AWS Storage Gateway のドキュメント履歴 - AWS Storage Gateway

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS Storage Gateway のドキュメント履歴

  • API バージョン: 2013-06-30

  • ドキュメント最新更新日: 2020 年 11 月 9 日

以下の表に、2018 年 4 月より後の『AWS Storage Gateway ユーザーガイド』の各リリースにおける重要な変更点を示します。このドキュメントの更新に関する通知については、RSS フィードを購読してください。

変更 Description 日付

ファイルゲートウェイのファイルアップロード通知

ファイルゲートウェイはファイルのアップロード通知を提供するようになりました。この通知では、ファイルがファイルゲートウェイAmazon S3によって に完全にアップロードされたときに通知します。詳細については、「ファイルのアップロード通知の取得」を参照してください

November 9, 2020

ファイルゲートウェイのアクセスベースの列挙

ファイルゲートウェイに、共有の ACL に基づいて SMB ファイル共有のファイルとフォルダの列挙をフィルタリングするアクセスベースの列挙が提供されるようになりました。詳細については、「SMB ファイル共有の作成」を参照してください

November 9, 2020

スケジュールベースの帯域幅スロットリング

は、テープゲートウェイとボリュームゲートウェイのスケジュールベースの帯域幅スロットリングをサポートするAWS Storage Gatewayようになりました。詳細については、「コンソールを使用した帯域幅スロットリングStorage Gatewayのスケジュール」を参照してください

November 9, 2020

キャッシュ型ボリュームとテープゲートウェイのローカルキャッシュストレージを 4 倍に増加

では、キャッシュ型ボリュームおよびテープゲートウェイ用に最大 64 TB のローカルキャッシュがサポートされるAWS Storage Gatewayようになり、大規模な作業データセットへの低レイテンシーアクセスを可能にすることで、オンプレミスアプリケーションのパフォーマンスが向上しました。詳細については、「ゲートウェイの推奨ローカルディスクサイズ」を参照してください

November 9, 2020

ファイルゲートウェイの移行

ファイルゲートウェイは、既存のファイルゲートウェイを新しいファイルゲートウェイに置き換える、文書化されているプロセスを提供するようになりました。詳細については、「ファイルゲートウェイを新しいファイルゲートウェイに置き換える」を参照してください

October 30, 2020

ゲートウェイの移行

は、新しい仮想マシンへのキャッシュ型ボリュームゲートウェイの移行をサポートするAWS Storage Gatewayようになりました。詳細については、「キャッシュ型ボリュームを新しいキャッシュ型ボリュームゲートウェイ仮想マシンに移動する」を参照してください

September 10, 2020

ファイルゲートウェイコールドキャッシュの読み取りパフォーマンスが 4 倍向上

AWS Storage Gatewayでコールドキャッシュ読み取りパフォーマンスが 4 倍向上しました。詳細については、ファイルゲートウェイのパフォーマンスガイダンスを参照してください

August 31, 2020

テープ保持ロックと Write Once Read Many (WORM) テープ保護のサポート

AWS Storage Gatewayは、仮想テープと WORM (Write Once Read Many) でテープ保持ロックをサポートします。テープの保持ロックを使用すると、アーカイブされた仮想テープの保持モードと期間を指定し、最大 100 年にわたり一定時間、削除されないようにできます。これには、テープを削除したり、保持設定を変更できるユーザーに対するアクセス許可コントロールが含まれています。詳細については、「テープ保持ロックの使用」を参照してください。WORM 対応仮想テープは、仮想テープライブラリ内のアクティブなテープのデータを上書きまたは消去できないようにするのに役立ちます。詳細については、「Write Once, Read Many (WORM)」テープの保護を参照してください

August 19, 2020

コンソールからのハードウェアアプライアンスの注文

これで、AWS Storage Gatewayコンソールからハードウェアアプライアンスを注文することができます。詳細については、「」を参照してくださいAWS Storage Gateway Hardware Appliance。

August 12, 2020

新しい AWS リージョンでの連邦情報処理規格 (FIPS) エンドポイントのサポート

米国東部 (オハイオ)、米国東部 (バージニア北部)、米国西部 (北カリフォルニア)、米国西部 (オレゴン)、およびカナダ (中部) の各リージョンで FIPS エンドポイントのゲートウェイをアクティブ化できるようになりました。詳細については、のAWS Storage Gatewayエンドポイントとクォータを参照してくださいAWS General Reference。

July 31, 2020

ゲートウェイの移行

は、新しい仮想マシンへのテープゲートウェイと保管型ボリュームゲートウェイの移行をサポートするAWS Storage Gatewayようになりました。詳細については、「新しいゲートウェイへのデータの移動」を参照してください

July 31, 2020

単一の Amazon S3 バケットにアタッチされた複数のファイル共有のサポート

ファイルゲートウェイで、単一の S3 バケットに複数のファイル共有を作成し、ディレクトリアクセスの頻度に基づいてファイルゲートウェイのローカルキャッシュをバケットと同期できるようになりました。ファイルゲートウェイで作成するファイル共有の管理に必要なバケットの数を制限できます。S3 バケットに対して複数の S3 プレフィックスを定義し、単一の S3 プレフィックスを単一のゲートウェイファイル共有にマッピングできます。オンプレミスのファイル共有の命名規則に適合するように、バケット名から独立してゲートウェイのファイル共有名を定義することもできます。詳細については、「NFS ファイル共有を作成する」または「SMB ファイル共有を作成する」を参照してください

