仮想テープの問題のトラブルシューティング - AWS Storage Gateway

Amazon S3 ファイルゲートウェイのドキュメントはAmazon S3 ファイルゲートウェイとは

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

仮想テープの問題のトラブルシューティング

このセクションでは、仮想テープで予期せぬ問題が発生した場合に行うアクションについて説明します。

回復不可能なゲートウェイからの仮想テープの復旧

まれに、テープゲートウェイで回復不可能な障害が発生する場合があります。このような障害が発生する可能性があるのは、ハイパーバイザーホスト、ゲートウェイ自体、またはキャッシュディスクです。障害が発生した場合は、このセクションのトラブルシューティング手順に従ってテープを復旧できます。

正常に機能していないテープゲートウェイから仮想テープを復旧する必要がある

テープゲートウェイまたはハイパーバイザーホストで復旧不可能な障害が発生した場合は、にアップロードされているすべてのデータを復旧できます。AWS別のテープゲートウェイに移動します。

テープに書き込まれたデータは、そのテープが VTS に正常にアーカイブされるまでは完全にアップロードされない場合があることにご注意ください。このような状態で別のゲートウェイに復旧されたテープのデータは、不完全または空の場合があります。すべての普及されたテープのインベントリを実行して、予期されるコンテンツが含まれているかを確認することが推奨されます。

別のテープゲートウェイにテープを復旧するには

  1. 復旧先のゲートウェイとして使用するために、既存の機能しているテープゲートウェイを特定します。テープの復旧先のテープゲートウェイがない場合は、新しいテープゲートウェイを作成します。ゲートウェイを作成する方法については、「ゲートウェイの作成」を参照してください。

  2. 「」で、Storage Gateway コンソールを開きます。https://console.aws.amazon.com/storagegateway/home

  3. ナビゲーションペインで、[] を選択します。ゲートウェイを選択し、テープの復旧元のテープゲートウェイを選択します。

  4. [Details] タブを選択します。テープ復旧のメッセージはタブに表示されます。

  5. [Create recovery tape] を選択して、ゲートウェイを無効にします。

  6. 表示されるダイアログボックスで [Disable gateway] を選択します。

    これにより、Tape Gateway の正常な機能は完全に停止し、使用可能な復旧ポイントが公開されます。手順については、テープゲートウェイの無効化 を参照してください。

  7. ゲートウェイの表示を無効にしたテープから、復旧する仮想テープと復旧ポイントを選択します。1 つの仮想テープに複数の復旧ポイントが存在する場合があります。

  8. ターゲットのテープゲートウェイに必要なテープの復旧を開始するには、リカバリテープの作成

  9. [Create recovery tape] ダイアログボックスで、復旧する仮想テープのバーコードを確認します。

  10. を使用する場合ゲートウェイで、仮想テープの復旧先のテープゲートウェイを選択します。

  11. [Create recovery tape] を選択します。

  12. 障害が発生したテープゲートウェイを削除して、課金されません。手順については、AWS Storage Gateway コンソールを使用したゲートウェイの削除と関連リソースの除去 を参照してください。

Storage Gateway は、障害が発生したテープゲートウェイから、指定したテープゲートウェイにテープを移動します。テープゲートウェイによって、テープのステータスが RECOVERED に設定されます。

正常に機能していないキャッシュディスクから仮想テープを復旧する必要がある

キャッシュディスクにエラーが発生した場合、ゲートウェイ内の仮想テープに対する読み取りおよび書き込みオペレーションがゲートウェイによって禁止されます。たとえば、ディスクが破損していたり、ゲートウェイから取り外されたりした場合に、エラーが発生する可能性があります。Storage Gateway コンソールに、エラーについてのメッセージが表示されます。

エラーメッセージで、Storage Gateway はテープを復旧できる 2 つのアクションのいずれかを実行するように求めます。

  • ディスクをシャットダウンして再追加する— ディスクにデータが変更されずにディスクが削除された場合は、このアプローチを取ります。たとえば、ディスクが誤ってホストから削除されたためエラーが発生したが、ディスクとデータが変更されていなかった場合は、ディスクを再度追加できます。これを行うには、このトピックで後で説明する手順に従います。

  • キャッシュディスクのリセット— キャッシュディスクが破損しているかアクセス不能になっている場合は、このアプローチを取ります。ディスクエラーにより、キャッシュディスクがアクセス不能か、使用不能か、または破損している場合は、ディスクをリセットできます。キャッシュディスクをリセットした場合、クリーンデータがあるテープ (キャッシュディスクと Amazon S3 とのデータが同期されているテープ) は引き続き使用できます。ただし、Amazon S3 と同期されていないデータがあるテープは自動的に復旧されます。これらのテープは、ステータスが RECOVERED に設定されますが、読み取り専用になります。ホストからディスクを削除する方法については、「割り当てるアップロードバッファのサイズを決定する」を参照してください。

    重要

    リセットするキャッシュディスクに Amazon S3 にアップロードされていないデータがまだ含まれている場合、そのデータは失われることがあります。キャッシュディスクのリセット後は、設定済みのキャッシュディスクがゲートウェイに残らないため、ゲートウェイが正しく機能するように、少なくとも 1 台の新しいキャッシュディスクを設定する必要があります。

