ゲートウェイローカルコンソールへのアクセス - AWS Storage Gateway

Amazon S3 ファイルゲートウェイのドキュメントはAmazon S3 ファイルゲートウェイとは

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ゲートウェイローカルコンソールへのアクセス

VM のローカルコンソールにアクセスする方法は、ゲートウェイ VM をデプロイしたハイパーバイザーの種類によって異なります。このセクションでは、Linux カーネルベースの仮想マシン (KVM)、VMware ESXi、および Microsoft Hyper-V マネージャーを使用して VM ローカルコンソールにアクセスする方法について説明します。

Linux KVM でゲートウェイのローカルコンソールにアクセスする

KVM で実行する仮想マシンを構成する方法は、使用する Linux ディストリビューションによって異なります。コマンドラインから KVM 構成オプションにアクセスする手順は次のとおりです。手順は KVM の実装によって異なる場合があります。

KVM でゲートウェイのローカルコンソールにアクセスするには

  1. 次のコマンドを使用して、KVM で現在利用可能な VM を一覧表示します。

    # virsh list

    使用可能な仮想マシンは、Id で選択できます。

  2. ローカルコンソールにアクセスするには、次のコマンドを使用します。

    # virsh console VM_Id
  3. ローカルコンソールにログインするためのデフォルトの認証情報を取得するには、「デフォルトの認証情報を使用したローカルコンソールへのログイン」を参照してください。

  4. ログイン後、ゲートウェイをアクティブ化して構成できます。

VMware ESXi でゲートウェイのローカルコンソールにアクセスする

VMware ESXi でゲートウェイのローカルコンソールにアクセスするには

  1. VMware vSphere クライアントで、ゲートウェイの VM を選択します。

  2. ゲートウェイの電源が入っていることを確認します。

    注記

    ゲートウェイ VM の電源が入っている場合は、次のスクリーンショットに示すように、VM アイコンと共に緑の矢印アイコンが表示されます。ゲートウェイ VM がオンになっていない場合は、緑色の電源オンアイコンツールバーメニューメニュー。

  3. [Console] タブを選択します。

    しばらくすると、VM にログインできる状態になります。

    注記

    コンソールウィンドウからカーソルを解放するには、Ctrl + Alt キーを押します。

  4. デフォルトの認証情報を使用してログインするには、「デフォルトの認証情報を使用したローカルコンソールへのログイン」の手順に進みます。

Microsoft Hyper-V でゲートウェイのローカルコンソールにアクセスする

ゲートウェイのローカルコンソールにアクセスするには (Microsoft Hyper-V)

  1. Microsoft Hyper-V Manager の [Virtual Machines] リストで、ゲートウェイ VM を選択します。

  2. ゲートウェイの電源が入っていることを確認します。

    注記

    Gateway VM の電源が入っている場合は、Runningと表示される。州/地域次のスクリーンショットに示すように、VM の ゲートウェイ VM がオンになっていない場合は、を起動アクションペインに表示されます。

  3. [Actions] ペインの [Connect] を選択します。

    [Virtual Machine Connection] ウィンドウが表示されます。認証ウィンドウが表示されたら、ハイパーバイザー管理者から提供されたユーザー名とパスワードを入力します。

    しばらくすると、VM にログインできる状態になります。

  4. デフォルトの認証情報を使用してログインするには、「デフォルトの認証情報を使用したローカルコンソールへのログイン」の手順に進みます。