Storage Gateway に VMware を設定する - AWS Storage Gateway

Amazon S3 ファイルゲートウェイのドキュメントはAmazon S3 ファイルゲートウェイとは

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Storage Gateway に VMware を設定する

VMware for Storage Gateway を設定する場合、VM タイムとホストタイムを同期し、ストレージのプロビジョニングで準仮想化ディスクを使用するように VM を設定し、ゲートウェイ VM をサポートするインフラストラクチャレイヤーにおける障害からの保護を提供することを確認します。

VM の時刻とホストの時刻の同期

ゲートウェイを正常にアクティブ化するには、VM の時刻をホストの時刻と同期し、ホストの時刻を正しく設定する必要があります。このセクションでは、最初に VM の時刻をホストの時刻に同期します。続いて、ホストの時刻を確認し、必要であればホストの時刻を設定して、ホストの時刻がネットワークタイムプロトコル (NTP) サーバーに自動的に同期するように設定します。

重要

ゲートウェイを正常にアクティブ化するには、VM の時刻とホストの時刻を同期する必要があります。

VM の時刻とホストの時刻を同期するには

  1. VM の時刻を構成します。

    1. vSphere クライアントでゲートウェイ VM のコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[Edit Settings] を選択します。

      [Virtual Machine Properties] ダイアログボックスが開きます。

    2. [Options] タブを選択し、オプションリストで [VMware Tools] を選択します。

    3. [Synchronize guest time with host] オプションをチェックして、[OK] を選択します。

      VM の時刻がホストと同期されます。

  2. ホストの時刻を構成します。

    ホストの時計が正しい時刻に設定されてかを確認するのは重要です。ホストの時計の設定が済んでいない場合は、次の手順に従って、時計を設定して NTP サーバーと同期します。

    1. VMware vSphere クライアントで、左側のペインの vSphere ホストノードを選択し、[Configuration] タブを選択します。

    2. Select時刻の設定ソフトウェアパネルの [] パネルで、[] を選択します。プロパティのリンク。

      [Time Configuration] ダイアログボックスが表示されます。

    3. [Date and Time] パネルで、日付と時刻を設定します。

    4. 時刻を NTP サーバーに自動的に同期するように、ホストを設定します。

      1. 選択Options時刻の設定] ダイアログボックスをクリックし、NTP Daememon (ntpd)] ダイアログボックスで、[NTP の設定左ペインの [] を選択します。

      2. [Add] を選択して、新しい NTP サーバーを追加します。

      3. [Add NTP Server] ダイアログボックスで、NTP サーバーの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名を入力して、[OK] を選択します。

        次の例のように、pool.ntp.org を使用することができます。

      4. [NTP Daemon (ntpd) Options] ダイアログボックスで、左側のペインの [General] を選択します。

      5. [Service Commands] ペインで、[Start] を選択してサービスを開始します。

        後でこの NTP サーバー参照を変更したり他の参照を追加した場合、新しいサーバーを使用するには、サービスを再起動する必要があります。

    5. [OK] を選択して、[NTP Daemon (ntpd) Options] ダイアログボックスを閉じます。

    6. [OK] を選択して [Time Configuration] ダイアログボックスを閉じます。

準仮想化ディスクコントローラーを使用するように AWS Storage Gateway VM を構成する

このタスクでは、VM で準仮想化を使用するように iSCSI コントローラーを設定します。準仮想化は、ゲートウェイ VM がホストオペレーティングシステムと共同して、VM に追加される仮想ディスクをコンソールが識別できるようにするモードです。

注記

ゲートウェイコンソールでこれらのディスクを設定するときに、ディスクの識別の問題を防ぐために、このステップを完了する必要があります。

準仮想化コントローラーを使用するように VM を構成するには

  1. VMware vSphere クライアントでゲートウェイ VM のコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[Edit Settings] を選択します。

  2. [Virtual Machine Properties] ダイアログボックスで [Hardware] タブを選択し、[SCSI controller 0] を選択して [Change Type] を選択します。

  3. [Change SCSI Controller Type] ダイアログボックスで、SCSI コントローラータイプとして [VMware Paravirtual] を選択し、[OK] を選択します。

VMware HA を使用した Storage Gateway の使用

VMware High Availability (HA) は、ゲートウェイ VM をサポートしているインフラストラクチャレイヤーの障害から保護するための vSphere コンポーネントです。そのため、VMware HA は複数のホストをクラスターとして設定し、ゲートウェイ VM を実行しているホストが失敗すると、クラスター内の別のホストでゲートウェイ VM が自動的に再開されます。VMware HA の詳細については、「」を参照してください。VMware HA: 概念とベストプラクティスVMware のウェブサイトの「」を参照してください。

VMware HA でStorage Gateway を使用するには、次のことの実行をお勧めします。

  • VMware ESXの導入.ovaクラスター内の 1 つのホストだけの Storage Gateway VM を含むダウンロード可能なパッケージです。

  • .ova パッケージをデプロイする場合は、1 つのホストだけにローカルではないデータストアを選択してください。代わりに、クラスターのすべてのホストにアクセスできるデータストアを使用します。1 つのホストだけにローカルなデータストアを選択し、そのホストに障害が発生した場合、データソースはクラスター内の他のホストからアクセスできない可能性があります。また、他のホストへのフェイルオーバーが成功しない可能性があります。

  • フェイルオーバー中にストレージボリュームのターゲットとイニシエータの接続が切れないように、オペレーティングシステム用の、推奨される iSCSI 設定に従ってください。フェイルオーバーが発生した場合、ゲートウェイ VM がフェイルオーバークラスター内の新しいホストで開始するまで、数秒から数分かかることがあります。Windows クライアントと Linux クライアントに推奨される iSCSI タイムアウトは、フェイルオーバーの発生にかかる一般的な時間より長くなっています。Windows クライアントのタイムアウト設定のカスタマイズに関する詳細については、「Windows iSCSI 設定のカスタマイズ」を参照してください。Linux クライアントのタイムアウト設定のカスタマイズに関する詳細については、「Linux iSCSI 設定のカスタマイズ」を参照してください。

  • クラスタリングを利用して .ova パッケージをクラスターにデプロイした場合、プロンプトが表示されたら、ホストを選択します。その他の方法として、クラスター内のホストに直接デプロイすることもできます。