AWS Storage Gateway
ユーザーガイド (API バージョン 2013-06-30)

ゲートウェイの作成

このセクションでは、テープゲートウェイ をダウンロード、デプロイ、およびアクティブ化する方法の手順を確認できます。

ゲートウェイの種類の選択

テープゲートウェイでは、AWS の仮想テープのデータを保存およびアーカイブします。テープゲートウェイは、オンプレミスの物理テープインフラストラクチャを所有して運用することに関連した課題の一部を解消します。

テープゲートウェイを作成するには

  1. http://console.aws.amazon.com/storagegateway/home で AWS マネジメントコンソールを開き、ゲートウェイを作成する AWS リージョンを選択します。

    この AWS リージョンに以前に作成したゲートウェイがある場合、コンソールはそのゲートウェイを表示します。それ以外の場合、コンソールのホームページが表示されます。

  2. 選択した AWS リージョンにゲートウェイを作成していない場合は、[今すぐ始める] を選択します。選択した AWS リージョンにすでにゲートウェイがある場合、ナビゲーションペインで [ゲートウェイ] を選択し、[ゲートウェイ保管型ボリューム] を選択します。

  3. [ゲートウェイの種類を選択] ページで [テープゲートウェイ] を選択してから、[次へ] をクリックします。

ホストプラットフォームを選択し、VM をダウンロードする

ゲートウェイがオンプレミスで作成されている場合は、ハードウェアアプライアンスをデプロイするか、ゲートウェイ VM のダウンロードとデプロイを実行して、ゲートウェイをアクティブ化します。ゲートウェイを Amazon EC2 インスタンス上で作成している場合は、ゲートウェイ VM イメージが含まれている Amazon マシンイメージ (AMI) を起動して、ゲートウェイをアクティブ化します。サポートされるホストプラットフォームの詳細については、「サポートされているハイパーバイザーとホストの要件」を参照してください。

注記

ゲートウェイタイプとして、ファイル、キャッシュボリューム、およびテープゲートウェイのみを Amazon EC2 インスタンスで実行できます。

ホストプラットフォームを選択して VM をダウンロードするには

  1. [ホストプラットフォームの選択] ページで、ゲートウェイを実行するための仮想化プラットフォームを選択します。

  2. 仮想プラットフォームの横にある [Download image] を選択し、仮想化プラットフォームの .ova ファイルを含む .zip ファイルをダウンロードします。

    注記

    .zip ファイルのサイズは 500 MB 以上あるため、ネットワーク接続の状況によっては、ダウンロードに時間がかかることがあります。

    EC2 の場合、提供された AMI からインスタンスを作成します。

  3. ダウンロードされたイメージをハイパーバイザーにデプロイします。デプロイ中に、少なくともキャッシュ用に 1 つのローカルディスクとアップロードバッファ用に 1 つのローカルディスクを追加する必要があります。ファイルゲートウェイでは、キャッシュに 1 つのローカルディスクのみが必要です。ローカルディスク要件の詳細については、「ハードウェアおよびストレージの要件」を参照してください。

    VMware を選択した場合は、以下を実行する必要があります。

    • ディスクは [Thick provisioned format (シックプロビジョン形式)] で保存する必要があります。シックプロビジョニングを使用した場合、ディスクストレージが直ちに割り当てられます。このため、他のオプションを使用する場合よりもパフォーマンスが良くなります。反対に、シンプロビジョニングの場合は、ストレージがオンデマンドで割り当てられ、オンデマンドの割り当てによって、AWS Storage Gateway の通常の機能に影響が生じることがあります。Storage Gateway を正しく機能させるには、VM ディスクをシックプロビジョニング形式で保存する必要があります。

    • 準仮想化ディスクコントローラーを使用するようゲートウェイ VM を設定する必要があります。詳細については、「準仮想化ディスクコントローラーを使用するように AWS Storage Gateway VM を構成する」を参照してください。

    Microsoft Hyper-V を選択した場合は、以下を実行する必要があります。

    • ディスクタイプは [Fixed size] として設定します。容量固定のプロビジョニングを使用した場合、ディスクストレージが直ちに割り当てられます。このため、他のオプションを使用する場合よりもパフォーマンスが良くなります。固定サイズプロビジョニングを使用しない場合、ストレージはオンデマンドで割り当てられます。オンデマンドの割り当てによって、AWS Storage Gateway の機能に影響が生じることがあります。Storage Gateway を正しく機能させるには、VM ディスクを固定サイズプロビジョニング形式で保存する必要があります。

    • ディスクを割り当てる場合、[virtual hard disk (.vhd) file (仮想ハードディスク (.vhd) ファイル)] を選択します。Storage Gateway は .vhdx ファイル形式をサポートします。このファイル形式では、他のファイル形式よりも大きな仮想ディスクを作成することができます。.vhdx 形式の仮想ディスクを作成する場合は、作成する仮想ディスクのサイズがゲートウェイの推奨ディスクサイズを超えないようにしてください。