July 7, 2020

ファイルゲートウェイのローカルキャッシュストレージを 4 倍に増加

では、ファイルゲートウェイ用に最大 64 TB のローカルキャッシュがサポートされるAWS Storage Gatewayようになりました。これにより、大規模な作業データセットへの低レイテンシーアクセスが提供され、オンプレミスアプリケーションのパフォーマンスが向上します。詳細については、 ユーザーガイドの「ゲートウェイの推奨ローカルディスクサイズ」を参照してください。AWS Storage Gateway

July 7, 2020

AWS Storage Gateway コンソールでの Amazon CloudWatch アラームの表示

Storage Gateway コンソールで CloudWatch アラームを表示できるようになりました。詳細については、「CloudWatch アラームについて」を参照してください。

May 29, 2020

連邦情報処理規格 (FIPS) エンドポイントのサポート

AWS GovCloud (US) リージョンで FIPS エンドポイントを持つゲートウェイをアクティブ化できるようになりました。ファイルゲートウェイの FIPS エンドポイントを選択するには、「サービスエンドポイントの選択」を参照してください。ボリュームゲートウェイの FIPS エンドポイントを選択するには、「サービスエンドポイントの選択」を参照してください。テープゲートウェイの FIPS エンドポイントを選択するには、「サービスエンドポイントの選択」を参照してください。

May 22, 2020

新しい AWS リージョン

AWS Storage Gateway がアフリカ (ケープタウン) および EU (ミラノ) リージョンで利用できるようになりました。詳細については、 のAWS Storage Gatewayエンドポイントとクォータを参照してくださいAWS General Reference

May 7, 2020

S3 Intelligent-Tiering ストレージクラスのサポート

AWS Storage Gateway が S3 Intelligent-Tiering ストレージクラスをサポートするようになりました。S3 Intelligent-Tiering ストレージクラスは、パフォーマンスの低下や、オペレーション上のオーバーヘッドを発生させることなく、最もコスト効率の高いストレージアクセス階層に自動的にデータを移動することで、ストレージコストを最小限に抑えます。詳細については、 ユーザーガイドの「アクセスが頻繁なオブジェクトと頻繁ではないオブジェクトを自動的に最適化するストレージクラス」を参照してくださいAmazon Simple Storage Service。

April 30, 2020

自動テープ作成のサポート

AWS Storage Gateway では、新しい仮想テープを自動的に作成できるようになりました。テープゲートウェイは設定に利用できるテープの数を最小限に抑えるために、自動的に新しい仮想テープを作成し、これらの新しいテープをバックアップアプリケーションによるインポート用に使用できるようにします。これにより、中断なくバックアップジョブを実行できるようになります。詳細については、 ユーザーガイドの「テープの自動作成」を参照してくださいAWS Storage Gateway。

April 23, 2020

テープゲートウェイの書き込みおよび読み取りパフォーマンスが 2 倍に向上

AWS Storage Gateway でテープゲートウェイの仮想テープ間の書き込み/読み取りパフォーマンスが 2 倍向上し、バックアップや復元に要する時間がこれまでより短縮されます。詳細については、 https://docs.aws.amazon.com/storagegateway/latest/userguide/Performance.html#performance-tgwユーザーガイドの「テープゲートウェイのパフォーマンスガイダンス」を参照してくださいAWS Storage Gateway。

April 23, 2020

新しい AWS リージョン

AWS Storage Gatewayが AWS GovCloud (米国東部) リージョンで利用可能になりました。詳細については、の「AWS Storage Gatewayエンドポイントとクォータ」を参照してくださいAWS General Reference

March 12, 2020

Linux カーネルベースの仮想マシン (KVM) ハイパーバイザーのサポート

AWS Storage Gateway では、KVM 仮想プラットフォームにオンプレミスゲートウェイをデプロイできるようになりました。KVM にデプロイされたゲートウェイは、既存のオンプレミスのゲートウェイと同じ機能と特徴をすべて備えています。詳細については、 ユーザーガイドの「サポートされているハイパーバイザーとホストの要件」を参照してくださいAWS Storage Gateway。

February 4, 2020

高可用性のサポートVMwarevSphere

は、ハードウェア、ハイパーバイザー、またはネットワーク障害からストレージワークロードを保護するために、 で高可用性をサポートするAWS Storage Gatewayようになりました。VMware詳細については、 vSphere ユーザーガイドの「AWS Storage Gateway での VMware AWS Storage Gateway High Availability の使用」を参照してください。このリリースでは、パフォーマンス向上も行われています。詳細については、 ユーザーガイドの「 のパフォーマンス」を参照してくださいAWS Storage Gateway。

November 20, 2019

テープゲートウェイ用の新しい AWS リージョン

テープゲートウェイが南米 (サンパウロ) リージョンで利用可能になりました。詳細については、の「AWS Storage Gatewayエンドポイントとクォータ」を参照してくださいAWS General Reference

