバックアップアプリケーションによって異なってきます。次の表に、テストの結果テープゲートウェイと互換性があることが確認された、サードパーティ製のバックアップアプリケーションを一覧で示します。この表には、各バックアップアプリケーションで推奨されている、メディアチェンジャーのタイプが記載されています。

    バックアップアプリケーション メディアチェンジャータイプ
    Arcserve Backup AWS-Gateway-VTL
    Bacula Enterprise V10.x AWS-Gateway-VTL または STK-L700
    Commvault V11 STK-L700
    Dell EMC NetWorker 19.5 AWS-Gateway-VTL
    IBM Spectrum Protect v8.1.10 IBM-03584L32-0402
    Micro Focus (HPE) Data Protector 9 または 11.x AWS-Gateway-VTL
    Microsoft System Center 2012 R2 または 2016 Data Protection Manager STK-L700
    NovaStor DataCenter/Network 6.4 または 7.1 STK-L700
    Quest NetVault Backup 12.4 または 13.x STK-L700
    Veeam Backup & Replication 11A AWS-Gateway-VTL
    Veritas Backup Exec 2014、15、16、20、または 22.x AWS-Gateway-VTL
    Veritas Backup Exec 2012
    注記

    Veritas による Backup Exec 2012 のサポートは終了しました。

    STK-L700
    Veritas NetBackup バージョン 7.x または 8.x AWS-Gateway-VTL
    重要

    バックアップアプリケーションへの対応が確認されているメディアチェンジャーを選択することを、強くお勧めします。その他のメディアチェンジャーを使用した場合には、正常に機能しないことがあります。メディアチェンジャーは、ゲートウェイをアクティブ化した後に変更することも可能です。詳細については、「ゲートウェイのアクティブ化後のメディアチェンジャーの選択」を参照してください。

テープドライブの場合、Storage Gateway は以下を使用します。

  • IBM-ULT3580-TD5 – このデバイスエミュレーションは、ゲートウェイに付属しています。

ゲートウェイのアクティブ化後のメディアチェンジャーの選択

ゲートウェイをアクティブ化した後で、別のメディアチェンジャーの種類を選択することもできます。

ゲートウェイのアクティブ化後に別のメディアチェンジャーの種類を選択するには
  1. バックアップソフトウェアで実行中の関連ジョブがある場合は、停止します。

  2. Windows Server で [iSCSI Initiator properties] ウィンドウを開きます。

  3. [Targets] タブを選択して、検出されたターゲットを表示します。

  4. [Discovered targets] ペインで、変更するメディアチェンジャーを選択し、[Disconnect] を選択して、[OK] を選択します。

  5. Storage Gateway コンソールで、ナビゲーションペインから [Gateways] (ゲートウェイ) を選択してから、変更するメディアチェンジャーのあるゲートウェイを選択します。

  6. [VTL デバイス] タブを選択し、変更するメディアチェンジャーを選択してから、[Change Media Changer (メディアチェンジャーの変更)] ボタンを選択します。

    [VTL デバイス] タブ。メディアチェンジャーが選択され、[メディアチェンジャーの種類の変更] が強調表示されています。
  7. 表示された [メディアチェンジャーの種類の変更] ダイアログボックスで、目的のメディアチェンジャーをドロップダウンリストボックスで選択してから、[Save] を選択します。

メディアチェンジャーのデバイスドライバの更新

  1. Windows Server でデバイスマネージャを開き、[Medium Changer devices] ツリーを展開します。

  2. [Unknown Medium Changer] のコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[Update Driver Software] をクリックして [Update Driver Software-unknown Medium Changer] ウィンドウを開きます。

  3. [How do you want to search for driver software?] セクションで、[Browse my computer for driver software] を選択します。

  4. [Let me pick from a list of device drivers on my computer] を選択します。

    注記

    Veeam Backup & Replication 11A および Microsoft System Center Data Protection Manager バックアップソフトウェアと共に、Sony TSL-A500C Autoloader ドライバーを使用することをお勧めします。この Sony ドライバーは、これらの種類のバックアップソフトウェア (Windows Server 2019 まで) でテストされています。

  5. [Select the device driver you want to install for this hardware] (このハードウェア用にインストールするデバイスドライバを選択) セクションで、[Show compatible hardware] (互換性のあるハードウェアを表示する) チェックボックスをオフにして、[Manufacturer] (製造元) リストの [Sony] を選択し、[Model] (モデル) リストの [Sony - TSL-A500C Autoloader] を選択してから、[Next] (次へ) をクリックします。

  6. 表示される警告ボックスで [Yes] を選択します。ドライバが正しくインストールされた場合は、[Update drive software] ウィンドウを閉じます。

Microsoft System Center DPM 内のテープのバーコードの表示

Sony TSL-A500C Autoloader 用のメディアチェンジャードライバーを使用している場合、Microsoft System Center Data Protection Manager では Storage Gateway で作成された仮想テープのバーコードが自動的に表示されません。テープのバーコードを正しく表示するには、メディアチェンジャードライバーを Sun/StorageTek Library に変更します。

バーコードを表示するには
  1. すべてのバックアップジョブが完了しており、保留中または進行中のタスクがないことを確認します。

  2. テープを取り出してオフラインストレージ (S3 Glacier Flexible Retrieval または S3 Glacier Deep Archive) に移動し、DPM 管理者コンソールを終了します。DPM のテープをイジェクトする方法については、「DPM を使用したテープのアーカイブ」を参照してください。

  3. [Administrative Tools] (管理ツール) で、[Services] (サービス) を選択し、コンテキスト (右クリック) メニューで [Detail] (詳細) ペインの [DPM Service] (DPM サービス) を開いてから、[Properties] (プロパティ) を選択します。

  4. [General] (全般) タブで、[Startup type] (スタートアップのタイプ) が [Automatic] (自動) に設定されていることを確認し、[Stop] (停止) を選択して DPM サービスを停止します。

  5. Microsoft ウェブサイトの Microsoft Update Catalog から StorageTek ドライバーを入手します。

    注記

    さまざまなサイズのさまざまなドライバーを書き留めておきます。

    [サイズ] が 18K の場合は、[x86 ドライバー] を選択します。

    [サイズ] が 19K の場合は、[x64 ドライバー] を選択します。

  6. Windows Server でデバイスマネージャを開き、[メディアチェンジャーデバイス] ツリーを展開します。

  7. [Unknown Medium Changer] のコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[Update Driver Software] をクリックして [Update Driver Software-unknown Medium Changer] ウィンドウを開きます。

  8. 新しいドライバーの場所のパスを参照して、インストールします。ドライバーは Sun/StorageTek Library と表示されます。テープドライブは IBM ULT3580-TD5 SCSI シーケンシャルデバイスとして維持されます。

  9. DPM サーバーを再起動します。

  10. Storage Gateway コンソールで、新しいテープを作成します。

  11. DPM 管理者コンソールを開き、[Management (管理)] を選択してから、[Rescan for new tape libraries (新しいテープライブラリの再スキャン)] を選択します。Sun/StorageTek library が表示されます。

  12. ライブラリを選択して、[Inventory (インベントリ)] を選択します。

  13. [Add Tapes (テープを追加)] を選択して新しいテープを DPM に追加します。新しいテープのバーコードに表示されるようになります。