    VMware と Microsoft Hyper-V の両方で、ゲートウェイを正常にアクティブ化するには、VM の時刻とホストの時刻を同期する必要があります。ホストの時計が正しい時刻に設定されており、ネットワークタイムプロトコル (NTP) サーバーと同期していることを確認してください。

    EC2 を選択した場合は、以下の操作を実行します。

    ゲートウェイ VM イメージを含む Amazon Machine Image (AMI) を起動し、ゲートウェイをアクティブ化します。Amazon EC2 ホストにゲートウェイをデプロイすることに関する情報は、Amazon EC2 ホストにボリュームまたはテープゲートウェイをデプロイする​ を参照してください。

    ハードウェアアプライアンスを選択した場合は、ハードウェアアプライアンスをアクティベートする を参照してください。

Amazon EC2 ホストにゲートウェイをデプロイすることに関する情報は、「Amazon EC2 ホストにゲートウェイをデプロイする」を参照してください。

サービスエンドポイントの選択

ゲートウェイはパブリックエンドポイントを使用してアクティブ化し、パブリックインターネット経由で AWS ストレージサービスと通信させるか、プライベート VPC エンドポイントを使用してアクティブ化することができます。VPC エンドポイントを使用する場合、ゲートウェイから AWS のサービスへの通信はすべて、AWS の VPC の VPC エンドポイントを介して行われます。

サービスエンドポイントを選択するには

  1. [エンドポイントタイプ] には、次のオプションがあります。

    ゲートウェイからパブリックインターネット経由で AWS のサービスにアクセスできるようにするには、[パブリック] を選択します。

    VPC 内の VPC エンドポイント経由でゲートウェイから AWS のサービスにアクセスできるようにするには、[VPC] を選択します。

    このウォークスルーは、パブリックエンドポイントを使用してゲートウェイをアクティブ化していることを前提としています。VPC エンドポイントを使用してゲートウェイをアクティブ化する方法については、仮想プライベートクラウドでゲートウェイをアクティブ化する を参照してください。

  2. [次へ] を選択して、ゲートウェイに接続してアクティブ化します。

ゲートウェイへの接続

ゲートウェイに接続するには、最初にゲートウェイ VM の IP アドレスを取得します。この IP アドレスは、ゲートウェイをアクティブ化する際に使用します。オンプレミスホストでデプロイしてアクティブ化したゲートウェイの場合、ゲートウェイ VM のローカルコンソールまたはハイパーバイザークライアントから IP アドレスを取得できます。Amazon EC2 インスタンスにデプロイし、アクティブ化したゲートウェイの場合、Amazon EC2 コンソールから IP アドレスを取得できます。

アクティブ化を行うと、ゲートウェイが AWS アカウントに関連付けられます。成功するには、ゲートウェイ VM がアクティベーションの実行中であることが必要です。

適切なゲートウェイの種類を選択するようにしてください。ゲートウェイタイプの .ova ファイルと Amazon マシンイメージ (AMI) は異なっており、互換性がありません。

ゲートウェイ VM の IP アドレスをローカルコンソールから取得する

  1. ゲートウェイ VM のローカルコンソールにログインします。詳細な手順については、以下を参照してください。

  2. メニューページの上部から IP アドレスを取得し、後で使用できるようにメモしておきます。

IP アドレスを EC2 インスタンスから取得するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Instances (インスタンス)] を選択してから、EC2 インスタンスを選択します。

  3. 下部の [Description (説明)] タブを選択してから、IP アドレスを書き留めます。この IP アドレスは、ゲートウェイをアクティブ化する際に使用します。

アクティベーションには、ゲートウェイに割り当てられたパブリックまたはプライベート IP アドレスを使用できます。アクティベーションを実行するブラウザから、使用する IP アドレスに到達できる必要があります。このウォークスルーでは、パブリック IP アドレスを使用してゲートウェイをアクティベートします。

ゲートウェイを AWS アカウントに関連付ける

  1. [Connect to gateway (ゲートウェイに接続)] ページが開いていない場合は、コンソールを開きそのページへ移動します。

  2. [IP address (IP アドレス)] にゲートウェイの IP アドレスを入力してから、[Connect gateway (ゲートウェイ接続)] を選択します。

ゲートウェイ IP アドレスの詳しい取得方法については、「ゲートウェイへの接続」を参照してください。

ゲートウェイをアクティブ化する

ゲートウェイ VM をデプロイして実行すると、ゲートウェイが設定され、ゲートウェイをアクティブ化できます。アクティブ化が失敗する場合は、入力した IP アドレスが正しいことを確認してください。IP アドレスが正しい場合は、ブラウザからゲートウェイ VM にアクセスできるようにネットワークが設定されていることを確認します。トラブルシューティングの詳細は、「オンプレミスのゲートウェイ問題のトラブルシューティング」または「Amazon EC2 ゲートウェイ問題のトラブルシューティング」を参照してください。