September 24, 2019

Linux での IBM Spectrum Protect バージョン 7.1.9 のサポート、およびテープゲートウェイの最大テープサイズを 5 に増加TiB

テープゲートウェイが Microsoft Windows 用だけでなく Linux 用の IBM Spectrum Protect (Tivoli Storage Manager) バージョン 7.1.9 もサポートするようになりました。詳細については、 https://docs.aws.amazon.com/storagegateway/latest/userguide/backup-tsm.htmlユーザーガイドの「IBM Spectrum Protect を使用したセットアップのテスト」を参照してくださいAWS Storage Gateway。また、テープゲートウェイで仮想テープの最大サイズが 2.5 から 5 TiBに増加しましたTiB。 詳細については、 https://docs.aws.amazon.com/storagegateway/latest/userguide/resource-gateway-limits.html#resource-tape-limitsユーザーガイドの「テープのクォータ」を参照してくださいAWS Storage Gateway。

September 10, 2019

Amazon CloudWatch Logs のサポート

Amazon CloudWatch ロググループを使用して、ゲートウェイとそのリソースのエラーとヘルスについて通知を受け取るように、ファイルゲートウェイを設定できるようになりました。詳細については、 CloudWatchユーザーガイドの「Amazon ロググループを使用したゲートウェイのヘルスとエラーに関する通知の取得」を参照してください。AWS Storage Gateway

September 4, 2019

新しい AWS リージョン

AWS Storage Gateway が、アジアパシフィック (香港) リージョンで利用可能になりました。詳細については、の「AWS Storage Gatewayエンドポイントとクォータ」を参照してくださいAWS General Reference

August 14, 2019

新しい AWS リージョン

AWS Storage Gateway が、中東 (バーレーン) リージョンで利用可能になりました。詳細については、の「AWS Storage Gatewayエンドポイントとクォータ」を参照してくださいAWS General Reference

July 29, 2019

Virtual Private Cloud (VPC) でゲートウェイをアクティブ化するためのサポート

VPC でゲートウェイをアクティベートできるようになりました。オンプレミスのソフトウェアアプライアンスとクラウドベースのストレージインフラストラクチャの間にプライベート接続を作成することができます。詳細については、「仮想プライベートクラウドでゲートウェイをアクティブ化する」を参照してください。

June 20, 2019

GLACIER から DEEP_ARCHIVE への仮想テープ移動のサポート

コストの効率化と長期間のデータ保管用に、GLACIER ストレージクラスにアーカイブされている仮想テープを DEEP_ARCHIVE ストレージクラスに移動することができるようになりました。詳細については、「Glacier から Deep Archive へのテープの移動」を参照してください。

May 28, 2019

Microsoft Windows の SMB ファイル共有のサポートACLs

ファイルゲートウェイの場合、Microsoft Windows アクセスコントロールリスト (ACL) を使用して、サーバーメッセージブロック (SMB) ファイル共有へのアクセスを制御できるようになりました。詳細については、「Microsoft Windows を使用して SMB ファイル共有へのアクセスを制御する」を参照してくださいACLs。

May 8, 2019

Amazon S3 Glacier Deep Archive との統合

テープゲートウェイは DEEP_ARCHIVE と統合されます。Deep Archive で仮想テープを長期データ保持用にアーカイブできるようになりました。詳細については、「仮想テープのアーカイブ」を参照してください。

March 27, 2019

ファイルゲートウェイでのタグベースの認証のサポート

ファイルゲートウェイでタグベースの認証がサポートされるようになりました。ファイルゲートウェイリソースへのアクセスをリソースのタグに基づいてコントロールできます。このアクセスは、IAM リクエストの条件で渡すことのできるタグに基づいてコントロールすることもできます。詳細については、「ファイルゲートウェイリソースへのアクセスを制御する」を参照してください。

March 4, 2019

ヨーロッパでの AWS Storage Gateway Hardware Appliance の購入可能性

AWS Storage Gateway Hardware Appliance はヨーロッパで購入可能になりました。詳細については、次のガイドの「AWS Storage Gatewayハードウェアアプライアンスのリージョン」を参照してくださいAWS General Reference。さらに、AWS Storage Gateway Hardware Appliance の使用可能なストレージを 5 TB から 12 TB に増やし、取り付けられている銅線ネットワークカードを 10 ギガビット光ファイバーネットワークカードに交換できます。詳細については、「ハードウェアアプライアンスの設定」を参照してください。

February 25, 2019

AWS バックアップの統合

AWS Storage Gateway には AWS バックアップが統合されています。AWS Backup を使用して、クラウドバックエンドストレージのために Storage Gateway ボリュームを使用するオンプレミスのビジネスアプリケーションをバックアップできるようになりました。詳細については、「ボリュームのバックアップ」を参照してください。

January 16, 2019

Bacula Enterprise および IBM Spectrum Protect のサポート

テープゲートウェイは Bacula Enterprise および IBM Storage Gateway Spectrum Protect をサポートするようになりました。また、Veritas および Veritas Backup Exec および Quest NetBackup バックアップの新しいバージョンNetVaultをサポートするようになりました。これらのバックアップアプリケーションを使用してデータを Amazon S3 にバックアップし、オフラインストレージ (GLACIER または DEEP_ARCHIVE) に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、「バックアップソフトウェアを使用してゲートウェイのセットアップをテストする」を参照してください。

November 13, 2018

AWS Storage Gateway Hardware Appliance のサポート

AWS Storage Gateway Hardware Appliance では、Storage Gateway ソフトウェアが、サードパーティーサーバーにプリインストールされています。AWS マネジメントコンソール からアプライアンスを管理できます。アプライアンスは、ファイルゲートウェイ、テープゲートウェイ、およびボリュームゲートウェイをホストできます。詳細については、「AWS Storage Gateway ハードウェアアプライアンスの使用」を参照してください。

