Storage Gateway AWS Direct Connect での の使用 - AWS Storage Gateway

Amazon S3 File Gateway のドキュメントは、「What is Amazon S3 File Gateway?」に移動しました。

Amazon FSx File Gateway のドキュメントは、「What is Amazon FSx File Gateway?」に移動しました。

ボリュームゲートウェイのドキュメントは、「What is Volume Gateway?」に移動しました。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Storage Gateway AWS Direct Connect での の使用

AWS Direct Connect は、内部ネットワークを Amazon Web Services クラウドにリンクします。Storage Gateway AWS Direct Connect で を使用すると、高スループットのワークロードニーズに対応するための接続を作成し、オンプレミスゲートウェイと 間の専用ネットワーク接続を提供できます AWS。

Storage Gateway ではパブリックエンドポイントを使用します。 AWS Direct Connect 接続を設定すると、パブリック仮想インターフェイスを作成して、トラフィックを Storage Gateway エンドポイントにルーティングできます。パブリック仮想インターフェイスは、お客様のネットワークパスの中でインターネットサービスプロバイダーをバイパスします。Storage Gateway サービスのパブリックエンドポイントは、 ロケーションと同じ AWS リージョン AWS Direct Connect にあることも、別の AWS リージョンにあることもできます。

次の図は、Storage Gateway での AWS Direct Connect の動作の例を示しています。

AWS 直接接続を使用してクラウドに接続されている Storage Gateway を示す ネットワークアーキテクチャ。

次の手順では、機能するゲートウェイを作成済みであることを前提としています。

Storage Gateway AWS Direct Connect で を使用するには
  1. オンプレミスデータセンターと Storage Gateway エンドポイントの間に AWS Direct Connect 接続を作成して確立します。接続の作成方法の詳細については、AWS Direct Connect ユーザーガイドの「使用の開始 AWS Direct Connect」を参照してください。

  2. オンプレミスの Storage Gateway アプライアンスを AWS Direct Connect ルーターに接続します。

  3. パブリック仮想インターフェイスを作成し、それに応じてオンプレミスのルーターを設定します。Direct Connect を使用する場合でも、VPC エンドポイントは HAProxy で作成する必要があります。詳細については、AWS Direct Connect ユーザーガイドの「仮想インターフェイスを作成する」を参照してください。

の詳細については AWS Direct Connect、「 AWS Direct Connect ユーザーガイド」の「 とは AWS Direct Connect」を参照してください。