ゲートウェイを設定する

  1. アクティベーションページに表示される、選択したゲートウェイの種類、エンドポイントタイプ、および AWS リージョンを見つけます。

  2. アクティベーションページのリストにある情報を入力してゲートウェイを設定し、アクティベーションプロセスを完了します。

    次のスクリーンショットは、テープゲートウェイ のアクティベーションページを示しています。

    • [AWS リージョン] には、ゲートウェイをアクティブ化し、データを保存する AWS リージョンを指定します。[エンドポイントタイプ] が [VPC] の場合は、AWS リージョンが、VPC エンドポイントが配置されている AWS リージョンと同じである必要があります。

    • [ゲートウェイのタイムゾーン] では、ゲートウェイで使用するタイムゾーンを指定します。

    • [ゲートウェイ名] では、ゲートウェイを特定します。コンソールでゲートウェイを管理するには、この名前を使用します。ゲートウェイをアクティブ化した後で、この名前を変更できます。この名前はアカウントに対して一意である必要があります。

    • [バックアップアプリケーション] では、使用するバックアップアプリケーションを指定します。Storage Gateway は、バックアップアプリケーションと互換性のあるメディアチェンジャーを自動的に選択します。バックアップアプリケーションがリストされていない場合は、[その他] を選択してからメディアチャージャーの種類を選択します。[メディアチェンジャーの種類] では、バックアップアプリケーションで使用するメディアチェンジャーの種類を指定します。

      選択するメディアチェンジャーのタイプは、使用する予定のバックアップアプリケーションによって決まります。次の表では、テープゲートウェイ との互換性がテスト済みで確認されている、サードパーティー製のバックアップアプリケーションを示しています。このテーブルは、各バックアプリケーションに推奨されるメディアチェンジャーを含みます。

      バックアップアプリケーション メディアチェンジャーの種類
      Arcserve Backup AWS-Gateway-VTL
      Bacula Enterprise V10.x AWS-Gateway-VTL または STK-L700
      CommVault V11 STK-L700
      Dell EMC NetWorker V8.x または V9.x AWS-Gateway-VTL
      IBM Spectrum Protect v7.x IBM-03584L32-0402
      Micro Focus (HPE) Data Protector 9.x AWS-Gateway-VTL
      Microsoft System Center 2012 R2 または 2016 Data Protection Manager STK-L700
      NovaStor DataCenter/Network 6.4 または 7.1 STK-L700
      Quest NetVault Backup 10.0、11.x、または 12.x STK-L700
      Veeam Backup & Replication V7 または V8 STK-L700
      Veeam Backup & Replication V9 アップデート 2 以降 AWS-Gateway-VTL
      Veritas Backup Exec 2014、15、16、または 20.x AWS-Gateway-VTL
      Veritas Backup Exec 2012

      注記

      Veritas は、Backup Exec 2012 のサポートを終了しました。詳細については、以前の Backup Exec バージョンのサポートの終了を参照してください。

      STK-L700
      Veritas NetBackup Version 7.x または 8.x AWS-Gateway-VTL

      重要

      使用するバックアプリケーション用として示されているメディアチェンジャーを選択することを強くお勧めします。他のメディアチェンジャーは正しく機能しない可能性があります。ゲートウェイをアクティブ化した後で、別のメディアチェンジャーを選択できます。詳細については、「ゲートウェイのアクティブ化後のメディアチェンジャーの選択」を参照してください。

    • [テープドライブの種類] では、このゲートウェイで使用するテープドライブの種類を指定します。

  3. (オプション) [Add tags (タグの追加)] セクションで、キーと値を入力して、ゲートウェイにタグを追加します。タグは、ゲートウェイの管理、フィルタリング、検索に便利な、大文字と小文字の区別があるキーと値のペアです。

  4. [ゲートウェイのアクティブ化] を選択します。

    ゲートウェイが正常にアクティブ化されると、AWS Storage Gateway コンソールに [ローカルストレージの設定] ページが表示されます。

    アクティベーションが失敗した場合は、「ゲートウェイのトラブルシューティング」で解決方法を確認してください。

ローカルディスク設定

VM をデプロイするときに、ゲートウェイのローカルディスクが割り当てられます。ここでは、これらのディスクを使用するようにゲートウェイを設定します。

注記

VMware ホストにローカルディスクを割り当てる場合、準仮想化ディスクコントローラを使用するようにディスクを設定する必要があります。

既存のゲートウェイにキャッシュまたはアップロードしたバッファを追加する場合、必ずホスト (ハイパーバイザーまたは Amazon EC2 インスタンス) に新しいディスクを作成します。ディスクがキャッシュやアップロードバッファとして割り当て済みである場合は、既存のディスクサイズを変更しないでください。

ローカルディスクを設定するには

  1. [ローカルディスクの構成] ページで、割り当られたディスクを識別し、どのディスクをアップロードバッファ用とキャッシュストレージ用に使用するかを決定します。ディスク容量制限の詳細については、「ゲートウェイのローカルディスクの推奨サイズ」を参照してください。

  2. アップロードバッファディスクの横にある [アロケーション] 列から、[アップロードバッファ] を選択します。

  3. キャッシュストレージとして設定するディスク用に [キャッシュ] を選択します。

    ディスクが表示されない場合は、[更新] を選択します。

  4. [保存して続行] を選択し、設定を保存します。

次のステップ

テープの作成