September 18, 2018

Microsoft System Center 2016 Data Protection Manager (DPM) との互換性

仮想テープライブラリは、Microsoft System Center 2016 Data Protection Manager (DPM) と互換性を持つようになりました。Microsoft DPM を使用してデータを Amazon S3 にバックアップし、オフラインストレージ (GLACIER または DEEP_ARCHIVE) に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、「Microsoft System Center Data Protection Manager を使用したセットアップのテスト」を参照してください。

July 18, 2018

サーバーメッセージブロック (SMB) プロトコルのサポート

ファイルゲートウェイで、サーバーメッセージブロック (SMB) プロトコルのサポートをファイル共有に追加しました。詳細については、「ファイル共有の作成」を参照してください。

June 20, 2018

ファイル共有、キャッシュ型ボリューム、および仮想テープの暗号化のサポート

AWS Key Management Service (AWS KMS) を使用して、ファイル共有、キャッシュボリューム、または仮想テープに書き込むデータを暗号化できるようになりました。現在、この暗号化には AWS Storage Gateway API を使用できます。詳細については、「AWS Key Management System を使用したデータの暗号化」を参照してください。

June 12, 2018

NovaStorDataCenter/Network のサポート

テープゲートウェイは NovaStor DataCenter /Network をサポートするようになりました。NovaStor DataCenter /Network バージョン 6.4 または 7.1 を使用してデータを にバックアップAmazon S3し、オフラインストレージ (GLACIER または DEEP_ARCHIVE) に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、「NovaStor/Network を使用したセットアップDataCenterのテスト」を参照してください

May 24, 2018

以前の更新

以下の表に、2018 年 5 月より前の AWS Storage Gateway ユーザーガイドの各リリースにおける重要な変更点を示します。

変更  説明 変更日

S3 1 ゾーン_IA ストレージクラスのサポート

ファイルゲートウェイで、S3 1 ゾーン_IA をファイル共有のデフォルトのストレージクラスとして選択できるようになりました。このストレージクラスを使用すると、Amazon S3 の単一アベイラビリティーゾーンにオブジェクトデータを保存できます。詳細については、ファイル共有の作成 を参照してください。

2018 年 4 月 4 日

新しいリージョン

テープゲートウェイが アジアパシフィック (シンガポール) リージョンで利用可能になりました。詳細については、「AWS リージョン」を参照してください。

2018 年 4 月 3 日

キャッシュの更新通知、リクエスタ支払いおよび Amazon S3 バケットの既定 ACL のサポート。

ファイルゲートウェイを使用すると、ゲートウェイによる Amazon S3 バケットのキャッシュの更新が完了したときに、通知を受けることができるようになりました。詳細については、AWS Storage Gateway API リファレンスの「RefreshCache.html」を参照してください。

ファイルゲートウェイを使用して、バケット所有者ではなくリクエスタまたはリーダーがアクセス料金を支払うことができるようになりました。

ファイルゲートウェイを使用して、NFS ファイル共有にマッピングする S3 バケットの所有者に完全なコントロールを付与できるようになりました。

詳細については、ファイル共有の作成 を参照してください。

2018 年 3 月 1 日

Dell EMC NetWorker V9.x のサポート

テープゲートウェイは Dell EMC NetWorker V9.x をサポートするようになりました。Dell EMC NetWorker V9.x を使用してデータを にバックアップAmazon S3し、オフラインストレージ (GLACIER または DEEP_ARCHIVE) に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、Dell EMC NetWorker を使用したセットアップのテスト を参照してください。

2018 年 2 月 27 日

新しいリージョン

AWS Storage Gateway は 欧州 (パリ) リージョンで利用可能になりました。詳細については、「AWS リージョン」を参照してください。

2017 年 12 月 18 日

ファイルのアップロード通知および MIME タイプの推測のサポート

ファイルゲートウェイを使用して、NFS ファイル共有に書き込まれたすべてのファイルが Amazon S3 にアップロードされた際に通知を受信できるようになりました。詳細については、AWS Storage Gateway API リファレンスの「NotifyWhenUploaded」を参照してください。

ファイルゲートウェイを使用して、アップロードされたオブジェクトの MIME タイプをファイルの拡張子に基づいて推測できるようになりました。詳細については、ファイル共有の作成 を参照してください。

2017 年 11 月 21 日

VMwareESXiハイパーバイザーバージョン 6.5 のサポート

AWS Storage Gatewayでは、VMwareESXiHypervisor バージョン 6.5 がサポートされるようになりました。これは、バージョン 4.1、5.0、5.1、5.5、および 6.0 に加えてサポートされます。詳細については、サポートされているハイパーバイザーとホストの要件 を参照してください。

2017 年 9 月 13 日

Commvault 11 との互換性

テープゲートウェイは Commvault 11 との互換性があります。Commvault を使用してデータを Amazon S3 にバックアップし、オフラインストレージ (GLACIER または DEEP_ARCHIVE) に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、Commvault を使用したセットアップのテスト を参照してください。

2017 年 9 月 12 日

Microsoft Hyper-V ハイパーバイザーのファイルゲートウェイサポート

Microsoft Hyper-V ハイパーバイザーにファイルゲートウェイをデプロイできるようになりました。詳細については、「サポートされているハイパーバイザーとホストの要件」 を参照してください。

