テープの作成 - AWS Storage Gateway

Amazon S3 ファイルゲートウェイのドキュメントはAmazon S3 ファイルゲートウェイとは

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

テープの作成

このセクションでは、を使用して新しい仮想テープを作成する方法について説明します。AWS Storage Gateway。新しい仮想テープは、AWS Storage Gatewayコンソールを使用して、自動的に作成されるようにもできます。

Storage Gateway は、新しい仮想テープの作成を自動化すると、手動でのテープ管理が不要になり、大規模なデプロイがよりシンプルになります。自動テープ作成は、オンプレミスおよびアーカイブストレージのニーズ拡大にも役立ちます。

Storage Gateway一回書いて、多く読む(WORM) とテープ保持ロック仮想テープ上の。WORM 対応の仮想テープは、仮想テープライブラリ内のアクティブなテープ上のデータを上書きしたり消去したりできないようにするのに役立ちます。仮想テープの WORM 保護の詳細については、次のセクションを参照してください。一度書き込み、読み取り多数(WORM)テープ保護

テープ保持ロックを使用すると、アーカイブされた仮想テープの保存モードと期間を指定でき、最大 100 年間一定期間削除されるのを防ぐことができます。これには、テープの削除や保存設定の変更が可能なユーザーに関する権限コントロールが含まれます。テープ保持ロックの詳細については、「」を参照してください。テープレテンションロックを使用する

注記

料金は、テープの容量に対してではなく、テープに書き込んだデータ量に対してのみ発生します。

次を使用できます。AWS Key Management Service(AWS KMS) を使用して、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) に保存された仮想テープに書き込まれたデータを暗号化します。現在のところ、を使用して、これを行うことができます。AWS Storage GatewayAPIかAWS Command Line Interface(AWS CLI). 詳細については、「CreateTapes」または「create-tapes」を参照してください。

一度書き込み、読み取り多数(WORM)テープ保護

で仮想テープの WORM 保護を有効にすることで、仮想テープの上書きや消去を防ぐことができます。AWS Storage Gateway。仮想テープの WORM 保護は、テープの作成時に有効になります。

WORM 仮想テープに書き込まれたデータは上書きできません。WORM 仮想テープに追加できるのは新しいデータのみです。既存のデータは消去できません。仮想テープの WORM 保護を有効にすると、テープがイジェクトされてアーカイブされる前に、アクティブに使用されている間、それらのテープを保護できます。

WORM 構成は、テープの作成時にのみ設定でき、テープの作成後にその構成を変更することはできません。

テープの手動作成

コンソールを使用して仮想テープを手動で作成するには、以下の手順に従います。

仮想テープを手動で作成するには

  1. で Storage Gateway コンソールを開きます。https://console.aws.amazon.com/storagegateway/home

  2. ナビゲーションペインで、[ゲートウェイ] タブを選択します。

  3. 選択テープの作成をクリックして、[] を開きます。テープの作成ペイン。

  4. [ゲートウェイ] で、ゲートウェイを選択します。このゲートウェイに対してテープが作成されます。

  5. を使用する場合テープタイプで、Standardをクリックして、標準の仮想テープを作成します。選択ワーム作成するには一回書いたら多く読む(WORM) 仮想テープ。

  6. [Number of tapes (テープの数)] で、作成するテープの数を選択します。テープクォータの詳細については、「AWS Storage Gateway のクォータ」を参照してください。

  7. [容量] に、作成する仮想テープのサイズを入力します。テープは 100 GiB より大きくできません。容量クォータの詳細については、「AWS Storage Gateway のクォータ」を参照してください。

  8. [Barcode prefix (バーコードのプレフィックス)] に、仮想テープのバーコードの前に追加するプレフィックスを入力します。

    注記

    仮想テープはバーコードによって一意に識別されます。バーコードにはプレフィックスを追加できます。プレフィックスを使用して、仮想テープを識別できます。プレフィックスは 1 ~ 4 文字の長さの大文字 (A ~ Z) にする必要があります。

  9. を使用する場合プールで、Glacier Pool,ディープ・アーカイブプール、または作成したカスタムプールです。プールは、バックアップソフトウェアによって取り出されたときにテープが保存されるストレージクラスを決定します。

    • 選択Glacier Poolテープを S3 Glacier Flexible Retrieval ストレージクラスにアーカイブする場合。バックアップソフトウェアによってテープが取り出されると、テープは S3 Glacier Flexible Retrieval に自動的にアーカイブされます。よりアクティブなアーカイブには、通常 3 〜 5 時間以内にテープを取り出せるには、S3 Glacier Flexible Retrieval を使用します。詳細については、「」を参照してください。オブジェクトのアーカイブに適したストレージクラスAmazon Simple Storage Service ユーザーガイド

