AWS Storage Gateway
ユーザーガイド (API バージョン 2013-06-30)

Amazon EC2 ホストにボリュームまたはテープゲートウェイをデプロイする

Amazon EC2 インスタンスでボリュームまたはテープゲートウェイをデプロイしてアクティブ化できます。障害復旧とデータミラーリングのために、Amazon EC2 インスタンスでホストされているゲートウェイを使用できます。EC2 Amazon マシンイメージ (AMI) は、AWS Marketplace で入手できます。ボリュームゲートウェイとテープゲートウェイにおいては、[Launch from Website (ウェブサイトから起動)] オプションの使用が推奨されます。

注記

AWS Marketplace で提供される Amazon EC2 AMI の一部は、AWS リージョンによっては利用できない場合があります。

AWS Marketplace から Amazon EC2 ホストをプロビジョニングする

Amazon EC2 インスタンスにゲートウェイをデプロイする

  1. AWS Storage Gateway コンソール (https://console.aws.amazon.com/storagegateway/home) を開きます。

  2. [ホストプラットフォームの選択] ページで、[Amazon EC2] を選択します。

  3. [AWS Marketplace で作成] を選択します。EC2 AMI を起動できる AWS Marketplace にリダイレクトされます。

  4. AWS Marketplace で [Continue to Subscribe (サブスクライブに進む)] を選択し、次のページで [Continue to Configuration (設定に進む)] を選択します。Storage Gateway AMI を初めて使用する場合は、サービスの利用規約に同意します。

  5. [Configure this Software (このソフトウェアの設定)] ページで、[Fulfilment Option (フルフィルメントオプション)]、[Software Version (ソフトウェアバージョン)]、[リージョン] を選択したら、[Continue to Launch (起動に進む)] の値を選択します。

  6. [Launch this Software (このソフトウェアの起動)] ページで [Launch from Website (ウェブサイトから起動)] を選択します。

  7. [EC2 インスタンスタイプ] でインスタンスタイプを選択します。サポート対象のインスタンスタイプの詳細については、「Amazon EC2 インスタンスタイプの要件」を参照してください。

  8. [Subnet Settings (サブネットの設定)] で、インスタンスを起動するサブネットを選択します。

  9. [セキュリティグループのセットアップ] で、セキュリティグループを選択します。Storage Gateway のデフォルトセキュリティグループを選択できます。

    ウェブサイトからの起動機能には、AWS Storage Gateway-1-0-AutogenByAWSMP という名前の自動生成のセキュリティグループが用意されています。セキュリティグループ設定をセットアップする詳細については、「Amazon EC2 ゲートウェイインスタンスのセキュリティグループを設定する」を参照してください。

  10. [Key Pair Settings (キーペアの設定)] で AMI を起動するキーペアを選択します。キーペアがない場合は作成できます。

  11. [起動] を選択したら、[EC2 コンソール] を選択して Amazon EC2 コンソール内のインスタンスを表示します。

    ウェブサイトから起動する EC2 インスタンスには、1 つのルート Amazon EBS ボリュームがあります。インスタンスに追加の EBS ボリュームを加える場合には、インスタンス起動後に別のステップとしてこれを実行します。EBS ボリュームを追加する方法の詳細については、『Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド』の「Amazon EBS ボリュームのインスタンスへのアタッチ」を参照してください。

  12. Amazon EC2 コンソールで Amazon EC2 インスタンスを選択し、下部の [説明] タブを選択して、IP アドレスを書き留めます。この IP アドレスを使用してゲートウェイに接続します。