2017 年 6 月 22 日

3 ~ 5 時間のテープをアーカイブから取得するサポート

テープゲートウェイでは、3 ~ 5 時間のテープをアーカイブから取得できるようになりました。バックアップアプリケーションまたは仮想テープライブラリ (VTL) によってテープに書き込まれるデータ量を判断することもできます。詳細については、テープの使用状況の表示 を参照してください。

2017 年 5 月 23 日

新しいリージョン

AWS Storage Gateway が アジアパシフィック (ムンバイ) リージョン で利用可能になりました。詳細については、「AWS リージョン」を参照してください。

2017 年 5 月 02 日

ファイル共有の設定に更新します

ファイル共有のためのキャッシュ更新のサポート

ファイルゲートウェイにファイル共有の設定にマウントオプションを追加されました。ファイル共有に squash と読み取り専用オプションを設定できるようになりました。詳細については、ファイル共有の作成 を参照してください。

ファイルゲートウェイで、ゲートウェイが最後にバケットのコンテンツをリストして結果をキャッシュしてから、Amazon S3 バケットに追加または削除されたオブジェクトを見つけることができるようになりました。詳細については、API リファレンスRefreshCacheの「」を参照してください。

2017 年 3 月 28 日

ボリュームのクローンをサポート

キャッシュ型ボリュームゲートウェイで、AWS Storage Gateway は既存のボリュームからボリュームをクローンする機能をサポートしています。詳細については、ボリュームをクローンする を参照してください。

2017 年 3 月 16 日

Amazon EC2 のファイルゲートウェイのサポート

AWS Storage Gateway は、ファイルゲートウェイを Amazon EC2 にデプロイする機能を提供するようになりました。コミュニティ AMI として利用できるようになった Storage Gateway Machine Image (AMI) を使用して、Amazon EC2 でファイルゲートウェイを起動できます。ファイルゲートウェイを作成し、EC2 インスタンスでデプロイする方法については、「ゲートウェイの作成」を参照してください。AMI にファイルゲートウェイを起動する方法についての詳細は、「Amazon EC2 ホストへのファイルゲートウェイのデプロイ」を参照してください。

さらに、ファイルゲートウェイ は HTTP プロキシ設定をサポートするようになりました。詳細については、オンプレミスのゲートウェイでのプロキシ経由のルーティング を参照してください。

2017 年 2 月 08 日

Arcserve 17 との互換性

テープゲートウェイは Arcserve 17 との互換性があります。Arcserve を使用して、データを Amazon S3 にバックアップしたり、S3 Glacier に直接アーカイブしたりできます。詳細については、Arcserve Backup r17.0 を使用したセットアップのテスト を参照してください。

2017 年 1 月 17 日

新しいリージョン

AWS Storage Gateway は、欧州 (ロンドン) リージョンで使用可能になりました。詳細については、「AWS リージョン」を参照してください。

2016 年 12 月 13 日

新しいリージョン

AWS Storage Gateway は、カナダ (中部) リージョンで使用可能になりました。詳細については、「AWS リージョン」を参照してください。

2016 年 12 月 08 日

ファイルゲートウェイのサポート

AWS Storage Gateway は、ボリュームゲートウェイと テープゲートウェイ に加え、ファイルゲートウェイ の提供を開始しました。ファイルゲートウェイは、サービスおよび仮想ソフトウェアアプライアンスを組み合わせ、ネットワークファイルシステム (NFS) のような業界標準ファイルプロトコルを使用して、Amazon S3 にオブジェクトを保存および取得することができます。ゲートウェイは、NFS マウントポイントのファイルとして、Amazon S3 のオブジェクトへのアクセスを提供します。

2016 年 11 月 29 日

Backup Exec 16

テープゲートウェイは Backup Exec 16 との互換性があります。Backup Exec 16 を使用してデータを Amazon S3 にバックアップし、オフラインストレージ (GLACIER または DEEP_ARCHIVE) に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、Veritas Backup Exec を使用したセットアップのテスト を参照してください。

2016 年 11 月 7 日

Micro Focus (HPE) Data Protector 9.x との互換性

テープゲートウェイは、Micro Focus (HPE) Data Protector 9.x と互換性があります。HPE Data Protector を使用して、データを Amazon S3 にバックアップしたり、S3 Glacier に直接アーカイブしたりできます。詳細については、Micro Focus (HPE) Data Protector を使用したセットアップのテスト を参照してください。

2016 年 11 月 2 日

新しいリージョン

AWS Storage Gateway は 米国東部 (オハイオ) リージョンで利用可能になりました。詳細については、「AWS リージョン」を参照してください。

2016 年 10 月 17 日

AWS Storage Gateway コンソールの再設計

AWS Storage Gateway 管理コンソールを再設計し、すべてのゲートウェイ、ボリューム、および仮想テープを簡単に設定、管理、モニタリングできるようにしました。ユーザーインターフェイスではフィルター可能なビューが提供され、CloudWatch や Amazon EBS といった統合 AWS サービスに直接リンクできます。詳細については、AWS Storage Gateway へのサインアップ を参照してください。

2016 年 8 月 30 日

Veeam Backup & Replication V9 アップデート 2 以降のバージョンとの互換性

テープゲートウェイは Veeam Backup & Replication V9 アップデート 2 以降のバージョン (バージョン 9.0.0.1715 以降) との互換性があります。Veeam Backup Replication V9 Update 2 以降を使用してデータを Amazon S3 にバックアップし、オフラインストレージ (GLACIER または DEEP_ARCHIVE) に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、Veeam Backup & Replication を使用したセットアップのテスト を参照してください。