    • 選択ディープ・アーカイブプールテープを S3 Glacier Deep Archive ストレージクラスにアーカイブする場合。バックアップソフトウェアによってテープが取り出されると、テープは S3 Glacier Deep Archive に自動的にアーカイブされます。長期のデータ保持、およびデータのアクセス回数が年 1、2 回のデジタル保存には、S3 Glacier Deep Archive を使用します。S3 Glacier Deep Archive にアーカイブされたテープは通常 12 時間以内に取り出すことができます。詳細については、「」を参照してください。オブジェクトのアーカイブに適したストレージクラスAmazon Simple Storage Service ユーザーガイド

    • カスタムプールがある場合は、そのプールを選択します。カスタムテーププールは、次のいずれかを使用するように構成します。ディープ・アーカイブプールまたはGlacier Pool。テープは、バックアップソフトウェアによって取り出されたときに設定されたストレージクラスにアーカイブされます。

    テープを S3 Glacier、S3 Glacier Deep Archive にアーカイブした場合、後でこれを S3 Glacier Deep Archive に移動できます。詳細については、「S3 Glacier Flexible Retrieval から S3 Glacier Deep Archive ストレージクラスに移行する」を参照してください。

    注記

    2019 年 3 月 27 日より前に作成されたテープは、バックアップソフトウェアによって取り出されると、S3 Glacier Flexible Retrieval に直接アーカイブされます。

  10. (オプション)タグで、新しいタグを追加をクリックし、キーと値を入力して、テープにタグを追加します。タグは、テープの管理、フィルタリング、検索に便利な、大文字と小文字の区別があるキーと値のペアです。

  11. [テープの作成] を選択します。

  12. ナビゲーションペインの [] を選択します。テープライブラリ > テープテープを見に行ってください。デフォルトでは、このリストには一度に最大 1,000 個のテープが表示されますが、実行する検索はすべてのテープに適用されます。検索バーを使用して、特定の条件に一致するテープを検索したり、リストを 1,000 枚未満に減らしたりできます。リストに含まれるテープが 1,000 個以下の場合は、さまざまなプロパティでテープを昇順または降順で並べ替えることができます。

仮想テープが作成されているとき、仮想テープのステータスは最初、[作成中] に設定されます。テープが作成されると、ステータスが [使用可能] に変わります。詳細については、「テープゲートウェイの管理」を参照してください。

テープの自動作成

テープゲートウェイは、設定された使用可能なテープの最小数を維持するために、新しい仮想テープを自動的に作成します。その後、これらの新しいテープをバックアップアプリケーションによるインポート用に使用できるようにします。これにより、中断なくバックアップジョブを実行できるようになります。自動テープ作成により、新しい仮想テープを作成するための手動プロセスも、カスタムスクリプトも不要になります。

テープゲートウェイは、自動テープ作成用に指定された使用可能なテープの最小数よりも少ないテープがある場合に、新しいテープを自動的にスポーンします。新しいテープは、次の場合にスポーンされます。

  • テープはインポート/エクスポートスロットからインポートされます。

  • テープがテープドライブにインポートされます。

ゲートウェイは、自動テープ作成ポリシーで指定されたバーコードプレフィックスを持つテープの最小数を保持します。バーコードプレフィックスを持つテープの最小数よりも少ないテープがある場合、ゲートウェイは、自動テープ作成ポリシーで指定されたテープの最小数に等しいほど新しいテープを自動的に作成します。

テープを取り出してインポート/エクスポートスロットに入ると、そのテープは、自動テープ作成ポリシーで指定されたテープの最小数にはカウントされません。インポート/エクスポートスロットのテープだけが「使用可能」としてカウントされます。テープをエクスポートしても、自動テープ作成はトリガーされません。インポートのみが使用可能なテープ数に影響します。

インポート/エクスポートスロットからテープドライブまたはストレージスロットにテープを移動すると、同じバーコードプレフィックスのインポート/エクスポートスロット内のテープの数が減ります。ゲートウェイは、そのバーコードプレフィクスで使用可能なテープの最小数を維持するために、新しいテープを作成します。

自動テープ作成を有効にするには

  1. で Storage Gateway コンソールを開きます。https://console.aws.amazon.com/storagegateway/home