    キャッシュディスクをリセットするには、このトピックで後で説明する手順に従います。

シャットダウンしてディスクを再度追加するには

  1. ゲートウェイをシャットダウンします。ゲートウェイをシャットダウンする方法については、「ゲートウェイ VM のシャットダウン」を参照してください。

  2. ディスクをホストに再度追加して、ディスクのディスクノード番号が変更されていないことを確認します。ディスクを追加する方法については、「割り当てるアップロードバッファのサイズを決定する」を参照してください。

  3. ゲートウェイを再起動します。ゲートウェイを再起動する方法については、「ゲートウェイ VM のシャットダウン」を参照してください。

ゲートウェイの再起動後、キャッシュディスクのステータスを確認できます。ディスクのステータスは、以下のいずれかになります。

  • プレゼント— ディスクは使用可能です。

  • 行方不明です— ディスクがゲートウェイに接続されていません。

  • ミスマッチ— ディスクノードが、メタデータに誤りのあるディスクによって占有されているか、ディスクの内容が破損しています。

キャッシュディスクをリセットして再設定するには

  1. 上記の [A disk error has occurred] エラーメッセージで [Reset Cache Disk] を選択します。

  2. リポジトリの []ゲートウェイの設定ページで、キャッシュストレージ用のディスクを設定します。その方法については、「テープゲートウェイの設定」を参照してください。

  3. キャッシュストレージを設定したら、前の手順で説明したように、ゲートウェイをシャットダウンして再起動します。

ゲートウェイは再起動後に復旧されます。その後、キャッシュディスクのステータスを確認できます。

キャッシュディスクのステータスを確認するには

  1. 「」で、Storage Gateway コンソールを開きます。https://console.aws.amazon.com/storagegateway/home

  2. ナビゲーションペインで [Gateways] を選択してから、ゲートウェイを選択します。

  3. [Actions (アクション)] で [Configure Local Storage (ローカルストレージの構成)] を選択し、[Configure Local Storage (ローカルストレージの構成)] ダイアログボックスを表示します。このダイアログボックスに、ゲートウェイ内のすべてのローカルディスクが表示されます。

キャッシュディスクノードのステータスはディスクの隣に表示されます。

注記

復旧プロセスが完了していない場合は、ゲートウェイでバナーが表示されて、ローカルストレージを設定するように求められます。

回復不可能なテープのトラブルシューティング

仮想テープが予期せず失敗すると、Storage Gateway は障害が発生した仮想テープのステータスを IRRECOVERABLE に設定します。実行するアクションは、状況によって異なります。このセクションでは、考えられる問題とそのトラブルシューティング方法について説明します。

回復不能 (IRRECOVERABLE) なテープからデータを復旧する必要がある場合

仮想テープのステータスが IRRECOVERABLE であり、それを使用する必要がある場合は、以下のいずれかを試してください。

  • アクティブ化したがない場合は、新しいテープゲートウェイをアクティブ化します。詳細については、「ゲートウェイの作成」を参照してください。

  • 回復不可能なテープが含まれているテープゲートウェイを無効にし、復旧ポイントから新しいテープゲートウェイにテープを復旧します。詳細については、「正常に機能していないテープゲートウェイから仮想テープを復旧する必要がある」を参照してください。

    注記

    新しいテープゲートウェイを使用するには、iSCSI イニシエータとバックアップアプリケーションを再設定する必要があります。詳細については、「VTL デバイスの接続」を参照してください。

アーカイブされていない IRRECOVERABLE ステータスのテープは不要である

ステータスが IRRECOVERABLE であるため不要な仮想テープが一度もアーカイブされたことがない場合は、そのテープを削除してください。詳細については、「テープの削除」を参照してください。

ゲートウェイのキャッシュディスクでエラーが発生する

ゲートウェイ内の 1 つ以上のキャッシュディスクに障害が発生した場合、ゲートウェイによって仮想テープおよびボリュームへの読み取りおよび書き込みオペレーションがゲートウェイによって禁止されます。通常の機能を再開するには、次の手順に従ってゲートウェイを再設定します。

  • キャッシュディスクにアクセスできない、または使用できない場合は、ゲートウェイ構成からディスクを削除します。

  • キャッシュディスクがまだアクセス可能で使用可能な場合は、ゲートウェイに再接続します。

注記

キャッシュディスクを削除した場合、クリーンデータがあるテープ (キャッシュディスクと Amazon S3 とのデータが同期されているテープ) はゲートウェイが通常の機能を再開しても引き続き使用できます。たとえば、ゲートウェイに 3 つのキャッシュディスクがあり、2 つを削除すると、クリーンであるテープまたはボリュームは AVAILABLE ステータスになります。他のテープおよびボリュームは、回復不能の状態になります。

ゲートウェイのキャッシュディスクとしてエフェメラルディスクを使用する場合、またはキャッシュディスクをエフェメラルドライブにマウントすると、ゲートウェイのシャットダウン時にキャッシュディスクが失われます。キャッシュディスクと Amazon S3 が同期されていないときにゲートウェイをシャットダウンすると、データが失われる可能性があります。そのため、一時ドライブやディスクを使用することは推奨されていません。

高可用性のヘルス通知

VMware vSphere High Availability (HA) プラットフォームでゲートウェイを実行すると、ヘルス通知が表示される場合があります。ヘルス通知の詳細については、「高可用性の問題のトラブルシューティング」を参照してください。