2016 年 8 月 15 日

より長いボリュームとスナップショットIDs

AWS Storage Gatewayでは、ボリュームとスナップショットIDsに長い時間を導入しています。ボリューム、スナップショット、その他サポートされている AWS リソース用の長い ID 形式を有効にできます。詳細については、AWS Storage Gateway リソースとリソース ID の理解 を参照してください。

2016 年 4 月 25 日

新しいリージョン

ストレージ容量が最大 512 の保管型ボリュームのサポートTiB

AWS Storage Gateway ローカルコンソールに対して行われたゲートウェイの他の更新と機能強化

テープゲートウェイは、アジアパシフィック (ソウル) リージョンで使用できるようになりました。詳細については、AWS リージョン を参照してください。

保管型ボリュームの場合、ストレージ容量が最大 512 のストレージボリュームを最大 32 個 (各ボリュームのサイズは最大 16 個) 作成できるようになりました。TiBTiB詳細については、「ストアド・ボリューム・アーキテクチャ」および「AWS Storage Gateway のクォータ」を参照してください。

仮想テープライブラリ内のすべてのテープの合計サイズは 1 に増加しますPiB。 詳細については、「」を参照してくださいAWS Storage Gateway のクォータ

AWS Storage Gateway コンソールで VM ローカルコンソールのパスワードを設定できるようになりました。詳細については、「Storage Gateway コンソールからのコンソールパスワードの設定」 を参照してください。

2016 年 3 月 21 日

Dell EMC NetWorker 8.x との互換性

テープゲートウェイは Dell EMC NetWorker 8.x との互換性があります。Dell EMC を使用してデータを にバックアップNetWorkerし、オフラインストレージ (GLACIER または DEEP_ARCHIVE) に直接アーカイブできるようになりました。Amazon S3詳細については、Dell EMC NetWorker を使用したセットアップのテスト を参照してください。

2016 年 2 月 29 日

VMwareESXiハイパーバイザーバージョン 6.0 および Red Hat Enterprise Linux 7 iSCSI イニシエータのサポート

コンテンツの再編成

は、AWS Storage GatewayVMwareHypervisor バージョン 6.0 と Red Hat Enterprise Linux 7 iSCSI イニシエータをサポートするESXiようになりました。詳細については、「サポートされているハイパーバイザーとホストの要件」および「サポートされている iSCSI イニシエータ」を参照してください。

このリリースでは、次のように改善されています。ドキュメントに、すべてのゲートウェイソリューションに共通の管理タスクを組み合わせた「アクティブ化したゲートウェイの管理」セクションが追加されました。次に、デプロイしてアクティベートした後のゲートウェイを管理する方法が記載されています。詳細については、ゲートウェイを管理する を参照してください。

2015 年 10 月 20 日

キャッシュ型ボリュームに対して最大 1,024 のサイズのストレージをサポートTiB

GbEESXi ハイパーバイザーでの VMXNET3 (10 VMware ) ネットワークアダプタタイプのサポート

パフォーマンスの拡張

AWS Storage Gateway のローカルコンソールの拡張と更新

キャッシュ型ボリュームの場合、ストレージ容量が最大 1,024 個のストレージボリュームを最大 32 個作成できるようになりました。TiBTiB詳細については、「キャッシュされたボリュームのアーキテクチャ」および「AWS Storage Gateway のクォータ」を参照してください。

ゲートウェイがVMwareESXiハイパーバイザーでホストされている場合は、VMXNET3 アダプタタイプを使用するようにゲートウェイを再設定できます。詳細については、ゲートウェイのネットワークアダプタの設定 を参照してください。

AWS Storage Gateway の最大アップロード速度が 120 MB/秒に向上し、最大ダウンロード速度が 20 MB/秒に向上しました。

AWS Storage Gateway ローカルコンソールが更新および拡張され、メンテナンスタスクを実行するための機能が追加されました。詳細については、ゲートウェイのネットワークの設定 を参照してください。

2015 年 9 月 16 日

タグ指定のサポート

AWS Storage Gateway でリソースへのタグ付けがサポートされるようになりました。ゲートウェイ、ボリューム、および仮想テープにタグを追加して、簡単に管理できるようになりました。詳細については、Storage Gateway リソースのタグ付け を参照してください。

2015 年 9 月 2 日

Quest (旧 Dell) NetVaultBackup 10.0 との互換性

テープゲートウェイは Quest NetVaultBackup 10.0 との互換性があります。Quest NetVaultBackup 10.0 を使用してデータを にバックアップAmazon S3し、オフラインストレージ (GLACIER または DEEP_ARCHIVE) に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、Quest NetVault Backup を使用したセットアップのテスト を参照してください。

2015 年 6 月 22 日

保管型ボリュームゲートウェイのセットアップ用 16 TiB ストレージボリュームのサポート

AWS Storage Gateway ローカルコンソールでのシステムリソースチェックのサポート

Red Hat Enterprise Linux 6 iSCSI イニシエータのサポート

AWS Storage Gatewayで保管型ボリュームゲートウェイのセットアップ用の 16 TiB ストレージボリュームがサポートされるようになりました。16 個のTiBストレージボリュームを 12 個作成できるようになりました (ストレージは最大 192 個)。TiB詳細については、ストアド・ボリューム・アーキテクチャ を参照してください。