  2. ナビゲーションペインで、[ゲートウェイ] タブを選択します。

  3. テープを自動的に作成するゲートウェイを選択します。

  4. [Actions (アクション)] メニューで、[Configure tape auto-create (自動テープ作成の設定)] を選択します。

    -テープ自動作成ページが表示されます。ここでは、自動テープ作成のオプションを追加、変更、または削除できます。

  5. 自動テープ作成を有効にするには、新しいアイテムを追加次に、自動テープ作成の設定を構成します。

  6. を使用する場合テープタイプで、Standardをクリックして、標準の仮想テープを作成します。選択ワーム作成するにはWrite-Once Read-Many(WORM) 仮想テープ。

  7. [Minimum number of tapes (テープの最小数)] に、テープゲートウェイで常に使用できるようにする仮想テープの最小数を入力します。この値の有効範囲は、1 ~ 10 です。

  8. [容量] に、仮想テープ容量のサイズをバイト単位で入力します。有効範囲は、100 GiB ~ 5 TiB です。

  9. [Barcode prefix (バーコードのプレフィックス)] に、仮想テープのバーコードの前に追加するプレフィックスを入力します。

    注記

    仮想テープはバーコードによって一意に識別されます。バーコードにはプレフィックスを追加できます。プレフィックスはオプションですが、仮想テープの識別に役立ちます。プレフィックスは 1 ~ 4 文字の長さの大文字 (A ~ Z) にする必要があります。

  10. を使用する場合プールで、Glacier Pool,ディープ・アーカイブプール、または作成したカスタムプールです。プールは、バックアップソフトウェアによって取り出されたときにテープが保存されるストレージクラスを決定します。

    • 選択Glacier Poolテープを S3 Glacier Flexible Retrieval ストレージクラスにアーカイブする場合。バックアップソフトウェアによってテープが取り出されると、テープは S3 Glacier Flexible Retrieval に自動的にアーカイブされます。よりアクティブなアーカイブには、通常 3 〜 5 時間以内にテープを取り出せるには、S3 Glacier Flexible Retrieval を使用します。詳細については、「」を参照してください。オブジェクトのアーカイブに適したストレージクラスAmazon Simple Storage Service ユーザーガイド

    • 選択ディープ・アーカイブプールテープを S3 Glacier Deep Archive ストレージクラスにアーカイブする場合。バックアップソフトウェアによってテープが取り出されると、テープは S3 Glacier Deep Archive に自動的にアーカイブされます。長期のデータ保持、およびデータのアクセス回数が年 1、2 回のデジタル保存には、S3 Glacier Deep Archive を使用します。S3 Glacier Deep Archive にアーカイブされたテープは通常 12 時間以内に取り出すことができます。詳細については、「」を参照してください。オブジェクトのアーカイブに適したストレージクラスAmazon Simple Storage Service ユーザーガイド

    • カスタムプールがある場合は、そのプールを選択します。カスタムテーププールは、次のいずれかを使用するように構成します。ディープ・アーカイブプールまたはGlacier Pool。テープは、バックアップソフトウェアによって取り出されたときに設定されたストレージクラスにアーカイブされます。

    テープを S3 Glacier、S3 Glacier Deep Archive にアーカイブした場合、後でこれを S3 Glacier Deep Archive に移動できます。詳細については、「S3 Glacier Flexible Retrieval から S3 Glacier Deep Archive ストレージクラスに移行する」を参照してください。

    注記

    2019 年 3 月 27 日より前に作成されたテープは、バックアップソフトウェアによって取り出されると、S3 Glacier Flexible Retrieval に直接アーカイブされます。

  11. 設定の構成が完了したら、変更の保存

  12. ナビゲーションペインの [] を選択します。テープライブラリ > テープテープを見に行ってください。デフォルトでは、このリストには一度に最大 1,000 個のテープが表示されますが、実行する検索はすべてのテープに適用されます。検索バーを使用して、特定の条件に一致するテープを検索したり、リストを 1,000 枚未満に減らしたりできます。リストに含まれるテープが 1,000 個以下の場合は、さまざまなプロパティでテープを昇順または降順で並べ替えることができます。

    仮想テープが作成されているとき、仮想テープのステータスは最初、[CREATING (作成中)] に設定されます。テープが作成されると、ステータスが [使用可能] に変わります。詳細については、「テープゲートウェイの管理」を参照してください。

    自動テープ作成ポリシーの変更、またはテープゲートウェイからの自動テープ作成の削除の詳細については、「自動テープ作成の管理」を参照してください。

次のステップ

テープゲートウェイを使用する