ゲートウェイが適切に機能するには、システムリソース (仮想 CPU コア、ルートボリュームサイズ、および RAM) が十分であるかどうかを確認できるようになりました。詳細については「ゲートウェイシステムリソースのステータスの表示」または「ゲートウェイシステムリソースのステータスの表示」を参照してください。

AWS Storage Gateway で Red Hat Enterprise Linux 6 iSCSI イニシエータがサポートされるようになりました。詳細については、Requirements を参照してください。

このリリースでは、以下のように AWS Storage Gateway が強化および更新されています。

  • AWS Storage Gateway コンソールから、最後にソフトウェア更新が正常にゲートウェイに適用された日時を確認できるようになりました。詳細については、AWS Storage Gateway コンソールでのゲートウェイアップデートの管理 を参照してください。

  • AWS Storage Gateway で、API を使用して、ストレージボリュームに接続されている iSCSI イニシエータをリストできるようになりました。詳細については、API リファレンスListVolumeInitiatorsの「」を参照してください。

2015 年 6 月 3 日

Microsoft Hyper-V hypervisor バージョン 2012 および 2012 R2 のサポート

AWS Storage Gateway は、Microsoft Hyper-V hypervisor バージョン 2012 および 2012 R2 をサポートするようになりました。これは、Microsoft Hyper-V hypervisor バージョン 2008 R2 に加えてサポートされます。詳細については、サポートされているハイパーバイザーとホストの要件 を参照してください。

2015 年 4 月 30 日

Symantec Backup Exec 15 との互換性

テープゲートウェイは Symantec Backup Exec 15 との互換性があります。Symantec Backup Exec 2012 を使用してデータを Amazon S3 にバックアップし、オフラインストレージ (GLACIER または DEEP_ARCHIVE) に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、Veritas Backup Exec を使用したセットアップのテスト を参照してください。

2015 年 4 月 6 日

ストレージボリュームに対する CHAP 認証サポート

AWS Storage Gateway は、ストレージボリュームに対する CHAP 認証の設定をサポートするようになりました。詳細については、ボリュームの作成 を参照してください。

2015 年 4 月 2 日

VMwareESXiハイパーバイザーバージョン 5.1 および 5.5 のサポート

AWS Storage Gatewayは、VMwareESXiHypervisor バージョン 5.1 および 5.5 をサポートするようになりました。これは、VMwareESXiHypervisor バージョン 4.1 および 5.0 に加えてサポートされます。詳細については、サポートされているハイパーバイザーとホストの要件 を参照してください。

2015 年 30 月 3 日

Windows CHKDSK ユーティリティのサポート

AWS Storage Gateway は、Windows CHKDSK ユーティリティをサポートするようになりました。このユーティリティを使用すると、ボリュームの整合性を確認し、ボリューム上のエラーを修正することができます。詳細については、ボリューム問題のトラブルシューティング を参照してください。

2015 年 3 月 04 日

AWS CloudTrail との統合による API 呼び出しのログ記録

AWS Storage Gatewayは AWS と統合されましたCloudTrail。 は、AWS アカウントで AWS Storage Gateway によって行われたか AWS Storage Gateway に代わって行われた API コールをAWS CloudTrailキャプチャし、指定した Amazon S3 バケットにログファイルを配信します。詳細については、AWS Storage Gateway でのログ記録とモニタリング を参照してください。

このリリースで、AWS Storage Gateway は以下の点で改良および更新されました。

  • キャッシュストレージにダーティデータがある仮想テープ (キャッシュストレージのデータが AWS にアップロードされていないテープ) は、ゲートウェイのキャッシュ型ドライブの変更時に復旧されるようになりました。詳細については、回復不可能なゲートウェイからの仮想テープの復旧 を参照してください。

2014 年 12 月 16 日

追加のバックアップソフトウェアやメディアチェンジャーとの互換性

テープゲートウェイは次のバックアップソフトウェアとの互換性があります。

  • Symantec Backup Exec 2014

  • Microsoft System Center 2012 R2 Data Protection Manager

  • Veeam Backup & Replication V7

  • Veeam Backup & Replication V8

これらの 4 つのバックアップソフトウェア製品と Storage Gateway 仮想テープライブラリ (VTL) を組み合わせてデータを Amazon S3 にバックアップし、オフラインストレージ (GLACIER または DEEP_ARCHIVE) に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、バックアップソフトウェアを使用してゲートウェイのセットアップをテストする を参照してください。

AWS Storage Gateway で、新しいバックアップソフトウェアと連係する追加のメディアチェンジャーが提供されるようになりました。

このリリースでは、AWS Storage Gateway がさまざまな面で改良および更新されています。

2014 年 11 月 3 日

欧州 (フランクフルト) リージョン

AWS Storage Gateway は 欧州 (フランクフルト) リージョンで利用可能になりました。詳細については、「AWS リージョン」を参照してください。

2014 年 10 月 23 日

コンテンツの再編成

すべてのゲートウェイソリューションに共通の「はじめに」セクションを作成しました。次に、ゲートウェイをダウンロード、デプロイ、およびアクティブ化するための手順を説明します。ゲートウェイをデプロイおよびアクティブ化した後は、保管型ボリューム、キャッシュ型ボリューム、および テープゲートウェイ をセットアップするための特定の手順に進むことができます。詳細については、テープゲートウェイ の作成 を参照してください。

2014 年 5 月 19 日

Symantec Backup Exec 2012 との互換性

テープゲートウェイは Symantec Backup Exec 2012 との互換性があります。Symantec Backup Exec 2012 を使用してデータを Amazon S3 にバックアップし、オフラインストレージ (GLACIER または DEEP_ARCHIVE) に直接アーカイブできるようになりました。詳細については、Veritas Backup Exec を使用したセットアップのテスト を参照してください。

2014 年 4 月 28 日

Windows Server Failover Clustering のサポート

VMwareESX イニシエータのサポート

AWS Storage Gateway ローカルコンソールでの設定タスク操作のサポート

2014 年 1 月 31 日

仮想テープライブラリ(VTL)のサポートと、API バージョン(2013 年 6 月 30 日)の導入

AWS Storage Gateway は、オンプレミスソフトウェアアプライアンスをクラウドベースのストレージに接続して、オンプレミス IT 環境と AWS ストレージインフラストラクチャを統合します。ボリュームゲートウェイ (キャッシュ型ボリュームと保管型ボリューム) に加え、AWS Storage Gateway はゲートウェイ – 仮想テープライブラリ (VTL) をサポートするようになりました。ゲートウェイごとに最大 10 個の仮想テープドライブを使って、テープゲートウェイ を構成できます。各仮想テープドライブは SCSI コマンドセットに応答するため、既存のオンプレミスバックアップアプリケーションを修正する必要はありません。詳細については、「AWS Storage Gateway ユーザーガイド」の次のトピックを参照してください。

2013 年 11 月 5 日

Microsoft Hyper-V のサポート

AWS Storage Gateway は、Microsoft Hyper-V 仮想プラットフォームにオンプレミスゲートウェイをデプロイできるようになりました。Microsoft Hyper-V にデプロイされたゲートウェイは、既存のオンプレミスストレージゲートウェイと同じ機能と特徴をすべて備えています。Microsoft Hyper-V を使ってゲートウェイのデプロイを開始するには、サポートされているハイパーバイザーとホストの要件 を参照してください。

2013 年 4 月 10 日

Amazon EC2 でのゲートウェイのデプロイのサポート

AWS Storage Gateway が Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) にゲートウェイをデプロイできるようになりました。AWS Marketplace 内で利用できる AWS Storage Gateway AMI を使用して、ゲートウェイインスタンスを Amazon EC2 で起動できます。AWS Storage Gateway AMI を使ってゲートウェイのデプロイを開始するには、Amazon EC2 ホストにボリュームまたはテープゲートウェイをデプロイする を参照してください。

2013 年 1 月 15 日

キャッシュ型ボリュームのサポートと、API バージョン (2012 年 6 月 30 日) の導入

このリリースでは、AWS Storage Gateway はキャッシュ型ボリュームのサポートを導入しました。キャッシュ型ボリュームは、オンプレミスストレージを拡張する必要性を最小限に抑えます。同時に、アプリケーションからは引き続き、アクティブデータへの低レイテンシーなアクセスが可能になります。最大 32 個のストレージボリュームを作成し、オンプレミスのアプリケーションサーバーから iSCSI デバイスとしてマウントできます。TiBキャッシュ型ボリュームに書き込まれたデータは Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) に保管され、オンプレミスストレージのローカルキャッシュには、最近読み書きされたデータのみが格納されます。キャッシュ型ボリュームでは、古くてあまり頻繁にアクセスされないデータなど、取得時の高レイテンシーが許容されるデータには Amazon S3 を使用し、低レイテンシーアクセスが必要なデータにはオンプレミスストレージを使用します。

このリリースの AWS Storage Gateway は、現在のオペレーションのサポートに加え、新しい API バージョンを導入し、キャッシュ型ボリュームをサポートするための新しいオペレーションも提供します。

2 つの AWS Storage Gateway ソリューションの詳細については、方法 AWS Storage Gateway 作業(アーキテクチャ) を参照してください。

また、テストのセットアップもお試しください。手順については、「テープゲートウェイ の作成」を参照してください。

2012 年 10 月 29 日

API と IAM のサポート

このリリースの AWS Storage Gateway では API のサポートと、AWS Identity and Access Management (IAM) のサポートが導入されました。

  • API のサポート — AWS Storage Gateway リソースをプログラムで構成および管理できるようになりました。API, の詳細については、「AWS Storage Gateway ユーザーガイド」の「AWS Storage Gateway の API リファレンス」を参照してください。

  • IAM のサポート – AWS Identity and Access Management (IAM) を使用すると、ユーザーを作成し、IAM ポリシーにより、AWS Storage Gateway リソースへのユーザーアクセスを管理することができます。IAM ポリシーの例については、「AWS Storage Gateway に対する認証とアクセスコントロール」を参照してください。IAM の詳細については、AWS Identity and Access Management (IAM) の詳細ページを参照してください。

2012 年 5 月 9 日

静的 IP のサポート

ローカルゲートウェイに対して、静的 IP を指定できるようになりました。詳細については、ゲートウェイのネットワークの設定 を参照してください。

2012 年 3 月 5 日

新規ガイド

これは『AWS Storage Gateway ユーザーガイド』の最初のリリースです。

2012 年 1 月 24 日